ノヴゴロド虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アポリナリー・ヴァスネツォフによる1911年の絵画『街の通り』、オプリーチニキの到着で逃げる人々(ピョートル・チャイコフスキーのオペラ『オプリーチニク』の元となった)。

ノヴゴロド虐殺(ノヴゴロドぎゃくさつ、: Новгородский погром)は、1570年にロシアのノヴゴロド市でツァーリイヴァン4世オプリーチニキによって行われた襲撃。犠牲者の数が非常に多く、極端に暴力的な残虐行為と相まって、この事件はおそらくオプリーチニナの負の遺産の中で最も悪質なものと考えられている。

原因と動機[編集]

パラノイア、権力、オプリーチニナ[編集]

1560年代後半のイヴァン4世は、陰謀と暴力を多用した。イヴァンの精神状態は絶えず悪化し、リヴォニア戦争によって深刻化した。イヴァンのボヤールに対する強い不信感、幼少期から続く気質、彼のパラノイアのコントロールの必要性が相まって、彼は1565年にオプリーチニナを創設した。

オプリーチニキは、本質的にイヴァンの個人的な支配下にある民兵組織であり、(ボヤール)議会の助言なしに、不従順なボヤールの処刑を公的に宣告し、財産を没収する権限を有していた[1]。イヴァンはこの権利を自由に行使し、彼が脅威とみなした全ての人を粛正しようとした。

イズボルスクの反乱[編集]

イズボルスクの反乱のような事態を避けるために、虐殺の1年前である1569年に、ツァーリはノヴゴロドと近隣の町プスコフから数千人を追放した。彼はまた、彼が脅威と思った人々を処刑し始めた。 例えば1568年、モスクワの150人以上のボヤール議員と貴族(場合によってはその家族も共に)は、現実または想像上の陰謀を容疑に殺害された。これらの人々はオプリーチニナに抗議した者だけではなかった。

イズボルスクの損害をめぐる不可解な状況(イヴァンが町を復興させたにもかかわらず)は、モスクワの貴族の不安を高まらせ、イヴァンは反乱が拡大していると確信した。彼は従弟のウラジーミル・アンドレエヴィチとノヴゴロド市を最大の脅威とみなし、強硬な手段に出ることを検討した。

噂と疑惑[編集]

イヴァンは、ウラジーミル・アンドレエヴィチとその家族のほとんどを処刑された直後に、ノヴゴロドにおける反乱と反逆の脅威を主張して攻撃を開始した。おそらく、ノヴゴロドに依然として多くのウラジーミル支持者と庇護者がいたことは偶然ではない[2]

影響[編集]

犠牲者[編集]

イヴァンの恐るべき「復讐」はノヴゴロドをひどく傷つけた。虐殺の死者は不明確である。『ノヴゴロド史第3巻』によると、虐殺は5週間続いた。『プスコフ史第1巻』は、犠牲者の数を6万人としている。しかし、これらの数値は公平な情報源からではなく、議論の余地がある[3]。同時代の西洋の情報源は2,700~27,000人が殺害されたとしている。現代の研究者は犠牲者の数2,500人から12,000人までを推定している。修道院の名簿に関連する情報源では、虐殺の被害者はわずか1,505人だったが、これらはおそらく上流階級の市民であり、それ以外の市民は名簿に載っていなかった。これらの名簿に基づき、ルスラン・スクルィンニコフ英語版は犠牲者の数は2,000~3,000人であると考えている[4]

ノヴゴロドの衰退[編集]

イヴァンによる虐殺だけが要因ではないが、虐殺はかつての大都市ノヴゴロドの「錆びれた地方都市」への衰退に大きく影響した。イヴァンによるノヴゴロドに対する襲撃のように、自らの支配者から攻撃されること、特に生命や財産に対する壊滅的な攻撃は、イヴァン4世と彼の祖父によって行われた以前の攻撃も相まって、更に市民の心理的な抑圧をもたらした。攻撃の後、住民の多くは、モスクワからの迫害を免れるために都市を逃げたか、一部の者はオプリーチニキの出征に伴う高い税金の支払いおよび食糧不足(および貧しい生活条件に付随する疫病)によって、悪化した苦しい状況により死に至った[5]

攻撃の一環として、イヴァンはノヴゴロドに属する耕地のおよそ90%を荒廃させた。これは数年前の農業の失敗と結びつき、食糧不足を引き起こした(リヴォニア戦争における供給問題が存在していた)[6]。 生産能力の大部分が失われ、経済が本質的に荒廃したため、イヴァン3世がロシアで権力を獲得するためにモスクワと戦った都市であるノヴゴロドは、政治的地位を失い、ノヴゴロド公国は紛れもなく過去のものとなった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Skrynnikov, R. G., and Hugh F. Graham. Ivan the Terrible. Gulf Breeze, FL, Academic International, 1981. [p 86]
  2. ^ Skrynnikov and Graham , Ivan the Terrible [p 114-115,] Martin, Janet. Medieval Russia, 980-1584. Cambridge. Cambridge UP, 1995 [p 367]
  3. ^ de Madariaga, Ivan the Terrible, [246].
  4. ^ Skrynnikov, Ivan Grozny, Moscow, AST, (2001), 253-73; [p 462-477]. Madriaga, Ivan the Terrible, [p 249]
  5. ^ Crummey, The Formation of Muscovy, 1304-1613. [p170]
  6. ^ Martin. Medieval Russia, 980-1584. [p 369]