ノート:古舘伊知郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

このページは一度削除が検討されました。削除についての議論はWikipedia:削除依頼/古舘伊知郎をご覧ください。


Kfrkより[編集]

TBSエンタメキャッチに出演中になってますが事実でしょうか。私は番組を見れる地域ではなくTBSホームページ内の番組情報の部分にはレギュラー出演者名は書いてありませんので確認できません。日テレのおしゃれカンケイを報ステに専念するために降板したのだから報ステ以外にレギュラー番組を持っているとは思えないのですが。--Kfrk 2007年9月2日 (日) 05:32 (UTC)

批判について[編集]

中立的な観点から逸脱し個人的意見で古舘伊知郎氏を攻撃する場と化しています。 例えば社会的に問題になった発言をしていないにも係わらず、発言に対する個人的感想を 「~のような批判がある」「~批判される事が多い」「~との声がある」などと全体化して列記されている点や、 単に~のような発言をした、謝罪をした、謝罪をしなかったなど悪い印象のものを一方的にデータベースのように列記されている点です。 このような批評や意見は単なる主観による物ですので、ウィキペディアには相応しくありません。 特定の掲示板などで話題になった程度の事を根拠にイデオロギー的に対立する者や、 氏を不愉快と思う者が氏を非難・攻撃したり、 あるいは読者を扇動するためにウィキペディアを利用すべきではありません。 冒頭の「軽妙な口調から人気のあるキャスターの一人だが、一方で不適切な発言が多いことでも知られている。」 の一行のみ残してこれを「人物・エピソード」に加え、以下の発言日記のような部分は削除しました。--118.20.2.104 2008年2月15日 (金) 08:41 (UTC)


  • 問題点が全く解決されていないのに無言で元の記事を復活させ名誉毀損とも取れる記述をしているユーザーがいます。まず何故削除されたのかノートを見てから少なくとも問題の箇所を修正しウィキペディアの方針に沿った記述のみをするようお願いします。--118.20.2.104 2008年2月16日 (土) 08:02 (UTC)

批判に関しては、報道ステーションの「ご意見・ご感想」コーナーにて、古舘キャスターの報道姿勢の偏向や言葉遣いの問題について、名指しで批判するものがいくつか掲載されていますので、リンクをつけるのも一つの手では。報ステのこのコーナーは無制限な掲示板ではなく、スタッフによるチェックを受けた後に掲載されているようなので、番組の公式見解として扱うことができるのでは。具体的な批判の事例を挙げておけば、感情的な動機で批判を書き連ねるような編集の抑制になると思う。--ひゃくじゅうご 2008年4月27日 (日) 07:55 (UTC)

ニュース番組項目「発言・謝罪」欄について[編集]

  • 冒頭に特に自民党の政治家の発言を糾弾するとありますが、自民党政治家の発言に限らず民主党政治家や官僚の不祥事や発言、大企業の不祥事などにも糾弾しており、特段政治家の発言・失言に限った話ではなくこの一文の記載理由が分かりません。また「古館本人もメインキャスター就任以来、数々の発言・失言を行い」の部分も非常に主観的で出典のない曖昧な記述です。この冒頭の一文を除去することを提案します。--Pitt 2008年9月23日 (火) 06:41 (UTC)
    • こちらは特に異論や代案が出されておりませんので除去とします--Pitt 2008年9月30日 (火) 07:36 (UTC)


  • 「発言・謝罪」欄の本文三段目2008年6月3日の記述について出典先を参照しても古館が失言であることを認め謝罪したとの確認が取れません。自民党がテレ朝に抗議したという出典ではなく、古館が失言と認め謝罪したとの出典の提示が必要ですので出典をお持ちの方は提示して下さい。こちらは猶予期間を一週間程度とし、出典が提示されない場合はこちらの一文を除去処理致します。(そもそもこの件は自民党とテレ朝「報道ステーション」との争いであり、ページ「報道ステーション」に記載済みの物なので古館個人のページには不要。)--Pitt 2008年9月23日 (火) 06:41 (UTC)
    • 「発言・謝罪」の部分ですが、これは番組として、そして彼の発言で起こったことですのでどちらにも記載するのがフェアな書き方ではないでしょうか。隠す必要はありません。また、現在の本文には「発言」とあり「謝罪」とは書かれてません。そして要出典タグの意味が理解できませんので説明していただけますでしょうか?出典は出ているように見えますが?あと勝手に一週間という短い期限を決めて削除は強引だと思います。--Dondokken 2008年9月28日 (日) 16:33 (UTC)
      • 本人が失言や問題発言であると認めて謝罪をしていないのであれば、これは正当な”批評”です。この批評をWikipedia執筆者が勝手に問題発言だと断定して追記するのはPOVとなります。要出典タグはこの部分を検証する為です。本人が問題発言であったと認めている出典、若しくはBPOのような第三者機関が問題報道であったと認定している出典をお願いします。出典猶予期間が短いとの事ですので更に半月程延長します。--Pitt 2008年9月29日 (月) 08:58 (UTC)
        • えっと、どこに「問題」発言と書いてあるのですか?彼の発言によりヒト波乱あったことですので、何も隠す必要もないと思いますが?要出典タグは出典が出ていなく検証不能の場合に貼るものです。現在、出典が出ており検証可能ですので必要ありません。お間違えのないように。--Dondokken 2008年9月29日 (月) 09:07 (UTC)
          • それではこの項目の見出しを「失言・謝罪」若しくは「問題発言・謝罪」と限定的な物に変えた方が良いかもしれませんね。とりあえずこの記述に関してはヒト波乱起こした発言ということでこの項目に残すことに同意しますので、見出し名変更を提案します。「発言」で大雑把に括りますと古館のように毎日TVでコメントを行っている人物は発言が膨大な物となりこのページのスポーツ実況欄のように雑多な発言集が作られてしまいます(WP:NOT#ウィキペディアは単なる知識ベースではありません)。あとWikipedia方針に沿った記事にしようとする編集に対して隠す隠すと盛んに言っておられますがこれは私の属性を勝手に決めつける個人攻撃になりますのでご注意下さい(WP:NPA)。--Pitt 2008年9月30日 (火) 07:36 (UTC)
          • なぜ限定的な物に変える必要があるのですか?話題になった発言集ということでよいのでは?報道されるほどの話題性があるならば記載の価値はあると思いますし。「話題となった発言や謝罪」という感じならば賛成します。--Dondokken 2008年9月30日 (火) 10:16 (UTC)
            • 繰り返しになりますが限定的なものにする理由は雑多な発言集にしないためです。これはWikipediaの方針です。(スポーツ実況の発言集もある程度整理する必要があると思いますが)報道された物限定とするのあれば話題になった発言とするよりは物議を醸した発言とする方が特筆性としては適切な表現かもしれません。--Pitt 2008年10月1日 (水) 08:20 (UTC)
            • 「物議を醸した発言」及び「謝罪」でいいのでは?謝罪はなかなかないことなので特筆性があると思うので、発言の方は「物議を醸した」という形容詞をつけることには反対しません。--Dondokken 2008年10月1日 (水) 10:07 (UTC)
              • 合意します。ではこちらの記述で見出しを変更しておきます。--Pitt 2008年10月3日 (金) 11:27 (UTC)
              • 確認しました。--Dondokken 2008年10月3日 (金) 13:48 (UTC)

合意後の発言で悪いのだけど、そもそも「物議を醸す」という表現自体が曖昧で百科事典として不自然じゃないんですかね。

  • どのような基準を持って「物議を醸した」と見なすか

は、個人の勝手な基準でいかようにも変化するものです。前に差し戻されましたが、「指摘を受けた発言」なら、古舘に批判されて反論した人物・組織やBPOなどのように、古舘の発言を問題視した主体が明確であり、編集者独自の判断基準で「これは話題になった・いやなっていない」という無意味な主観のぶつけ合いが起きる余地をあらかじめ潰しておくことができると思いますが。ひゃくじゅうご 2009年3月9日 (月) 01:02 (UTC)

「報道ステーション」節について[編集]

上記より数年経過しているが本質的に同様の記述が残っていますね。この投稿は古館を批判したソースが無く、更に下記の観点から問題を含んでいると思われます。更に言えば報道ステーションは単独記事がある筈ですが。

同機を取り上げたのは同番組サイト山口豊の現場レポートでは

  • 2012年10月01日オスプレイ沖縄配備
  • 2012年09月21日オスプレイ試験飛行
  • 2012年07月23日オスプレイ上陸!
  • 2012年07月09日オスプレイ問題は全国に拡がっています
  • 2012年05月15日沖縄復帰40年の現実は!

少なくとも5回あり、放送も特集レベルだけで複数回行われているが、上述の投稿は2012年8月18日になされてそのまま放置されています。また、報道ステーション SUNDAY 2012年9月9日では「CH46の後継機として間もなくオスプレイが上陸する」と内容紹介に記載されています。報道番組の性質上単発のニュースとして触れた回数も含めれば更に頻度は増える筈。「一切触れられていない」という単語を番組に対して用いるのであれば、そのような批判なりソースの裏づけが必要ではないのですか。岩見浩造 ◆Pazz3kzZyM会話) 2013年5月19日 (日) 03:28 (UTC)