ノート:危機に瀕する言語

Jump to navigation Jump to search

関連文献についてですが,本の名前の羅列ではなくどこがどの本のどの部分からの引用なのかを書くべきであると思います. また,英語版wikipediaからの孫引きですが, 要出典となっていた危機に瀕する言語の数について,

  • Krauss, Michael E. (2007), "Keynote-Mass Language Extinction and Documentation: The Race Against Time", in Miyaoka, Osahito; Sakiyama, Osamu; Krauss, Michael E., The Vanishing Languages of the Pacific Rim (illustrated ed.), Oxford: Oxford University Press, pp. 3-24, ISBN 019926662X, 9780199266623

を挙げておきます.

--Yghwtrrl 2009年6月25日 (木) 04:37 (UTC)

リンク切れの外部リンクの削除について[編集]

本記事の外部リンクのうち、「東京大学言語動態学教室」については、東京大学の言語動態学研究室が言語学研究室に吸収され、消滅したためにサイトもなくなっております。そのため、「東京大学言語動態学教室」へのリンクの扱いについて、下記の提案をさせてください。

  • 「東京大学言語動態学教室」へのリンクの削除
  • 「東京大学言語学研究室」へのリンクを、言語動態学研究室の後継として明記した上で追加

言語学研究室へのリンク追加を行わないにせよ、言語動態学研究室へのリンクは削除すべきだと考えています。 1週間程度様子を見て、問題ないようでしたら削除を実施させて頂きます。--mrk_tsk 2011年4月8日 (金) 06:44 (UTC)

外部リンク修正[編集]

編集者の皆さんこんにちは、

危機に瀕する言語」上の1個の外部リンクを修正しました。今回の編集の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。

編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。

ありがとうございました。—InternetArchiveBot (バグを報告する) 2017年9月28日 (木) 00:24 (UTC)