ノート:初期仏教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

封建社会体制[編集]

:ブラーフマナ時代の項の「先住民族であるドラヴィダ人を支配する封建社会体制が形作られた」にいう「封建社会体制」は無説明で使える用語なのでしょうか。リンク先も参考にならない。36.2.207.206 2014年9月13日 (土) 14:17 (UTC)

初期仏教の用語に関する出典[編集]

初期仏教とは、2つの異なる意味で用いられることがあるとして「プレ-セクタリアン仏教(英語)が根本分裂することによって分かれて出来た部派仏教の一派。」を、英語版・スペイン語版・ポルトガル語版と同様に追記したところ、利用者:Ice9氏に「まずは出典を。全体的に整合性がなくなるので、整理も必要と思います。」と出典を求められました。しかし、各国語版では第一義の「釈迦が生きていた時代を含む初期のおよそ150年から200年の間のプレ-セクタリアン仏教(英語)をいう。」についても特に出典は提示していません。おそらく一括してSourcesにある"Buswell, Jr., Robert E. (ed.) (2003). Encyclopedia of Buddhism (MacMillan). ISBN 0-028-65718-7."を出典としていると思います。一般的に認められている見解は、私の理解では、提婆達多派の分派の際と大衆部の根本分裂の際に、保守派として行動した一派をそう呼ぶと思いますが、それがどのように全体的に整合性がなくなるので、整理も必要と言われているのか理解出来ないので説明を求めます。--121.115.105.38 2011年12月18日 (日) 01:01 (UTC)
翻訳についてはWikipedia:翻訳のガイドラインを見ていただきたいのですが、翻訳元を明示するなどルールがあります(そうでないと、そもそも翻訳であることがわかりません)。また、翻訳であれば日本語版で出典を示さなくてよいとか、翻訳元に出典がなければ出典を示さなくてよいとか、そういったルールはありませんので、挙げていただいた文献が出典なのであればそれを日本語版にも追記してください(もちろんオリジナルの出典を追加しても構いません)。全体的な整合性というのは、たとえば後に「釈迦の死から(中略)分裂した。これを根本分裂と呼び、それ以前を初期仏教、以後を部派仏教と呼びならわす。」という文章がありますが、部派仏教の一派も初期仏教と呼ぶことがあるのであればちょっとした矛盾が生じます。こちらは出典ほど重要ではないと思いますが、読者を混乱させないためにそうした整理も必要になりますね、という意味です。(追記を参照)--Ice9 2011年12月18日 (日) 02:28 (UTC)
追記です。定義の直後に「この項では、釈迦が生きていた時代を含む初期のおよそ150年のプレ-セクタリアン仏教英語版について説明する。」と書いてあるのについ先ほど気づきました。これがあるなら、後の文章に矛盾はないですね。ですので、整合性の指摘については取り消します。また、上記文献をすでに出典に加えていることにも気づきました。ただ、この文献に第二の定義が載っているかどうかはわからない状態だと思いますので、「要出典範囲」はそのままにしておきます。--Ice9 2011年12月18日 (日) 03:05 (UTC)
整合性については了解です。--121.115.105.38 2011年12月18日 (日) 07:40 (UTC)
元の記事は私が書いたものでは無いので翻訳ではないと思いますが、ほとんど出典の無い文章でした。私の追加した定義は翻訳です。明示すべきでした。もともとの文章では冒頭の用語「初期仏教」の定義が一通りであったのは国際的に見て一般的ではないと考えたので追加しました。追加した定義は上座部の考え方に沿った定義で、最初の定義は大乗仏教に見られる考え方に沿った定義です。定義を追加することで用語の定義は中立的な立場になったと考えます。その後の解説部では大乗仏教の考え方に沿った定義を用いて解説するようになっていますが、上座部の考え方では提婆達多派が仏教の一派とは認められていない点が判るように修正したので、その点では中立的な解説になったと思います。さて、出典の件ですが、用語の定義とは何かから導かれるものではなく、そこで定義しているものです。用語の定義を解説している文章では、引用文等に出典が求められるべきであると思います。上述したように追加した定義の意味についても判るように解説部を修正してありますので、出典が必要であるならその解説部に「要出典」を付すべきかと思うのですが。--121.115.105.38 2011年12月18日 (日) 08:12 (UTC)
まず記事の一部を他国語版から取り込む場合も作業としては翻訳となりますのでご留意ください。また追加された定義部の出典に関して:おっしゃることの趣旨はわかりますし、貴殿は記事を良くしようと編集してくださっているとは思いますが、第二の定義について、十分に解説した部分が本文にあるとは私には思えませんし、ウィキペディアが要請する出典が示されているとも思えません。結局のところ、「根本分裂後の部派仏教の一部」を「初期仏教」と呼ぶのは誰で、その出典(誰がどこでそう述べているか)は何なのでしょうか? どの部分がそれを記述しているのですか? なお、解説に「要出典」が付いていれば定義部に「要出典」を付けるべきではない、ということはないと思いますので、「要出典」を付ける場所については問題ないと考えています。間違っているとか削除しようとかいうわけでは(とりあえず・当面は)ないので、ご協力いただければと思います。--Ice9 2011年12月18日 (日) 09:57 (UTC)
私もこの文章や出典が良い状態とは考えていません。その点では同意していますし、出典が必要と考えます。つまり、最初にもお聞きしたように「第二の定義について、十分に解説した部分が本文にある私には思えません」がどの部分を指して不明瞭と言われているのかを指摘していただければ該当部位の解説を充実させられますし、どの部分について対応する出典を求められているのか判ると思うのです。それが、解説部のように用語の定義を分解した形に対して出典を明示すれば良いと考える理由です。第二の定義部分について、これが翻訳であることは前に述べましたが、削除しました。解説部の不明瞭な記述を指摘していただければ幸甚です。--121.115.105.38 2011年12月18日 (日) 12:58 (UTC)