ノート:インテル チップセット

ナビゲーションに移動 検索に移動

もしかして、P55 Express チップセットで廃止されたのはサウスブリッジではなく、ノースブリッジではないでしょうか。間違ってたらごめんなさい。--以上の署名の無いコメントは、125.102.173.41会話)さんが 平成22年5月10日 (月) 16:22 (UTC) に投稿したものです(リョリョによる付記)。

Intel 6 Seriesの記事にて[編集]

Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャ世代で使用される。コードネームはCouger Point。 2011年1月31日(現地時間)Intel 6シリーズチップセットのB2ステッピングに設計ミス(SATA2.0の通信品質低下)があると発表された。当該製品の出荷は直ちに停止され、これらのチップセットが組み込まれた製品(PC、マザーボード)については、全数を回収し、正常品と交換する措置がとられた。2月中にも修正したチップセットの提供を開始し、4月には供給を完全に回復させる見込み( 「発表資料1(英語)」「抄訳 1」 「発表資料2(英語)」「抄訳 2」)。
との記述がありますが、現在は既に修正チップセットが普及している段階ですので、更新が必要ではないでしょうか。--リョリョ 2012年2月26日 (日) 08:11 (UTC)

1か月以上更新がありません。当方がウィキペディア初心者であるためと、時間的余裕があまりないため、更新テンプレートを貼らせていただきます。この対応が不適切であるとお考えの方は、こちらにご意見をお願いします。時間が出来れば、私も更新作業に参加しようと思います--リョリョ会話) 2012年4月8日 (日) 15:48 (UTC)

Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャ世代で使用される。開発コードネームはCouger Point。 2011年1月31日(現地時間)Intel 6シリーズチップセットのB2ステッピングに設計ミス(新たに規格採用したSATA3.0ポートの通信品質経時劣化)があると発表された。当該製品の出荷は直ちに停止され、これらのチップセットが組み込まれた製品(PC、マザーボード)については、全数を回収し、正常品と交換する措置がとられた。のちに修正したチップセットが提供された(「発表資料1(英語)」「抄訳 1」 「発表資料2(英語)」「抄訳 2」)。
の記述ですが、不具合は2.0ポートのはずですので旧版から文章持ってきて修正しておきます、もし問題があれば訂正お願いします。
ソース:「■元麻布春男の週刊PCホットライン■ 出荷が再開されたIntel 6チップセット搭載機」--125.30.213.139 2013年10月28日 (月) 08:03 (UTC)