ノート:ラインハルト・ハイドリヒ

ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事は一度削除されています。削除に関する議論はノート:ラインハルト・ハイドリヒ/削除をご覧ください。


風貌から金髪の野獣もしくは第三帝国の首切り役人と呼ばれた。
このあだ名は日本語で書かれたナチ関係の書籍ではよく目にするのですが、ドイツ語の本では見たことがなく、もしかして「和製あだ名」ではないかと疑っているのですが、出典も含めてドイツ語でなんというか知っているかたがいらっしゃれば教えていただけますでしょうか?
ブリキ 2007年12月29日 (土) 22:40 (UTC)

英語版にHeydrich's ruthlessness in this department earned him the nicknames "the blonde beast" and "Himmler's evil genius". とありますので、少なくとも和製ではないようです。この文によると親衛隊内部から呼ばれていたようです。--模様砂漠 2009年2月13日 (金) 18:54 (UTC)

1.9 死後の報復   の項目の以下の記述ですが、 『成年男性村民200人弱はその場で銃殺され、女性村民や子供は強制収容所へ送還された。』

送還とは語義として、「(元いた場所や、本来いるべき場所に)送り返すこと」であるので、元々の村民である同項目にはふさわしくない記述では? 脱走兵、居所制限命令等に違反した市民、収容所からの逃亡ならともかく、「【送致】された」なり、「【身柄を送られた】」と平易な記述でも良いのでは?