ノート:ゴールデンウィーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中国語版のzh:黄金周の記事があるのですが、interlangするのは適当なのかな。あちらの記事をみると、5月の連休のほかに、建国記念日、旧正月ふきんの連休も黄金周としているみたい。--mochi 2005年4月22日 (金) 16:24 (UTC)


「JRの特急券は最も高い料金が適用される」について。指定席が200円上がることのことでしょうか?このことはJR北海道とJR九州には適用されません。そもそもたった200円位高い位で「最も高い料金が適用される」とは変です。


特に学校の児童・生徒にとって、ゴールデンウィークがどういう時期か(学校週休2日制制定前と制定後について)加筆をお願いしたいです。


上の事項について、特に私立学校などの生徒や児童では週休2日にならないことがあるので、その点のフォローもしていただければ幸いだと思います

Minanogawa 2006年5月3日 (水) 11:25 (UTC)

脚注「遅延証明書が必要」について[編集]

「…遅延証明書が必要」とはどのようなことを指しているのでしょうか。意味不明につき書き直しをお願いします。--KeelStar 2008年2月2日 (土) 09:45 (UTC)

ゴールデンウィークと五月病[編集]

ゴールデンウィークの存在が五月病を引き起こしているとの記述がありますが、五月病の発症時期がたまたまゴールデンウィーク明けと重なるだけであって、ゴールデンウィークの存在は五月病発症の要因とは無関係のような気がします。要出典テンプレートを貼付しましたので、この件に関する出典がありましたらお願いします。--OKG 2009年5月7日 (木) 03:44 (UTC)

出典を基に表現変更しました。--茶務 2009年5月7日 (木) 14:41 (UTC)
早速の反応ありがとうございます。リンクされたページを読んでみましたが、五月病の発症がゴールデンウォークに起因するとの記述は見つかりませんでした。たとえこの時期にゴールデンウィークが存在しなくても、五月病自体はこの時期に発症するものではないでしょうか。五月病の発症をゴールデンウィークの問題点として挙げるのは不適切な気がします。--OKG 2009年5月10日 (日) 02:28 (UTC)
五月病へのOKGさんの編集を見てこちらにやってきました。五月病のページで脚注に上げさせていただいている文献(福西勇夫「心療内科の診察室から薬剤師さんへ:2:五月病」『PharmaTribune』2009年、1巻、4号、p33 )で、精神医である福西氏は「…通常、新年度のスタートである4月に新しい環境に適応できないまま、ゴールデンウィークなどの大型連休に入り、そこで一気に疲れが噴き出し、連休後にこれらの一連の精神身体症状が顕在化する。」と説明されており、日本の年度とゴールデンウィークと五月病の顕在化が関連しているとする説は存在します。「悪魔の証明」を求める意図はございませんが、「関係がない」との説を唱えている出典があれば両論併記などとすることが妥当でしょうし、せめて「削除」という対応ではなく「…という説もある」という線があり得るとは思いますが、私としては福西氏の説に得心するところがあります。まずは、ご意見をお待ちします。--Tatsundo h 2009年5月12日 (火) 16:00 (UTC)

「連休が取れないケース」の節[編集]

長期間出典なしのようですので節ごと除去した方がよいと思います。統計なしの怪しげな「多い」「ほとんど」や、主体不明の「見られる」などで個人的な見聞録・分析・体験談の域かと。--fromm会話) 2012年5月11日 (金) 04:17 (UTC)