ノート:化粧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

記事の正確性、検証可能性[編集]

「化粧は社会人女性に必要不可欠なマナー」、「化粧しない女性は社会人として不適格」という記載がこのページの過去の版にあり、関連ページの過去の版にも同様の記載がありましたが、そのような記載には出典が示されていません。今後もそういう趣旨の記載をする編集者がいるかもしれませんが、誰にでも検証可能・確認可能な公的な根拠を示して記載してください。Wikipediaは女性はこうあるべきという個人的考えを宣伝する場ではなく、個人的考えを出典も示さずに社会の標準のように宣伝する場でもないです。「法律で女性に固有の義務や推奨事項として規定されている」、「就業規則や服務規定や雇用契約で、全ての女性被雇用者に必要不可欠な義務と規定し、化粧をしない女性は懲戒処分の対象にすると規定している」などの、誰にでも検証可能・確認可能な公的な根拠を示さないと、それが人々の標準的な考えとして社会に普遍的に普及しているという仮説の証明にはならない。

労働や雇用に関する法律で、「女性は化粧しないで就業してはならない」、「女性は雇用主が規定する化粧をして就業しなければならない」と規定していれば、国家や社会の標準と証明できます。公務員の雇用主である政府の行政機関、公社・公法人、自治体の行政機関、公立学校、公立病院、警察、軍隊、民間人の雇用主である会社、学校、病院、福祉施設、NGO・NPOなどの、就業規則、服務規程、雇用契約において、「女性は化粧しないで就業してはならない」、「女性は雇用主が規定する化粧をして就業しなければならない」と規定している雇用主が、社会の全雇用主の中で50%以上でないなら、社会の標準や多数意見とは証明できない。その出典を示さない限り独自研究になります。記事の編集や品質はWikipediaの編集方針に準拠してください。--Fugen会話) 2012年6月18日 (月) 12:02 (UTC)