ノート:地球温暖化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

この項目には削除された版があります。削除に至った経緯は Wikipedia:削除依頼/地球温暖化Wikipedia:削除依頼/ヴォルデモートWikipedia:削除依頼/地球温暖化20080131 およびWikipedia:削除依頼/地球温暖化20080607に記録されています。


質問[編集]

 単純な質問なのであまり熱くならないので欲しいのですが、なんで地球温暖化に対する懐疑論も地球温暖化のページに載せないのですか?別に私は懐疑論はというわけではないのですが、イギリスでは気温の上昇が止まって下降に転じたというニュースを見たのですが(参照)。どっちが正しいのでしょうか。温暖化を止めたら寒冷化が進んでしまい、寒冷化を止めたら温暖化が進んでしまいます。このような課題が出た今、明確に両者を比較して白黒つけたほうがいいような気がします。というより素人の私にはそのほうが分かりやすいので。 --yychildren 2010年10月23日 (土) 12:05 (UTC)

  • 懐疑論自体は、「論争」の節で既に紹介され、地球温暖化に対する懐疑論で主なものが取り上げられてます。ただ温暖化の予測の根幹を否定するような懐疑論は、どれも科学的事実と記せるだけの信頼性を持つ出典が無いですね。たしかにそれなりに知名度はあるので紹介はされてるんですが、情報の出所を辿っていくと、どれも科学的な根拠が確認できなかったり、より信頼性のある出典で否定されていたりします。(議論は主に関連各項目のノートで行われています。たとえばノート:赤祖父俊一ノート:地球温暖化に対する懐疑論等。ノート:武田邦彦のように、すっかり荒らされてる所もありますが…。)
  • ただ確かに現状の文章だと、初めての人にはとても読み切れないし、全体が把握しづらいと思います。半分ぐらいに、減量してみますかねぇ。

--s-kei 2010年10月23日 (土) 13:12 (UTC)

  • 関連項目から、最新の状況にアップデートしています。特に最近の動きをある程度加筆しないと、この項目も要約しにくいですね。--s-kei 2010年10月28日 (木) 01:32 (UTC)

IPCCの最新の発表であるAR5が発表されてから日がたちますが、更新されてませんね 温暖化のペースが改変されていたり、AR4でのシミュレーション結果が再現出来ていなかったりした点の 総括が無い発表で、科学的検証しているのか怪しい部分があると主観的には見ていますが、 更新されない理由はあるのでしょうか?(意見がまとまらないだけかもしれませんが) IPCCのAR4/AR5ベースの説明に関しては、IPCC関連の項目にまとめて作成し、そちらを軽く引用するように してはどうかと思います ——以上の署名の無いコメントは、113.159.219.28ノート/Whois IPv4IPv6)さんが 2014年8月19日 (火) 01:20 (UTC) に投稿したものです。

疑問[編集]

地球温暖化問題には、科学者の間でも分かれていて、二つの意見を見たことがあります。 一つは、メディアがこぞって騒ぎ、国民が刷り込まれている「温暖化は、悪い」。もう一つは、冷静な科学者たちの声、「温暖化は、悪くはない」です。 実は、地球温暖化は、悪くありません。メリットのほうが多いと思います。 地球が温暖化することによるメリット 地球温暖化問題は、二酸化炭素の排出問題とされています。では、増え続けた二酸化炭素は、誰が処理をするのですか?人間には、まだそれが出来ないと思います。 それができるのは、大地と海だと思います。 いわゆる、二酸化炭素を吸収し、酸素に転換させるのは、珊瑚や植物プランクトンなど海中生物と、大地を覆う、木々や草です。 温暖化は、二酸化炭素の転換機能を持つ、海と大地の面積を広げることになるのです。 まず、これまでに言われてきたことについて、考えてみましょう。 温暖化によって、海面上昇で、島が沈む? それは仕方ありません。そこに住んでいた人間の代わりに、海洋生物が住み着いて、地球の浄化にあたります。海は、二酸化炭素を抱え込み、酸素へと転換してくれます。その面積を広げるのは、いいこと。 (ツバルの人達の追いつめられる心痛は分かりますが、いまは、ゴミの方が大きな問題になっていると思います。) なので、地球温暖化は実は良いことだと思います。 --Akko1357会話) 2017年4月8日 (土) 08:15 (UTC)Akko1357

記事のノートページは記事の編集に関して議論する場であり、自身の主義・主張・心情を開陳する場ではありません。--Purple Quartz会話) 2017年4月8日 (土) 21:13 (UTC)