ノート:サナア

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキプロジェクト イスラーム (記事品質: スタブクラス、重要度・中に指定されています。)
Kaaba mirror edit jj.jpg この記事「記事」は、イスラームを対象としたウィキプロジェクトであるウィキプロジェクト イスラームの関連記事です。
スタブ記事 スタブ  プロジェクト:イスラーム/執筆支援/第6回によって、この記事はスタブクラスに分類されています。
   この記事は、プロジェクト:イスラーム/執筆支援/第6回によって、 重要度・中とされています。

記事名は「サヌア」ですが、テンプレートの一番上とテンプレート下の地図では地名が、「サナア」になっています。地図までは修正しようがないので、コメントを置いときます。Mishika 2006年2月8日 (水) 06:50 (UTC)

直しておきます。たね 2006年2月8日 (水) 17:13 (UTC)

改名提案[編集]

今や「サナア」という表記が専門家だけでなく、テレビ番組の内容説明[1]、旅行会社やmsnの天気予報[2]で用いられるなど一般化してきています。本来の発音に近いのはサナアでもあり、もう改名しても良いと思いますがいかがでしょうか--コシャリ会話) 2012年12月5日 (水) 08:32 (UTC)

質問 基本、原音主義ですから、賛成したい所ですが、日本外務省のホームページの記事ではまだ、サヌア表記ですしねぇ。英語版ウィキペディアのイエメン・アラビア語の発音記号ではどういう発音になるのでしょうか?--Tantal会話) 2012年12月5日 (水) 11:25 (UTC)
外務省の表記は原音に近いものにする、という基準でなされているものではありませんからあまり参考になりません。例えば、外務省はあの地域の都市名でいえば、今でも、イスタンブルをイスタンブール、カーブルをカブールと表記しています。それらは当然Wikipediaでは原音に近い「イスタンブル」「カーブル」という表記になっています。それから、例の発音記号ですが、「サナア」です。--コシャリ会話) 2012年12月5日 (水) 11:49 (UTC)
コメント2012‎年12月3日11時23分 (UTC) 英語版の冒頭の発音記号部分によると、「Sana'a (アラビア語: صنعاءṢanʿāʾ [sˤɑnʕaːʔ], イエメンアラビア語英語版: [ˈsˤɑnʕɑ]), also spelled "Sana".」とのことです。この発音記号の中のʕによるとサナアに近いですし、Ṣanʿāʾの部分からサナアへの改名を検討しても良いと思います。--Sorakara023会話) 2012年12月6日 (木) 13:40 (UTC)
小生のかわりに丁寧な説明をして下さり、ありがとうございます。--コシャリ会話) 2012年12月7日 (金) 10:10 (UTC)
有声咽頭摩擦音ع[ʕ]は日本語にはありませんが、歴とした子音であり、アラビア語では強く発音され、ن[n]に同化されません。IPA通りに無理に日本語で表記するとしたら「サヌア゛ーッ」「サンア゛ーッ」、イエメン方言だと「サヌア゛」「サンア゛」等になるので、原音に則って改名するのでしたら「サナア」は違うかなと思います。--Yoyo182会話) 2012年12月8日 (土) 08:28 (UTC)
あそうなってますね。英語版Wikipediaの誤記ではないかという気がします。他で出典があれば良いのですが。なおعのアは濁るような音ではありません。アラビア語の教科書などにも出ていますから、手頃なやつでご確認いただければ、と思います。もしアインのعが濁る音だということになれば、wikipedia上のアインを用いるアラブ人名の表記はすべて誤記ということなってしまいますよ。なおサナアの発音はgoogle翻訳で[3]、イエメンの政党のページにあった映像[4]の0:02の部分でサナアの発音がありますから確認してください。--コシャリ会話) 2012年12月8日 (土) 09:53 (UTC)
音声学上濁るという概念はなく、単に有声音の子音が存在するということを「便宜上」示したかっただけで、ア゛で表記しろということではありません。(عはحの有声音なのである意味[ħ]の濁音?) 誤解を招いてしまい申し訳ありません。それと映像の件ですが明らかにフスハーで[sˤɑnʕaːʔ]と発音していると思います。それと、英語版の誤記というのはどれのことをおっしゃってますか?--Yoyo182会話) 2012年12月8日 (土) 11:07 (UTC)
昔現地にいったとき「サナア」という発音だった記憶があるもので・・自分の方の誤りかもしれません。映像はフスハーでしたね、現地放送は、固有名については現地風に言うんじゃないかと思ってまして、失礼しました。--コシャリ会話) 2012年12月8日 (土) 12:01 (UTC)
自分の耳がおかしかったのではないか、と不安になり(笑)あちこち調べましたらお茶大ページに、イエメンについての文章があり[5]、これの39頁に「北イエメンの首府サヌア(実際の発音はサナアに近く聞こえる)」との記述がありましたので、とりあえず示しておきます。--コシャリ会話) 2012年12月8日 (土) 14:55 (UTC)
参考までに。Googlebooksで検索した所、サナア イエメン、806件サヌア イエメン、629件、CiNiiで日本の論文を検索した所、サヌア3件サナア28件、内イエメンと関係ないものを除いて24件であり、書籍や学術論文ではサナア表記のほうが多いことを記しておきます。--Sorakara023会話) 2012年12月8日 (土) 21:09 (UTC)
お調べ下さりありがとうございます。サヌア表記が用いられている3件のうちの1件は、自分が提示した論文の中で「実際の発音はサナアに近く聞こえる」と明記されている向後先生のもの、残り2つは地質学の先生のものであることを一応付記しておきます。またイエメン大使館の日本語表記は「サナア」になっています。あと、英語版Wikipediaにあるイエメン方言読みとされる発音記号は出典がありませんので、他で同様の表記があるものを探したのですが見つかりません。--コシャリ会話) 2012年12月9日 (日) 01:08 (UTC)
追記。野口雅昭さんというアラビストの元外交官の方のブログ記事[6]でも「サナア(イエメンの首都。日本ではサヌアと書くことが多いが、現地の発音の感覚からはサナアの方がピンとくるので、小生はそれで通している)」との記述があります。--コシャリ会話) 2012年12月9日 (日) 02:30 (UTC)
チェック 提案後1週間経ち、なおかつ再反論が3日以上待っても出されないのでとりあえず改名しました。一応現地ではサヌアと発音する、と説明する文献を探してみましたが自分は見つけられませんでした。一方、イエメンの専門家・佐藤寛氏が、まだサヌアとの表記が圧倒的であった1994年に出された『イエメン : もうひとつのアラビア』[7]において、サナアとの表記を用いられている例もあげておきます。--コシャリ会話) 2012年12月12日 (水) 08:57 (UTC)
少し気になったのは、アラビア語イエメン方言英語版英語版の記事のZabidi dialectの部分で、「the phonology of the Zabidi sub-dialect is perhaps unique among all Arabic dialects in that it replaces the sound (‘ain) [ʕ] (ع) with the glottal stop ( ’ ) [ʔ] (ء).」と記されていることです。ここまで[ʕ]の話題が多かったのですが、[ʔ]についても考える必要があるのかなと思います。--Sorakara023会話) 2012年12月8日 (土) 09:05 (UTC)
それは「ハムザ」です。アラブ・イスラーム学院のページ[8]に説明が載っています。--コシャリ会話) 2012年12月8日 (土) 10:37 (UTC)
ザビードでは、アインがハムザの音と同じ声門破裂音になるようですが、その場合だと余計に「サナア」ではなく、「サヌ・アー・」(・は声門破裂音)になりますし、サヌアから離れた地域のアーンミーヤなのでここでは考えなくても良いと思います。--Yoyo182会話) 2012年12月8日 (土) 11:07 (UTC)
なるほど、この方言が多数を占めるわけではないのですね。了解しました。--Sorakara023会話) 2012年12月8日 (土) 21:09 (UTC)