ノート:ワードプロセッサ

Jump to navigation Jump to search

項目名[編集]

項目名は「ワード・プロセッサ」ではないですか?。googleにおいて「ワード・プロセッサー」だと5,530件、「ワード・プロセッサ」だと「(ワード・プロセッサ)ー」を含んで12,300件ですので、「ワード・プロセッサ」が少しだけ多いようですね。Adacom 02:16 2003年8月27日 (UTC)

語尾を伸ばす、伸ばさないは、カタカナ語の最大の懸案かもしれません。他にもイラストレーター(イラストレータという表現も・以下同様)、コンピュータ・クラスター(コンピュータ・クラスタ)、コンピューターゲーム(コンピュータゲーム)。特に最後のコンピューターゲームは、コンピュータとの整合性の点からも疑問符が残ります。G 02:26 2003年8月27日 (UTC)

ワープロ専用機[編集]

ワープロ専用機はここに統合すべきでは?Starbacks 2004年8月29日 (日) 08:23 (UTC)


2 ワードプロセッサの特徴

誰にでも読みやすい活字書体での出力が可能。

この部分、和文タイプはそもそも活字をつかっているから、和文タイプと比較した特長としてはおかしいのではないか?0null0 2009年8月23日 (日) 11:13 (UTC)

  • ワープロソフトの記事は他にあるのだから、この記事タイトルは、「ワープロ専用機」にしたほうがよいのでは?--Lese 2010年9月11日 (土) 13:09 (UTC)
  • ワープロ専用機」は現在、当「ワードプロセッサ」へのリダイレクトとされており、「ワープロソフト」は別記事になっています。従って現在の記事構成を適切とするならば Leseさんの案も妥当と思います。しかし「ワードプロセッサ」の本来の意味は、機能としての "文書作成ツール" なので、ユーザーへの物理的な提供形態(専用機、汎用的なコンピュータ用のソフトウェア、Web上のサービスなど)は問わないと思います。つまり「ワードプロセッサ」の形態として「専用機」「ソフトウェア」「その他」が存在すると思います(正確には、専用機でも中身はROM化されたソフトウェアとか、専用機でROM以外もありうるとか、メーンフレーム用はどちらに書くか、などはあると思いますが)。英語版en:Word processorなどでも、専用機もソフトウェアも書かれています。このため、当記事に「ソフトウェア」などの節を追加し、ごく簡単な記述の直後に「詳細はワープロソフト参照」とする方が良いのではないでしょうか?(勝手ながら過去の発言を含め、節に分けました) --Rabit gti 2010年9月12日 (日) 03:02 (UTC)