ノート:きちがい

ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは一度削除されています。削除に関する議論はWikipedia:削除依頼/eonet滋賀県からのB-2案件 20071117をご覧ください。


俺の書いた記事ばかり消される件。[編集]

おかし過ぎます。管理者という立場を利用しての俺に対する嫌がらせとしか言いようが無い行為。全く訳が分かりません。Μ★Μ 2006年9月11日 (月) 19:29 (UTC)

利用者‐会話:Μ★Μ、および要約欄に理由が書かれております。これらを無視しての編集の強行は荒らしとみなされるおそれがあります。もし同様の編集をされたいなら、まず利用者‐会話:Μ★Μで質問にお答えください。しばらく議論に進展がなさそうなら、荒らしとみなし差し戻しをせざるを得ないため、よろしくお願いします。ちなみに差し戻しをした私やCproさんは管理者ではありません。 --Tomika 2006年9月12日 (火) 04:27 (UTC)

「基地外」について追加希望[編集]

テレビなどで「基地の外」を意味する「基地外」について追加をお願いします。--以上の署名の無いコメントは、ドーリノート履歴)さんが 2006年11月3日 (金) 06:14 (UTC) に投稿したものです(Lisa Li Lee (Nightmare)による付記)。

追加希望「電波」[編集]

「電波」も追加してください--以上の署名の無いコメントは、210.146.94.35ノート/Whois IPv4IPv6)さんが 2007年2月17日 (土) 03:27 (UTC) に投稿したものです(Lisa Li Lee (Nightmare)による付記)。

「これは、差別利権発生の黎明期の事案としてよく語られる。」件について[編集]

この行、上で侮蔑用語としておきながら、ある種、言葉狩りの犠牲で「気狂い」という言葉がつかえなくなったという姿勢が見えますが、侮蔑語なのであれば、積極的に使わない方がよいと思われます(もちろん、過去の作品に手を加える、または制作上の意図をゆがめてまで、使用しないというのは行き過ぎですが)。全体的に、「概要」の項目は、「キチガイ」などの使用に寛容な姿勢が見えます。これは、中立的な立場を取るべき百科事典としてはふさわしくないと思われます。--Satore 2008年5月22日 (木) 01:32 (UTC)

文化的側面の欠如[編集]

こんにちは。 狂気のもつ意味については、近代刑法台頭前は、犯罪者の意味では使われませんし、今日的にも、キチガイと犯罪者は、大きく異なります。精神病質もイコールキチガイではなく、より、文化的側面から広義のものを指します。 例えば、狂う、狂おしく、などの表現にあるように、キチガイの意味は、逸脱・否理性にあります。故に、犯罪者云々というのは、科学的根拠がないので、削除すべきです。 --華想い 2010年5月23日 (日) 13:36 (UTC)

そういう用例があるかどうかは知らないので反対はしません。辞書(紙辞書引くの手間なのでYahoo!辞書で勘弁)を参考とする分には、精神状態が常軌を逸している人、もしくは熱狂的なマニアを示す言葉のようですしね。ただ、犯罪者をそう呼称する用例に出典があるようなら、書いてもいいんじゃないでしょうか。
それと、桐原尚之さんに言いたいことですが、ノートで提議した後すぐに記述を除去するのはどうかと。せめてコメントアウトでしょう。桐原尚之さんの見解が否定される可能性だってあるわけだし、結論が出る前の行動は不可解です。まぁ私の個人的な思いだし、大したことでもないので、除去しっぱなしでもいいかもしれませんが。--Mkhcan487(Talk/Contributions) 2010年5月23日 (日) 15:54 (UTC)

Mkhcan487さん お返事ありがとう。編集の説明をします。 ①既に体系化された分野であり結論を待つ必要はないと判断したこと、②合意形成に時間を要するべき重大な修正か大幅な修正ではないこと、③当該削除による編集合戦及び破壊が想定されないことから即決削除とさせていただきました。 >ノートで提議した後すぐに記述を除去するのはどうかと。 確かに、サーバー及び履歴数を理由としたマナーはあると思いますが、事実としましては、①及び③の理由から、とりわけ考慮せずともいいと判断しました。 その他、中立性を欠くとか、著しく不適切であるとか、個別具体的に問題箇所があれば、それを列挙していただくかたちでご指摘をお願いします。 ちなみに、 > ただ、犯罪者をそう呼称する用例に出典があるようなら、書いてもいいんじゃないでしょうか。 についてですが、この場合、あくまで用例ですので、結局は当該箇所に相応しい記述とはいえません。別に「用例」という章を立ててなら、記述があってもいいですが、百科事典の性質になじまないと思います。故に、①及び③の理由は、身勝手であり、今後慎むべきところではございますが、同時に、それなりの信憑性はあると確信しております。 --華想い 2010年6月13日 (日) 23:40 (UTC)