ノート:アンドリュー・タネンバウムとリーヌス・トーヴァルズの議論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

改名移動差戻し[編集]

合意に基づかない 2008年9月3日 (水) 04:12 UTC 付けのアンドリュー・タネンバウムとリーナス・トーバルズの議論への移動を差し戻しました。表記ゆらぎの範囲であり、人名表記としては「リーヌス・トーヴァルズ」の方がむしろ適切でさえあります。--Jms 2008年9月11日 (木) 19:23 (UTC)

でも個人の記事名はリーナス・トーバルズですよね。同一人物なのに記事名で表記ゆらぎが発生しているのはどうした訳でしょう。--Panam 2008年10月15日 (水) 04:41 (UTC)
表記にゆらぎがあるのは、本人が片仮名で自分の名前を表記しないからではないかと思います。記事名を統一的にしたいというのなら、しかるべき提案をして合意の上ですべきでしょう。--Jms 2008年10月16日 (木) 10:00 (UTC)
むしろ、トーヴァルズの方が適切だとおっしゃるのであればリーナス・トーバルズの改名提案を出されてはどうですか。--Panam 2008年10月17日 (金) 15:42 (UTC)
わたくしは表記ゆらぎの範囲だと考えているので、自ら改名提案する必要性を認めません。明らかな間違いならば合意を経ずとも改名できますが、非漢字圏の人名について他記事名が○○だから、というのでは明らかな間違いとはいえませんから、差し戻したまでのことです。--Jms 2008年10月17日 (金) 18:36 (UTC)
「表記ゆらぎの範囲」とお考えになっていて「明らかな間違いとはいえない」のであればなぜ差し戻したのでしょうか。よくわかりませんね。別にどちらでもいいのではないか、とは思いますが、かと言って差し戻すほどのことでもないように見えます。--Panam 2008年10月21日 (火) 02:13 (UTC)
改名提案をへて合意の上で移動すべきケースだと考えひとまず差し戻しました。推奨であって義務ではありませんが、Wikipedia:ページの改名#改名前にすべきことは広く受け入れられていると思います。--Jms 2008年10月21日 (火) 10:31 (UTC)
Wikipedia:記事名の付け方#外来語では「日本語圏においてその表記が一般的であるか」となっていますが、「リーヌス・トーヴァルズ」という表記は一般的なのでしょうか?たとえば、Linuxが商標登録された際の請求人は、「トルヴアルドズ リヌス」となっているのですが、審決の際の文書では「トルヴアルドズ リヌス(リーナス・トーバルズ、Linus Torvalds)氏」と添え書きされており、「リーナス・トーバルズ」は充分一般的な表記であると思います。Google検索結果でも、"リーナス・トーバルズ"で27800件、一方Jmsさんのおっしゃる"リーヌス・トーヴァルズ"では438件です。この件数の開きでは、「リーヌス・トーヴァルズ」はあまり一般的であるとは言えないと思います。--Panam 2008年11月8日 (土) 13:11 (UTC)

(インデント戻します) 序文も含め訳書が二点あり、それぞれ「リーナス・トーバルズ」表記 (ISBN4796880011)、「リーナス・トーヴァルズ」表記 (ISBN4309242456) です。しばしば参照される伽藍とバザールでは「リーヌス・トーヴァルズ」表記です (書籍版未確認)。Google 検索での検索数に大きな開きがあるのは確かですが、まずは紙媒体文献での表記について検討すべきでしょうし、Google の結果を根拠とするとしても適当なフィルタリングが必要かと思います。--Jms 2008年11月8日 (土) 17:46 (UTC)