ノート:ゆたぼん

ナビゲーションに移動 検索に移動

"弁護士の藤吉修崇は、「生き方としては否定しないけど」と前置きした上で、ゆたぼんの父親が彼の子息の不登校を事実上後援し、これは日本国憲法第26条に違反するとして「ゆたぼんの親も逮捕される可能性がある」と指摘している[8][3]。" とあるが、日本国憲法に違反するとして逮捕される可能性がある旨を書くのは誤解を招く. 正確には憲法に基づいた学校教育法第16条に反することを書く方が適切だろう. 記事の保護により編集できなかったので備忘を兼ねてここに記しておく. --Nulldayo会話) 2019年7月19日 (金) 14:03 (UTC) Nulldayo

  • 情報 2019-07-19T14:38:33(UTC)版にて、そらたこさんにより当該部分の修正が行われています(差分)。--郊外生活会話) 2019年7月20日 (土) 01:49 (UTC)

中立的な立場からではない記事に思われます[編集]

フリー百科事典という特徴上、客観的な立場から記事を書く必要がある。

  • 例えば注釈1の学校に行くのは憲法上義務であるというくだりは必要ないと思われるし、記事の売り込みの件は本人の活動情報が少ない当記事において果たして割かなければならない記事なのか再考するべきである。
  • もっとも、ゆたぼんという人物は芸能事務所に所属すらしておらず芸能人でもなくただの一般人なためウィキペディアという百科事典のルール上完全な一般人に対するページを作成すること自体に問題に当たると思うのですがそこのところどうなのでしょうか?--ラピズレリチア会話) 2021年4月17日 (土) 16:04 (UTC)

特筆性に関する疑問[編集]

ラピズレリチア様も言及なさっていますが、チャンネル登録者数10万ちょいのユーチューバーはかなりたくさんいますがこの子をわざわざ記事にする特筆性ってあるんでしょうか?

ネットやテレビで話題になったりもしていますが、号泣会見で連日ワイドショーを賑わした野々村竜太郎元兵庫県議ですら特筆性がないとして削除になっていますしね…

特徴的な生き方をされているとは思いますが、それによって何か特別な功績があったわけでもありませんし、不登校の児童生徒などそれこそ山ほどいるわけですから特筆性については甚だ疑問です。Neruru会話) 2021年4月19日 (月) 07:55 (UTC)

  • そろそろページの消去に対する可否にたいする多数決をとる時期に来ていると思われますがどういたしましょうか?事実本人は自身の動画で自身にたいする中傷的なやりとりで専門家とのやり取りが取りざたされています。--ラピズレリチア会話) 2021年5月9日 (日) 08:35 (UTC)