ノート:ソフトウェア著作権

ナビゲーションに移動 検索に移動

著作物周辺権?[編集]

著作物周辺権なる語は、具体的にはどのような権利を指すのでしょうか。著作権法上も講学上も存在しない概念だと思いますが。それに、ソフトウェア著作権は著作権と異なるなどという表現が使われていますが、ソフトウェア著作権は著作権の一種であるに過ぎないのであって、別概念とするのは問題でしょう。--士心麻手 2006年12月18日 (月) 14:52 (UTC)

仮に著作隣接権のことだとしても、意味が通りませんね。--士心麻手 2006年12月18日 (月) 14:57 (UTC)

改名提案[編集]

「ソフトウェア著作権」という語は正式名称や法制度・法令名ではなく、法令名としては「プログラムの著作物」がある為、「プログラムの著作物」、もしくはWikipedia:記事名の付け方に従った別の記事名への改名を提案します。Kazu selen会話) 2020年2月14日 (金) 11:48 (UTC)

  • コメント Kazu selenさん、はじめまして。米国著作権法フランス著作権法職務著作の新規執筆と、ベルヌ条約の加筆をしましたProfessorPineと申します。私も実はソフトウェア著作権ってページ名、気になってたんですよね...。少なくとも私が読んだ文献の中で、このような表現は記憶にありません。が、念のため文献を調べてみようかと思いますので、1週間ほど調査にお時間頂いてもよろしいでしょうか?
ご参考までに、著作物のジャンル名+権ですと、データベース権というのは著作権法上で使われることがあります。というのも、大陸法系の国、特にEU著作権法では、著作者の権利 // 著作隣接権者の権利 // データベース製作者の権利 (いわゆるスイ・ジェネリス権) で大きく分類しています。これは、狭義の著作権である「著作者の権利」とは、保護要件や保護範囲に格差をつけているためです。法体系は「こちら」が分かりやすいかと思いますのでご参考までに。DBのように、ソフトウェアだけ切り出している国がないのか、ちょっと気になります...、
あと、「著作権 vs. 著作物」だけでなく、「ソフトウェア vs. プログラム」の論点も考慮しないといけませんね。少なくとも米国著作権法の場合、ソースコード および2進法で表現される機械語である オブジェクトコード はまとめて「プログラム」と呼んで著作権の保護対象としています。そしてプログラムは広くは「言語著作物」に分類されています。これ以外に、ゲームもソフトウェアの一種であり著作権が発生します。そして米国著作権法では、ゲームのグラフィックデザインは「視聴覚著作物」に分類されています。言語著作物と視聴覚著作物では保護要件が異なるので、難しいんですよね。ここらへんも整理した上で、今回の改名判断の材料としてご提供できればと思っています。米国については「こちら」をご参照下さい。取り急ぎお返事まで。--ProfessorPine会話) 2020年2月14日 (金) 12:25 (UTC)