ノヴィ・グラード (ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノヴィ・グラード
Novi Grad
Novi Grad
Нови Град
位置
サラエヴォ県におけるノヴィ・グラードの位置の位置図
サラエヴォ県におけるノヴィ・グラードの位置
行政
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
 構成体 ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦
  サラエヴォ県
 基礎自治体 ノヴィ・グラード
Damir Hadžić
ボスニア・ヘルツェゴビナ社会民主党
地理
面積  
  基礎自治体 47,98 km2
人口
人口 (2008年 推計現在)
  基礎自治体 123.200人
その他
等時帯 中央ヨーロッパ標準時 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
市外局番 +387 (33)
[1]
公式ウェブサイト : http://www.novigradsarajevo.ba/stream/

ノヴィ・グラードボスニア語:Novi Gradクロアチア語:Novi Gradセルビア語:Нови Град)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ基礎自治体ボスニア・ヘルツェゴビナを構成する2つの構成体のうちボスニア・ヘルツェゴビナ連邦に属し、サラエヴォ県に含まれる。ノヴィ・グラードは、スタリ・グラードノヴォ・サラエヴォツェンタルとともに4つの自治体で合同でサラエヴォを構成している。

歴史[編集]

1970年代、サラエヴォは経済的・文化的に大きな発展を遂げ、人口や産業規模も拡大し、市域も広がった。ノヴィ・グラードはこの期間の急激な拡大の産物であり、その間にかつては原野であったこの地域には共産主義による都市開発の中心として姿を変え、多くの住居用ビルディングが立ち並ぶようになった。このときにノヴィ・グラードは公式に自治体として発足した。発足時には、ノヴィ・グラードには60,000人の人口と18の街区があった。

1991年国勢調査によると、ノヴィ・グラード自治体には136,746人の人口があった。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争によって多くの人々が町を脱出するか死亡するなどして人口は減少した。ノヴィ・グラードの領域の一部は、セルビア人勢力によるサラエヴォ包囲のさなかに、セルビア人勢力の占領下におかれた。町には丘の上から迫撃砲による攻撃を受けた。ノヴィ・グラードにある33,517の住居用建物のうち、92%は紛争による損害を受けている。

ノヴィ・グラードはその後、急速に再興をとげた。多くの銃弾の痕跡や砲撃の跡は残っているものの、主な建物は問題なく使用できる状態にある。現代のサラエヴォの多くの場所と同様に、ノヴィ・グラードでもまた新しい開発が始まっている。その中には、ボスマル・シティ・センター(Bosmal City Center)なども含まれる。

人口動態[編集]

1971年[編集]

合計 - 111,811人

1991年[編集]

合計 - 136,616人

2002年[編集]

2002年の推計によると、ノヴィ・グラードの人口は合計で122,636人であり、うち88%はボシュニャク人(ムスリム人)、8%はセルビア人、4%はクロアチア人となっている。

2005年[編集]

2005年の推計によると、人口の86%はボシュニャク人である。

参考文献[編集]

  1. ^ Estimation total number of present population by age, sex and cantons and municipality, 30 June 2007”. Federal Office of Statistics, Federation of Bosnia and Herzegovina. 2008年4月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]