半保護されたページ

ノート:ラムセス2世

ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは一度特定版削除されています。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/ラムセス2世20090727」をご覧ください。

「ラメセス」か「ラムセス」か

資料をもう少し集めてから加筆しますが、"ra-ms-s-sw"は、固有名詞"ra"+三音節弱動詞"msi"完了相能動態分詞形"ms"+"ms"の音声補字"s"+3人称男性単数従属代名詞"sw"と解釈される可能性があります。このとき、音声補字は発音に入れないとすると、ra-mes-esuであるのでラメセスが一番カタカナとして正確な表記であると思われます。

ここで、手元の資料をざっと見たところ、「ラメセス」3件(松本(1994), 屋形(1998), 近藤(2009))「ラムセス」2件(ブリタニカ・ニッポニカ)「ラアメス」1件(世界歴史(1969))でいろいろ表記はありますがやはりラメセスが優勢であるように思われます。しかしながら、WP:CRITERIAにもありますように「ラムセス」で長年通って来た問題もあります。この「カタカナ翻字問題」は大変ややこしいものでありますから、私の方で調査を行い、ガイドラインを作ろうと思います。 なお、王が重要人物なため、資料がきちんと集まるまでこのページには手を入れません。--Sethemhat会話) 2022年1月31日 (月) 12:29 (UTC)[返信]