ノースブルック男爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ノースブルック男爵
Coronet of a British Baron.svg
Earl of Cromer COA.svg

紋章記述[注釈 1]

Arms:Quarterly: 1st and 4th, Azure a Fess Or in chief a Bear's Head proper muzzled and ringed of the second differenced by a Portcullis Azure (Baring); 2nd and 3rd, Gules a Cross Paty fitchy Or between three Fish hauriant Argent within an Orle of eight Cross Crosslets of the second (Herring) Crest:A Mullet Erminois two of the points resting on the pinions of a Pair of Wings conjoined and elevated Argent Supporters:On either side a Bear proper muzzled and charged on the shoulder with a Portcullis Or
創設時期1866年1月4日
創設者ヴィクトリア
貴族連合王国貴族
初代初代男爵フランシス・ベアリング
現所有者6代男爵フランシス・ベアリング英語版
相続人なし
推定相続人なし
準男爵位に関しては、ピーター・ベアリング
付随称号(ラークビーアの)準男爵
現況存続
モットーProbitate Et Labore
(By uprightness and toil)

ノースブルック男爵: Baron Northbrook)は、連合王国貴族男爵位。

1866年ベアリング家嫡流フランシス・ベアリングが叙されたのに始まる。1876年に第2代ノースブルック男爵トマスがノースブルック伯爵に叙されているが、トマスの血統は二代しか続かなかったため廃絶している。トマスの弟の家系がノースブルック男爵位を継承して現在に至っている。2015年現在の当主は第6代ノースブルック男爵フランシス英語版である。

歴史[編集]

初代ノースブルック男爵フランシス・ベアリング
初代ノースブルック伯爵トマス・ベアリング

ベアリングス銀行の創設者である初代準男爵サー・フランシス・ベアリング(1740-1810)は、1793年5月29日にグレートブリテン準男爵位「(ラークビーアの)準男爵英語版(Baronet "of Larkbeer")」に叙されている[1][2][3]

その嫡流の孫である第3代準男爵サー・フランシス・ソーンヒル・ベアリング(1796-1866)は、ホイッグ党政権下で財務大臣海軍大臣英語版等を務め、1866年1月4日連合王国貴族爵位「カウンティ・オブ・サウザンプトンにおけるストラットンのノースブルック男爵(Baron Northbrook, of Stratton, in the County of Southampton)」に叙せられた[4][2]

その長男である第2代ノースブルック男爵トマス・ジョージ・ベアリング(1826-1904)は、1872年から1876年にかけてインド総督を務めたが、親インド的統治を行おうとしたためにインド担当大臣第3代ソールズベリー侯爵ロバート・ガスコイン=セシルと対立を深め、辞任に追い込まれた経緯を持つ[5]。しかし帰国後の1876年6月10日に連合王国貴族「カウンティ・オブ・サウザンプトンにおけるノースブルック伯爵(Earl of Northbrook, in the County of Southampton)」および「カウンティ・オブ・ケントにおけるリーのベアリング子爵(Viscount Baring, of Lee, in the County of Kent)」に叙せられている[6]

ノースブルック伯爵位は長男フランシス・ジョージ英語版(1850-1929)に継承されたが、彼には子供がなかったため、1929年の彼の死とともに廃絶した[7]

第4代ノースブルック男爵位と第6代準男爵位は初代ノースブルック男爵の次男フランシス・ヘンリー(1850-1915)の子フランシス・アーサー(1882-1947)によって継承された[8]

彼の死後はその長男フランシス・ジョン(1915-1990)が第5代ノースブルック男爵位と第7代準男爵位を継承[9]

彼の死後はその長男であるフランシス・トマス英語版(1954-)が第6代ノースブルック男爵位と第8代準男爵位を継承して現在に至っている。1999年の貴族院改革で世襲貴族は92議席を残して議席を失ったが、彼は世襲貴族枠で議席を留めている[10][11]

現当主の保有爵位[編集]

現当主である第6代ノースブルック男爵フランシス・ベアリング英語版は、以下の爵位を有する[2]

  • 第6代カウンティ・オブ・サウザンプトンにおけるストラットンのノースブルック男爵(6th Baron Northbrook, of Stratton in the County of Southampton)
    (1866年1月4日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第8代(カウンティ・オブ・デヴォンにおけるラークビーアの)準男爵(8th Baronet, of Larkbeer, in the County of Devon)
    (1793年5月29日の勅許状によるグレートブリテン準男爵位)

一覧[編集]

(ラークビーアの)準男爵(1793年)[編集]

ノースブルック男爵(1866年)[編集]

ノースブルック伯爵(1876年)[編集]

ノースブルック男爵(1866年)[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 紋章中の第1及び第4クォーターリングがベアリング家本来の紋章。第2及び第3クォーターリングは、その祖フランシス・ベアリングの妻ハリエット夫人の実家「ヘリング家」の紋章。ノースブルック男爵家は夫妻の長男の子孫の系統である。

出典[編集]

  1. ^ Lundy, Darryl. “Sir Francis Baring, 1st Bt.” (英語). thepeerage.com. 2015年2月28日閲覧。
  2. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Northbrook, Baron (UK, 1866)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年8月30日閲覧。
  3. ^ "No. 13526". The London Gazette (英語). 7 May 1793. p. 380.
  4. ^ Lundy, Darryl. “Francis Thornhill Baring, 1st Baron Northbrook” (英語). thepeerage.com. 2015年3月1日閲覧。
  5. ^ 浜渦(1999) p.124-126
  6. ^ Lundy, Darryl. “Thomas George Baring, 1st Earl of Northbrook” (英語). thepeerage.com. 2015年3月1日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “Francis George Baring, 2nd Earl of Northbrook” (英語). thepeerage.com. 2015年3月1日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “Francis Arthur Baring, 4th Baron Northbrook” (英語). thepeerage.com. 2015年3月1日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “Francis John Baring, 5th Baron Northbrook” (英語). thepeerage.com. 2015年3月1日閲覧。
  10. ^ Lord Northbrook”. House of Lords. 2015年3月1日閲覧。
  11. ^ Lundy, Darryl. “Francis Thomas Baring, 6th Baron Northbrook” (英語). thepeerage.com. 2015年3月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 浜渦哲雄 『大英帝国インド総督列伝 イギリスはいかにインドを統治したか』中央公論新社、1999年(平成11年)。ISBN 978-4120029370 

関連項目[編集]