ノート:フリーメイソン

ナビゲーションに移動 検索に移動

このページには削除された版があります。削除に関する議論はWikipedia:削除依頼/フリーメイソンをご覧ください。

・特定の宗教を持たずに理性や博愛の思想を掲げる

・入会資格として何らかの真摯な信仰を要求している

これら二つの記述の間を埋める歴史的考察が必要な気がしたのですが如何でしょう?けふこえて 2005年1月31日 (月) 09:48 (UTC)

会員とされる著名人について[編集]

カーネル・サンダースについては、自身の売名(事業取引先の拡大に繋がる事を企み)の為に会員と吹聴し騙っていたという説が濃厚です。KFCのカーネル・サンダース像には、誇示の為の会員のバッチらしきモノを白いスーツの上(胸)に付けてはいますが。--こたつ狼 2005年11月3日 (木) 05:55 (UTC)
上記のソース等ありますか? 日本グランドロッジの広報責任者が、雑誌のインタビューでカーネルサンダースは会員であったと認めていました。(「別冊宝島233 陰謀がいっぱい 世界にはびこる『ここだけ』の正体」 1995 宝島社)--赤井彗星 2006年3月17日 (金) 13:30 (UTC)

利用者:219.127.83.66氏による加筆部分について[編集]

利用者:219.127.83.66氏の2005年6月25日の加筆部分ですが、「ヨハネ・パウロ2世によるフリーメーソンの破門」という事実はないと思います。もともと破門とは特定の個人の特定の行為に対して行われるもので団体に対して行うものでありません。

また、「同趣旨のこの組織に関係する信徒は破門に処するという内容の教会法が、教皇庁によって幾度か制定された。(教会法第2335条、第1328条)」として教会法に言及されていますが、言及されている「教会法1328条」は「犯罪の遂行における意志の有無について」の条文であり、フリーメーソンうんぬんとは何の関係もない部分です。さらに教会法第2335条とありますが、教会法は1752条で終わっています。このようにこの加筆部分については信憑性に疑いがもたれるので一旦削除しておきます。Gakuinryou 2005年11月23日 (水) 01:21 (UTC)

失格 定義なし[編集]

ようするに何を目的とした団体なのかってことが、定義のところにかかれてないんだよ。百科事典としては失格! --61.114.200.247 2006年4月4日 (火) 00:16 (UTC)

会員同士の親睦を目的とした友愛団体 以上の署名の無いコメントは、60.56.80.100会話/whois)氏が[2006年6月15日 (木) 21:46(JST)]に投稿したものです。

メイソン?メイスン?[編集]

日本グランドロッジでの記述はフリーメイスンなんですけど、ここはメイソンですね。とりあえずメイスンでリダイレクトかけておきます。以上の署名の無いコメントは、Poisonotter会話履歴)氏が[2006年6月18日 (日) 09:59(JST)]に投稿したものです。

客観的視点から見た主観的感想[編集]

なんか、フリーメーソンの擁護ページっぽい。 フr-メーソンという単語を初めて知り、初めて触れたが、このページを呼んだ感触としては、 関係者が自らをいいように説明しているように見える。 宗教信者または教祖・幹部が自らの宗教を説明するそれに似ている。以上の署名の無いコメントは、219.33.156.53会話/whois)氏が[2006年11月29日 (水) 02:15(JST)]に投稿したものです。

主観的な感想であれば客観的な視点ではないように存じますが、"信頼出来る情報源によって既に提示されている疑惑"に関する解説が無いとお感じでしたら、是非加筆することをお勧めします。--Lyijykyyneleet 2006年12月17日 (日) 05:43 (UTC)

起源[編集]

起源は石工団体で間違いないですが、石工団体はギルドにはなってません(ロンドンでは例外的にギルドでした)。

当時からロッジとして特殊なものであったようです。

さらに、ソロモン宮殿の説ですが、伝承であって史実ではありません。

日本グランド・ロッジ自体がそういってるのですから違うのでありましょう。

よってこの説を載せるのは不適切ではないですか?--以上の署名の無いコメントは、わった会話投稿記録)さんが 2006/12/18 12:37 (UTC) に投稿したものです(Klbによる付記)。

メイソンの米国大統領[編集]

トマス・ジェファソンがメイソンであったとする出典はありますか?検索すると出所不明のブログみたいなのは引っかかるんですけど、WP:Vで出典として認められている公式サイトや文献で見つけることはできませんでした。それどころか、ブリティッシュ・コロンビアとユーコンのグランドロッジのFAQには"Neither Thomas Jefferson nor Patrick Henry were freemasons"[1]と書かれています。一応両論併記にしていますが、いつまで経っても検証可能な出典が提供されなければ除去するのがいいかと。

さらに、同FAQには米国大統領でメイソンであった者は15人であったと書かれています。一方で吉村正昭『フリーメイソン』によると14人とのことです。これも両論併記でいいと思うんですけど、問題は「吉村正昭『フリーメイソン』講談社」という文献が本のデータベースを探しても出てこないことなんです。ISBNが分かれば教えてください。また、どの大統領をめぐって人数が揺れているのか興味があります。--Klb 2006年12月29日 (金) 12:15 (UTC)

すみません。吉村正和の誤りです。講談社現代新書から1989年に出版されております。ISBNは4-06-148930-5です。出版から月日が経っているため、この本の出版以降にフリーメイソンの大統領が登場したのかもしれません。なお、同書で紹介されている14人とは、ワシントン、モンロー、ジャクソン、ポウク、ブキャナン、ジョンソン、ガーフィールド、マッキンリー、セオドア・ルーズヴェルト、タフト、ハーディング、フランクリン・ルーズヴェルト、トルーマン、フォードのことです。--Sasuore 2007年1月2日 (火) 03:10 (UTC)

活動内容[編集]

どういった活動をしている団体なのかが全くかかれていないので、これでは百科事典になってないと思います。以上の署名の無いコメントは、58.90.241.183会話/whois)氏が[2007年1月24日 (水) 03:30(JST)]に投稿したものです(Lyijykyyneleetによる付記)。

というより、活動内容が非公開なので書ける事が無いのかもしれません。とりあえず活動内容の節だけは付け足してみましたが、どうでしょう?--Lyijykyyneleet 2007年1月24日 (水) 16:50 (UTC)
その通りでしょう。会員の有無もしかりで、こういう秘密結社は調べるだけでも大変です。昔はこういう秘密の漏洩は死罪に当ると人智学関係の本で読みました。ここの真偽はじっくり時間をかけてやっていきたいものです。--195.93.60.65 2007年1月26日 (金) 21:58 (UTC)

フルネーム[編集]

フルネームでフリー・アンド・アクセプテッド・メーソンだったと思いましたが、もしそうなら載せる必要性はあるでしょうか?

リンク切れ[編集]

フリーメイソン#外部リンクにある東京メソニックセンターへのリンクが切れているようです。また、フリーメイソン#脚注の30番にある東京メソニックセンター「七人の有名な日本人メィーソン」(2006年12月26日取得)へのリンクも同様です。--敷島健一 2010年4月4日 (日) 06:29 (UTC)

フリーメイソンによって設立された団体[編集]

ボーイスカウトが載ってますが、出展先の記事がそれを否定する内容なので削除します。
Wikipedia記載内容:

  • ベーデン=パウエルはフリーメイソンと繋がりがあり、ベーデン=パウエルにちなんだフリーメイソンのロッジがある[2]
  • アメリカのボーイスカウト創設者はフリーメイソンである

Other Famous Masons。 削除の理由:
[3]ではまず一行目に「ベーデンパウエルがフリーメイソンであった証拠はない」とし、ページ中ほどで「妻は夫がフリーメーソンでないことを確認したと」記しています。最後の段落にはフリーメイソンと誤解されるきっかけになった写真について記されています。ベーデン=パウエルの名前を取ったロッジも、ボーイスカウト加盟員が勝手に建てて名前を付けたロッジであり、ベーデン=パウエルは直接関与していないと記されています。
[4]にはボーイスカウトアメリカ連盟に吸収合併された少年団「The Society of the Sons of Daniel Boone」の創始者Daniel Carter Beardがフリーメイソンであると書いてあります。[5]の通りDaniel Carter Beardはボーイスカウトアメリカ連盟の14人いる創始者のうちの1人に過ぎず、アメリカのボーイスカウトがフリーメイソンによって建てられたというわけではありません。 --Tomyan 2011年9月14日 (水) 18:03 (UTC)

記述の中立性について[編集]

全体的にフリーメイソン側からの一方的な記述が多く、 その見解を述べたにすぎないものになっています。 「批判」の項目においても、それらはほぼすべて「偏狭な批判」であり、「反フリーメイソン主義者」によるものであるとされており、 中立的ではありません。 逐一フリーメイソン側からの反論、批判への批判が付記されているのも微妙なところです。 多少修正しましたが、以降は心ある編者による編集を望みます。

ページの分割[編集]

記事の量が多すぎると思います。 そろそろ、複数のページに分割すべきだと思います。

英語のページでは、実際にそうなっています。

技術のある方、お願いいたします。

外部リンク修正[編集]

編集者の皆さんこんにちは、

フリーメイソン」上の32個の外部リンクを修正しました。今回の編集の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。

編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。

ありがとうございました。—InternetArchiveBot (バグを報告する) 2017年9月18日 (月) 02:57 (UTC)