ノート:パッツィ家の陰謀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フェデリコ・ダ・モンテフェルトロ関与説[編集]

英語版にモンテフェルトロ首謀者説については詳しく記載されています。 「Salviati and Francesco de' Pazzi put together a plan to assassinate Lorenzo and Giuliano de' Medici. Riario himself remained in Rome. The plan was widely known: the pope was reported to have said "I support it― as long as no one is killed." In 2004, an encrypted letter in the archives of the Ubaldini family was discovered by Marcello Simonetta, a historian at Wesleyan University in Connecticut, United States and decoded. It revealed that Federico da Montefeltro, Duke of Urbino, a condottiere for the Papacy who was deeply embroiled in the conspiracy, committed himself to position 600 troops outside Florence, waiting for the moment.」--Kanbun 2006年4月19日 (水) 15:46 (UTC)

しかし首謀者であるというのはMarcello Simonettaの説であったはずですから、この手紙の事実からは共謀者であることが明らかにできるにすぎないといえるかもしれません。直接Marcello Simonettaの文献に当たったことはないのですが、彼がウルビーノ公首謀者説を唱えているのは間違いなかったはずです。--Kanbun 2006年4月19日 (水) 15:50 (UTC)

転記しました。 --忠太 2006年4月20日 (木) 14:31 (UTC)