ノヴォクズネツク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯53度45分 東経87度07分 / 北緯53.750度 東経87.117度 / 53.750; 87.117

ノヴォクズネツク
Новокузнецк
ロシアの旗ケメロヴォ州の旗
ノヴォクズネツクのMayakovsky Square
ノヴォクズネツクのMayakovsky Square
ノヴォクズネツクの市旗 ノヴォクズネツクの市章
市旗 市章
位置
ケメロヴォ州の位置 ノヴォクズネツクノヴォクズネツク (ケメロヴォ州)の位置図
ケメロヴォ州の位置
ノヴォクズネツクの位置(ケメロヴォ州内)
ノヴォクズネツク
ノヴォクズネツク
ノヴォクズネツク (ケメロヴォ州)
座標 : 北緯53度45分 東経87度47分 / 北緯53.750度 東経87.783度 / 53.750; 87.783
歴史
発見 1618年
都市の成立 1689年
旧名 クズネツク(1689-1931)
スターリンスク(1932-1961)
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 シベリア連邦管区
  ケメロヴォ州の旗ケメロヴォ州
 市 ノヴォクズネツク
市長 Valery Smolego
人口
人口 2010年現在)
  市域 547,904[1]
  備考 549,870 (2002年調査);[2] 599,947 (1989年調査).[3]
その他
等時帯 KRAT[4] (UTC+7)
夏時間 なし[5]
公式ウェブサイト : http://www.admnkz.ru/

ノヴォクズネツクНовокузнецк発音/nəvəkʊzˈnʲetsk/意味:"new smith's": Novokuznetsk)は、ロシア連邦中部のケメロヴォ州都市人口は547,904人[1]石炭産業が盛ん。ノボクズネツクとも。

歴史[編集]

1618年コサックによってトミ川に面する要塞Кузне́цкий острогKuznetsky ostrog)として建設され、1689年クズネツクКузне́цкKuznetsk)と呼ばれるようになった。1930年代スターリンの施策によって急速に発展し、重要な工業都市となる。

1931年にノヴォクズネツク(新クズネツク)に改称。翌1932年にスターリンに因みスターリンスクСта́линскStalinsk)と改められたが、1961年にノヴォクズネツクに戻された。

1857年に、ここでフョードル・ドストエフスキーが最初の妻マリア・イサエヴァ(Maria Dmitriyevna Isaeva)と結婚している。

姉妹都市[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Russian Federal State Statistics Service (2011年). “Всероссийская перепись населения 2010 года. Том 1” [2010 All-Russian Population Census, vol. 1] (Russian). Всероссийская перепись населения 2010 года (2010 All-Russia Population Census). Federal State Statistics Service. 2012年6月29日閲覧。
  2. ^ Russian Federal State Statistics Service (2004年5月21日). “Численность населения России, субъектов Российской Федерации в составе федеральных округов, районов, городских поселений, сельских населённых пунктов – районных центров и сельских населённых пунктов с населением 3 тысячи и более человек Page white excel.png (XLS)” [Population of Russia, Its Federal Districts, Federal Subjects, Districts, Urban Localities, Rural Localities—Administrative Centers, and Rural Localities with Population of Over 3,000] (Russian). Всероссийская перепись населения 2002 года [All-Russia Population Census of 2002]. 2014年8月9日閲覧。
  3. ^ Demoscope Weekly (1989年). “Всесоюзная перепись населения 1989 г. Численность наличного населения союзных и автономных республик, автономных областей и округов, краёв, областей, районов, городских поселений и сёл-райцентров” [All Union Population Census of 1989: Present Population of Union and Autonomous Republics, Autonomous Oblasts and Okrugs, Krais, Oblasts, Districts, Urban Settlements, and Villages Serving as District Administrative Centers] (Russian). Всесоюзная перепись населения 1989 года [All-Union Population Census of 1989]. Институт демографии Национального исследовательского университета: Высшая школа экономики [Institute of Demography at the National Research University: Higher School of Economics]. 2014年8月9日閲覧。
  4. ^ 2011年3月27日まではUTC+7だったが、それまでの夏時間を通年の標準時とする形で夏時間制が廃止されたためUTC+8となった。2014年10月に再び標準時が変更されたため現在はUTC+7。
  5. ^ 2011年3月27日まではクラスノヤルスク夏時間 (Krasnoyarsk Summer Time、KRAST) があり、 UTC+8 であった。

関連項目[編集]