ノート:クリプトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地球上に存在する気体のなかで最も少なく

とありますが、キセノンや硫黄を含む分子、宇宙線を取り込んで核種変換した原子の存在などからして、間違いではないでしょうか。imo758 2008年2月17日 (日) 09:10 (UTC)

正しくないでしょうね。大気中の希ガスの濃度だけを考えても、Ar>Ne>He>Kr(1.14ppm)>Xe>Rnという順番になっていますから。無理に表現すれば「大気中に1ppm以上含まれる気体の中では最も濃度が低い」と書けるでしょう。118.6.114.13 2008年2月17日 (日) 10:57 (UTC)

:明らかな間違いでしたので修正しました。--133.12.30.75 2009年2月8日 (日) 07:42 (UTC)

曖昧さ回避について[編集]

現在当ページの冒頭は山手線方式による曖昧さ回避になっておりますが山手線方式はWikipedia‐ノート:曖昧さ回避により廃止になりました。そのため曖昧さ回避部分は分割することにします。一定期間お知らせをした後分割を実施します。-Docondon 2008年10月13日 (月) 07:27 (UTC)

独立した曖昧さ回避ページとすることは妥当だと思いますが、履歴継承を伴う分割でなくても書き下ろせばいいのでは、とも思います。--cpro 2008年10月13日 (月) 08:25 (UTC)

提案者は長期荒らしのブロック逃れまたは模倣としてブロックされました。正常な提案とはいいがたいのですが、独立した曖昧さ回避とすることは必要であると思いますので、あらためて「冒頭曖昧さ回避部分を独立した曖昧さ回避ページとする」ことを提案します。1週間ほど様子を見て、大きな問題がなければ実行したいと思います。--cpro 2008年10月13日 (月) 13:19 (UTC)

反対がありませんでしたので提案の通り実行しました。--cpro 2008年10月28日 (火) 04:14 (UTC)

テンプレートについて[編集]

ほかの希ガス(He、Ne、Ar)にTemplate:元素が使われているのに 、クリプトンから下の希ガスには違うものが使われているのにはなにか意図があるのでしょうか?できるだけ合わせたほうがいいと思うんですが... --yugo(会話/投稿記録) 2011年5月10日 (火) 08:00 (UTC)