ノート:ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

ナビゲーションに移動 検索に移動


かなり大掛かりな訂正[編集]

かなり、大掛かりな訂正を加えてしまいましたが……。--Geist 17:18 2004年5月15日 (UTC)

よろしいのではないでしょうか、「大胆に編集しましょう」ともいいますし。--Aphaea 2004年8月3日 (火) 06:15 (UTC)


折角ですが主な著作の部分は、記述を整理しないといけませんね。 --ケンチン 2006年9月22日 (金) 11:22 (UTC)

整理しました。「訳者の姿勢は非学問的」とか「死骸をさらす結果に終わっている」とか「虚名を高めた」とか、百科事典的でない表現が散見されたのでごっそり削除しようかとも思ったのですが、ヘーゲルの各種翻訳をこれだけ詳しく比較検討できる人がいるというのは素晴らしいことなので消さずにコメントアウトしておきました。もし該当部分を執筆した方がこれをご覧になったら、どうか気を悪くなさらずに、「それぞれの訳者の優劣」といった評価を下すのではなく「それぞれにどのような特色があるか」といった観点から再度加筆していただければ、稀に見る立派な書誌になることと思いますのでよろしくお願いいたします。--Darkmagus 2006年9月25日 (月) 18:57 (UTC)

Garkmagusさんの「整理」は「気を悪く」してはいませんが、ひどいと思います。 紙の事典と違っていろいろな人が「個人的見解」を書いてこそ、読者がそれらを読んで自分の考えを深めることが出来るのだと思います。これでは無味乾燥な一覧表でしかなく、哲学するための事典ではなくなってしまいました。元に戻してくれませんか。2006年9月29日、

えーと……。少しやりすぎかなとは思いましたし、当該部分を執筆された方の不興を買うであろうことも当然予想していましたが、その一方で自分の編集が間違っているとも考えなかったためにあのような形で手を加えましたので、ちょっと複雑です。ただ、202.248.88.142さんの「「個人的見解」を書いてこそ、読者がそれらを読んで自分の考えを深めることが出来るのだと思います」とのご意見には賛同しかねるものがあります。正確にいうと、それに賛同できるかできないかに関わらず、また「哲学するための事典」であるかないかに関わらず、Wikipediaの公式方針としてそのような考え方は排されているためです(Wikipedia:中立的な観点を参照してください)。したがって、申し訳ありませんが元には戻しかねます。取り繕うわけではありませんが、誤解のないように申し述べておきますと202.248.88.142さんの執筆部分を削除することが私の目的ではありません。上にも書いたとおり、これだけ詳しく書ける人がいることに私は感服しており、(繰り返しになりますが)優劣の評価を下すのではなく、それぞれの特色などを中立的な観点から再度加筆していただければ必ずや「無味乾燥な一覧表」以上のものになると信じていますので、少し表現を改めるなどして書いてほしいのです。私の編集をひどいと感じられたことについてはもっともだと思いますが、上述した私の真意ならびに決して悪意があったわけでも軽い気持ちで行なったわけでもないことをどうかご理解ください。--Darkmagus 2006年9月29日 (金) 16:34 (UTC)

 Darkmagus さんへ  あなたの勧めにしたがって、「中立性」などの項を読みました。  まず分かった事は、このウィキを始めたジミー・ウェールズさんという人は、このような事に財産を投じた人ですから、それなりの見識のある人だとは思いますが、学者ではないということです。経歴からも分かりますが、説明の仕方でそれが分かります。  中立性の項について言うならば、彼は認識論を知らないということです。言っている事は間違っていないと思いますが、説明が拙劣で、理解力のない人が誤解しやすく書いてい ます。  あなたの誤解は次の点にあると思います。  第1に、中立性は「百科事典」「一般用の百科事典」という目的のための手段ないし前提条件であるという点を見落としています。どういう百科事典を作りたいのかをほとんど説明しないウェールズさんの書き方も悪いですが、手段を目的と結び付けないで理解するのは最低だと思います。  第2に、それは3つの条件の1つであり、他の条件である「検証可能性」及び「独自の見解の禁止」と「相補的である」という点を見落としています。この3条件の中で科学的と言えるのは検証可能性だけです。  この事典(およびウィクショナリという国語辞典)はどういう性質のものなのでしょうか。つまり、既成の紙の事典とただ媒体及び書き手が違うだけでいいのでしょうか。  私はそうは思いません。事典とは本来どうあるべきかから根本的に考え直すべきだと思います。その時、フリーのウェブの持っている特長が活かせると思うのです。  具体的に言うならば、これは「正解」を教えるものでなくていいと思います。というより、「正解」は固定したものではなくて歴史的に作られていくのだということです。  実際にはどうなるかと言いますと、或る事柄についてAさんが或る記述をします。それはAさんの「個人的見解」です。この時、「個人的見解を書くのは正しくない」としてBさんが削ったとします。こういう事は沢山行われていますが、私は考え直すべきだと思います。すべては「個人的見解」なのです。  BさんがAさんの「個人的見解」に賛成できないなら、自分の「個人的見解」を「異論」として書き加えればそれで好いと思います。読者は両方の見解を知ることが出来て考えを深めることが出来ます。  ウィクショナリの「逸話」をご覧になると、そのようなやり方で異論が書かれています。これでいいと思います。  つまり、この事典は「読者が自分の考えを深めるのに役立つ事典」であるべきだと思います。そのためには、議論をそのまま載せることがその目的に叶っていると思います。そして、これを可能にするのが紙の事典との最大の違いだと思います。  ついでに言っておきますと、学校教育の間違いも、教師という名の「先生」とやらが「正解」を教えると思い込んでいるところにあると思います。教師の教えている事は8割は間違っています。  いつの時代の知識も後の時代によって乗り越えられます。完全に否定されるものもありますが、多くは完全に否定されるのではなくて、捉え直されるのです。より正しい真理の部分として変形されて包摂されるのです。これが認識の発展です。  ですから、この事典に書く人も自分の「個人的見解」が絶対的真理だなどと思わないで、「1つの見解」として謙虚に提出するべきだと思います。  ウィキでは寄稿者は「精通している人」と「学習しようとしている人」とされています。では、この両者は同じ発言資格(発言権と発言資格とは違います)を持っているのでしょうか。私は違うと思います。「本文」に書く資格を持っているのは「精通しいてる人」だけで、「学習しようとしている人」は疑問などを「ノート」に質問とかの形で書くべきだと思います。これが専門家と素人の関係だと思います。  専門家の考えは全て正しいとは限りませんから、素人が疑問を出したりするのは自由です。これをきちんと聞かない専門家が多いですが、それはもちろん間違いです。  しかし、素人が専門家に質問する時はそれなりの聞き方をするべきだと思います。これが常識だと思います。  サッカーの規則は18則しかないが、そのほかに「書かれていない規則」として「常識」がある、と言われています。ウィキでも同じだと思います。  ウェールズさんもこれを自覚していれば、規律に関する文章も現在のような長ったらしいものにしないで、簡潔に必要最小限度の事をまとめて、後は「常識」にまかせるというやり方をしただろうと思います。  あなたが「百科事典的でない」とした「非学問的」とか「虚名を高めた(これは間違いで、本当は「虚名を博した」と言うべきでした)」とか「死骸をさらす結果に終わっている」とかいった私の表現も、「ノート」でその根拠を質問してくれたらよかったと思います。  当の事柄に精通していないにもかかわらず本文に書き込んだり、精通している人の書いた本文を削除したり書き換えたりした場合には、その人が「虚名を博して」、その後は誰にも相手にされなくなるような常識が、このウィキの運動で確立してほしいと思います。  最後にもう1つ。百科事典に何かを書くというなら、下書きをし推敲して完成したものをコピーするというようにしたらどうですか。パソコンならそれも簡単に出来ると思います。私はそうしています。  私は今回、自分の辞書として「国語辞書・マクシコン」を gooブログの1つとして作りました。私は今後もウィキに協力しますから、原則として、いったんは両方に書きますが、大きな改変をされた場合には、私の原稿部分を削除しようと思います(この「ヘーゲル」についてもそうしました)。小さな改変は放任しようと思います。私の元の考えを知りたい人は「マクシコン」を見てください。  なお、あなたが削った後の記述(今日まで載っていた記述)も「評価」を含んでいます。特に「論理学の研究書」の所などは「偏向」もはなはだしいものです。逆に、あなたが求めているような記述なら、私以上の適任者がいます。本当です。調べてみて下さい。  ウィキの運動が良識あるものに発展していってほしいと思っています。202.248.88.145 2006年10月19日 (木) 04:04 (UTC)山川二郎

国語辞書・マクシコン[編集]

[1] これを外部リンクに加えたいのですがどうでしょうか。風俗王 2007年3月18日 (日) 10:31 (UTC)

[2]にある、『以上を見ると、マルクス主義系の人々の研究だけですが、この事が「ヘーゲルの現実的意味を理解するには弁証法的唯物論の立場に立たなければならない」ということを示しています。』という結論を見ても、このサイトの主張に偏りを感じます。「外部リンクの選択に際しても、ウィキペディアの3大方針である中立的な観点、検証可能性、独自の研究を盛り込まないの指針を適用すること。」(Wikipedia:外部リンクの選び方)から見まして、今回は外部リンク先から除外すべきと思います。--Kanbun 2007年5月29日 (火) 02:20 (UTC)

大幅加筆[編集]

ヘーゲルの生涯と思想を中心に大幅加筆しました。不備もかなり抱えていますので、専門的知識を擁している方に追加の編集と修正を頂きたいと考えています。(2017年4月22日)