ノルダヴィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノルダヴィア
Нордавиа
Smartavia.png
IATA
5N
ICAO
AUL
コールサイン
ARCHANGELSK AIR
設立 2004年
ハブ空港 Talagi Airport
焦点空港 アルハンゲリスク
親会社 ノリリスク・ニッケル
保有機材数 15機
就航地 19都市
本拠地 ロシア連邦アルハンゲリスク
代表者 オレグ・ウスマノフ(社長)
外部リンク http://www.nordavia.ru/
テンプレートを表示

ノルダヴィアロシア語: Нордавиа)は、ロシアアルハンゲリスクに本社を置く航空会社

概要[編集]

前身は、1963年に発足したアエロフロート・ソ連航空のアルハンゲリスク航空総局であった。1991年のソ連崩壊に伴う旧アエロフロート解体によって独立し、AVL Arkhangelsk Airlinesとして運航を開始した。2004年に、アエロフロート・ロシア航空が株式の51%を取得して子会社化した。そして社名をアエロフロート・ノルドロシア語: Аэрофлот-Норд)に変更し、アエロフロートの第2の地域航空会社となった。しかし2008年9月にアエロフロート・ノルドの運航するアエロフロート821便墜落事故が起きたことで、アエロフロートが方針転換し2009年12月よりノルダヴィアと改称した[1]。2011年3月、ノリリスク・ニッケルへと売却された。

2019年に、ノルダヴィアから「スマータヴィア(Smartavia)」にブランドを変更した。これは当初2017年にレッドウィングス航空と合併予定だったが、2019年の3月に合併が中止となり、ブランドのみを変更したため。[要出典]

就航都市[編集]

Amderma-2, アナパ, アルハンゲリスク, アストラハン, エカテリンブルク, コトラス, クラスノダール, Leshukonskoe, モスクワシェレメーチエヴォ国際空港), ムルマンスク, ナリヤン・マル, ノヴォシビルスク, ペルミ, サンクトペテルブルク, ソロフキ, スィクティフカル, トロムソ, ウシンスク, チェリャビンスク

保有機材[編集]

アエロフロート・ノルドのボーイング737-500型機

保有する機体は、ロシアの多くの航空会社と同様に旧ソ連製の旧型機が多かったが、中距離旅客機をTu-154型機からボーイング737型機に更新した。これは親会社のアエロフロートがエアバスA320型機を導入しているのとは異なっている。

なお、2019年3月現在のスマータヴィアの保有機材は以下の通りである[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]