ノート:デート・ア・ライブ

ナビゲーションに移動 検索に移動

このページには削除された版があります。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/デート・ア・ライブ」をご覧ください。

エリオット・ボールドウィン・ウッドマンについて[編集]

「また車椅子に乗っていた。」と書かれていますが、これは「再び車椅子に乗っていた」なのか「それから、車椅子に乗っていた」のどちらの意味なのでしょうか?--61.124.61.95 2014年5月2日 (金) 13:19 (UTC)[返信]

ファントムの声優について[編集]

現時点でファントムが声ありで登場している媒体は『凜祢ユートピア』のみで当作品のキャスト一覧でメインキャラたちを除いてクレジットされていたのは、小島英樹氏、横田紘一氏、田代哲也氏、志田良太氏のみであり、現在ファントムの声優として書き込みをされている本城雄太郎氏の名前は記載されていません。仮に劇場版で声ありで登場する可能性があるとしても、現時点では劇場版に関しては何の情報も発表されていませんので声優クレジット無しのままで続ける方が良いかと思われます。--しろ炭素会話) 2014年8月16日 (土) 17:15 (UTC)[返信]

ネタバレについて[編集]

小説の内容が過剰に解説されており、重大なネタバレが多数含まれています。特にキャラクターの正体、末路などに関する記述は削除した方が良いと思います。 ラタトスク機関会話) 2019年10月19日 (土) 18:54 (UTC)[返信]

デート・ア・ライブは、第4期が必要[編集]

五河士道は、夜刀神十香、五河琴里、鳶一折紙、四糸乃、時崎狂三(残忍)、八舞耶倶矢と夕弦、誘宵美九、と七罪を封印した。本条二亜と星宮六喰は次です。--以上の署名の無いコメントは、Brandonwamsley1会話投稿記録)さんが 2020年1月5日 (日) 17:46 (UTC) に投稿したものです(PMmgwwmgmtwp'g会話)による付記)。[返信]