ノート:デジタル

ナビゲーションに移動 検索に移動

デジタルとディジタルの表記について[編集]

「一般的には「デジタル」と記述される。しかし、電気・電子・情報工学の分野では「ディジタル」と記述される。これは、「digital」のスペル「di」を意識してのことである。」と書かれていますが、電気・電子・情報工学系の大学でも「デジタル」で通すことが一般的です。確かに、古い専門書には「ディジタル」という言葉が使われているものが見られますが、新しい書籍はたとえ電気・電子・情報工学の分野であっても「デジタル」であるものが目立ちます。つまり、「デジタル」を「ディジタル」と書くのは過去の話であると思います。電子情報通信学会JISでも「コンピューター」のことを「コンピュータ」と省略すべきだとしていますしインターフェイスインターフェースインタフェースと短縮すべきだという方向でまとめられています。確かに発音からディジタルにしたいという理由はわかりますが、日本語表記では本当に「ディジタル」でいいのか疑問です。電子情報通信学会のサイトにも、「ディジタル」と書いてあるページや論文が見あたりますが「デジタル」と書いてある論文も見あたります。(論文では「ディジタル」ではなく「デジタル」で統一すべきだとどこかに書いてあったとは思いますが)。

ノート:ディジタルフィルタで「デジタル」ではなく「ディジタル」とこの記事にかいてあるので、「デジタル」が一般的であるという出典を求められたので、その件に関してここで質問しました。--Hsz 2007年4月16日 (月) 06:38 (UTC)

最近追加された、digitは「ディジット」である旨の記述も、「チェックディジット」でggると「チェックデジット」が多数(含コトバンク)引っかかることから正直怪しいですね。--Dummy index会話) 2019年5月30日 (木) 14:27 (UTC)