ノート:パワーハラスメント

ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは二度版指定削除されています。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/パワーハラスメント」「Wikipedia:削除依頼/パワーハラスメント 20180713」をご覧ください。


英語版に「エコノミック・アニマル」とありますが、問題ありませんでしょうか?--Tiyoringo 2007年4月28日 (土) 16:23 (UTC)

「具体例」について、出典を教えて頂けますか。改めて調べ直したいので。以上の署名の無いコメントは、IP:124.110.99.190会話 / 投稿記録さんが2009年5月21日 (木) 04:28 (UTC)に投稿したものです。(Kuha455405による付記)

独自研究的な内容が冗長になってきたため、修正依頼をしていただくと共に「主な典型例」の除去を提案します。除去の理由について、過剰な加筆を助長し、Wikipedia:独自研究は載せないWikipedia:検証可能性Wikipedia:雑多な内容を箇条書きした節を避けるに反するものです。もし、異論がなければ除去したいと思いますが、どうでしょうか?--Kuha455405 2010年5月10日 (月) 13:53 (UTC)
提案から1週間が経ち、異論はありませんので除去いたしました。--Kuha455405 2010年5月17日 (月) 13:38 (UTC)

典型例について[編集]

敢えて書くまでもありませんが、ウィキペディアは百科事典であって個人的な主観や感情を列挙したり告発する場所ではありません。これら編集の度が過ぎると過剰な内容になるだけです。また、ウィキペディアの公式方針であるWikipedia:独自研究は載せないWikipedia:検証可能性Wikipedia:雑多な内容を箇条書きした節を避けるにも反するものです。Wikipedia:ウィキペディアは何ではないかもご熟読ください。--Kuha455405 2010年5月23日 (日) 01:05 (UTC)

ウィキペディアは百科事典であって個人的な主観や感情を列挙したり告発する場所ではありません」。この部分、特に同意します。冒頭文まで醜いにも程があります。削除対象となる内容。反論ある方はどうぞ、というかブログでやってくださいと思う。--125.30.94.95 2012年1月30日 (月) 13:40 (UTC)

記事の整理について[編集]

出典のないもの、独自研究の疑いがあるもの、ローカルルール違反のものをそれぞれ処置しました。下記に理由を記します。

  • 「power harassment」。googleで、英語、アメリカ合衆国、"power harassment" -"power harassment is harassment"で検索すると1660件しかヒットしません。これに対して、"sexual harassment" -"sexual harassment is intimidation"で検索すると9930000件ヒットします。
  • 岡田康子の件。これは英語版の翻訳でしょうか。あちらでも要出典が貼られていますが、ざっと調べてみても検証不能だったので出典を求めます。
  • 「男女間での~」。独自研究の疑いがあるので出典を求めます。
  • 「その他、大学の基礎法学者~」。リンク先を確認しましたが、専門家本人であるとの確証がなく、そのリスクを負ってまで記載する内容ではないと判断し除去しました。
  • 「tokyokeikyo.jp」。国か公的な団体による出典はないですか。文献でもよいですが。
  • 「パワハラを受けたことが原因で~」。全体的に独自研究の疑いがあるので、段落すべてに出典を求めます。
  • 「1990年代までは~」。独自研究の疑いがあるので出典を求めます。
  • 「だが近年~」。裁判所と事件名で検索してみましたが、適合しそうな判例が見つかりません。
  • 「刑事事件~」。趣旨不明瞭だったので書き直しました。
  • 「日勤教育」。日勤教育は事故原因として、あるいはパワーハラスメントとして認定されたんでしたっけ?
  • 「自殺した運転士」。地裁でも高裁でも自殺との因果関係なしとされています。
  • 「鹿児島県の曽於市立~」。出所が個人blogなので除去。
  • 「千葉市立山王~」。出典がないため除去。
  • 「2005年08月03日~」。ニュース記事をコピーしたblogのコピー。
  • 「2010年7月22日~」。出典なし。
  • 「業務上の指導監督の~」。判決文の丸写しで特筆性なし。
  • 「愛媛県警察~」。出典なし。
  • 「圧迫面接」。そもそも雇用契約が成立しておらず、無関係。
  • 「公務員職権濫用罪」。無関係。

--EsCape The Fate会話) 2012年6月1日 (金) 18:14 (UTC)

係争中のものや認定されたか不明のものは除去するべきでは[編集]

パワーハラスメント#事例として多くのものがあげられていますが、最新の加筆によるケースのように、係争中のものや、ハラスメントと認定されたか不明なものはいったん除去するのが適当と思います。いかがでしょうか。--Tiyoringo会話) 2012年7月8日 (日) 07:06 (UTC)

「事例」の削除には賛成です。ただこれだけ沢山のクレーム?の付く記事も珍しいと思います。単に「事例」を削除するだけでなく、旧稿を破棄して、何方かが一から書き直した方がよいのではないでしょうか。これでは関連記事からリンクする気がおきません。---Ktmchi会話) 2012年7月9日 (月) 15:05 (UTC) 追記---Ktmchi会話) 2012年7月11日 (水) 04:07 (UTC)
  • Tiyoringoさんの意見に賛成します。事例は、パワーハラスメントを理解するために必要十分な質・量のものだけでよいと思います。というかむしろ事例は全くなくてもよいくらいかもしれません。具体例がなければ理解できないほど難しい話ではないと思いますし、事例の項をなくしてしまえば後からあれこれ事例を追記されることも防げるかもしれませんし。--EsCape The Fate会話) 2012年7月10日 (火) 16:45 (UTC)
  • 上記議論に基づき、係争中の事案およびハラスメントとして明確に認定されていないものは事例から除去いたします。ご意見があればこちらで伺います。--EsCape The Fate会話) 2013年8月2日 (金) 18:20 (UTC)

目次の配置がおかしいのでは...[編集]

パワーハラスメントを見ましたが、目次が真ん中の方にあり見づらいです。上の部分を概要としてまとめたほうが良いのではないんでしょうか。--12番線会話) 2013年6月4日 (火) 08:31 (UTC)

パワーハラスメントの事例の分割[編集]

2年ほど前に(すぐ上にありますが)「事例は、パワーハラスメントを理解するために必要十分な質・量のものだけでよいと思います。というかむしろ事例は全くなくてもよいくらいかもしれません。具体例がなければ理解できないほど難しい話ではないと思いますし、事例の項をなくしてしまえば後からあれこれ事例を追記されることも防げるかもしれませんし。」と提案して、いったん一部の事例を削除したのですが、事例の追加は止まる気配がありませんね。パワーハラスメントと認定される事例は時間を追うごとに増え続けるのでしょうが、ここに追記されている方はいちいちそれらを全部追記していくつもりなのでしょうか。それはもはや百科事典ではないと思うのですが……。

というわけで、事例の項を独立させて、パワーハラスメントの事例、という記事を新たに立てるというのはいかがでしょうか。合同会社の事例も一時膨大になっていて、追記がやまなかったため、カテゴリに貼りかえたことがありますが([1])これに比べると記事分割くらいしか方法が思いつきません。ご意見お待ちしています。--EsCape The Fate会話) 2014年5月5日 (月) 15:17 (UTC)

外部リンク修正[編集]

編集者の皆さんこんにちは、

パワーハラスメント」上の5個の外部リンクを修正しました。今回の編集の確認にご協力お願いします。もし何か疑問点がある場合、もしくはリンクや記事をボットの処理対象から外す必要がある場合は、こちらのFAQをご覧ください。以下の通り編集しました。

編集の確認が終わりましたら、下記のテンプレートの指示にしたがってURLの問題を修正してください。

ありがとうございました。—InternetArchiveBot (バグを報告する) 2017年9月17日 (日) 05:17 (UTC)

日本におけるパワーハラスメントとは身体に跡が残る暴力行為を含む事件のようでした[編集]

平成25年さいたま市で起きたパワハラ事件にて、この事件で裁判長が認めた暴力は、被害者側の加害行為による身体的暴力(写真にある身体にできた痣)、及び社会的暴力(上司による能力過小評価、及び安全配慮義務違反)でした。一般に、職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為とありましたが、実際には前向きで向上心のある若者に対して、気に食わないから評価を落としたり、そのような事例の裁判に見えました。しかし、裁判の事実は、原告の能力を著しく落とさなくてはパワハラを認められないなど、とても困難な事件に見えました。Chika Ishii会話) 2017年10月4日 (水) 07:37 (UTC)