ノルウェー連続テロ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ノルウェー連続テロ事件
ノルウェー連続テロ事件の位置(ブスケルー県内)
オスロ
オスロ
ウトヤ島
ウトヤ島
ノルウェー連続テロ事件 (ブスケルー県)
テロの現場となったオスロブスケルー県
場所  ノルウェー
オスロウトヤ島
座標 北緯59度54分54秒 東経10度44分48秒 / 北緯59.9149776度 東経10.746544度 / 59.9149776; 10.746544 (ノルウェー連続テロ事件)座標: 北緯59度54分54秒 東経10度44分48秒 / 北緯59.9149776度 東経10.746544度 / 59.9149776; 10.746544 (ノルウェー連続テロ事件)
日付 2011年7月22日 (2011-07-22) (CEST)
標的 ノルウェー政治指導部(オスロ)
ノルウェー労働党青年部(ウトヤ島)
攻撃手段 爆破、銃乱射
武器 ライフル銃(ミニ14)
拳銃 (グロック34)
爆発物
死亡者 77人[1]
負傷者 319人
容疑者 アンネシュ・ベーリング・ブレイビク
テンプレートを表示

ノルウェー連続テロ事件(ノルウェーれんぞくテロじけん)は、2011年7月22日に白人の極右の男がノルウェーの首都オスロにある政府中枢部、首相執務室も含む庁舎群で爆破テロを行い、庁舎を破壊し8名を殺害し、続いてウトヤ島で労働党の青年69人を銃で殺害した連続テロ事件である。

概要[編集]

2011年7月22日、オスロにおいて行政機関の庁舎 (Regjeringskvartaletが爆破され、続いてウトヤ島で銃乱射事件が発生した[2]

庁舎爆破事件により8人、銃乱射事件により69人がそれぞれ死亡しており[2]、両事件で77人が死亡し、319人が負傷した[3][4]。ノルウェー国内において第二次世界大戦以降の最悪の惨事とされている[5]

実行犯は、ノルウェー防衛同盟英語版に一時所属し重要な役割を担っており、イングランド防衛同盟の関係者と面会するなど、国内外の極右組織と関係があり、同人がノルウェー内外の極右運動と接点を有していたことから、極右運動によるテロとされている[6][7]。ウトヤ島銃乱射事件での死者には王太子妃の義兄が含まれていた[8]

事件の経過[編集]

準備[編集]

2009年秋にブレイビクは爆弾製造のための爆薬や化学肥料の入手を目的として、詐欺などの違法な会社運営により入手した資金から鉱山会社と農場を購入し、ノルウェーのネオナチサイトから自動車爆弾の製造方法をやりとりするなどして[9]、2011年5月に爆弾の材料として購入した6トンの肥料から、80日間をかけてアンホ爆薬を使用した爆弾を製造した。

ブレイビクはオスロ庁舎に続く第二の標的として、記者会見場やノルウェー労働党の本部を考えていたが、爆弾を1発までしか製造できないことに気付き、7月22日にグロ・ハーレム・ブルントラント前首相がウトヤ島に訪問予定であったため、2番目の標的として銃撃の準備を進めた[10]

ノルウェーでは余暇に行う狩猟や射撃のために銃を所持することは認められており、ブレイビクも認可のもと、拳銃と自動式ライフル銃を所持していた[11]

ブレイビクは2011年7月17日にTwitterに犯行決意を書き込み、2011年7月22日の犯行直前に1514ページの文書をウェブに公開した。自らテンプル騎士団を自称し、殉死作戦を書き連ねた[12]

庁舎爆破[編集]

破壊された庁舎。
クローズアップ写真。

2011年7月22日午後3時半頃、首都オスロの中心部にある17階建ての首相府および法務・警察省庁舎付近でブレイビクが仕掛けた爆弾が爆発した[13]。建物最上階には首相府があったが、ストルテンベルグ首相は執務室におらず自宅にいたため[14]、無事だった[13]。このほか石油・エネルギー省および貿易・産業省庁舎で火災が発生するなど[15]、付近の建物が被害を受けた[16]

現場はノルウェーの行政機関の庁舎が建ち並ぶエリアであり、主要紙ヴェルデンス・ガング本社の近くでもあった[17]

爆発が起こったのは金曜日の午後であったが、バカンスシーズンであったため、被害にあった建物への出勤者は少なかった[18]

事件直後に警察によって付近の道路が全て封鎖されたほか[19]、市民に対しオスロ中心部からの避難を指示した[20]

ブレイビクが仕掛けた爆弾は車爆弾であるとみられ[21]、爆弾の重さは約950キロと推定されている[22]。なお、爆破は複数回起きたと報じられていた[17]

ウトヤ島銃乱射[編集]

オスロ近郊にあるウトヤ島ではノルウェー労働党青年部の集会が行われ、10代の青年約700人が参加していた[23]

ブレイビクが警察官になりすますためにウトヤ島で実際に身につけていた偽造の警察身分証。逮捕後に警察が押収した実物。

政府庁舎爆破事件直後にブレイビクはタクシーでウトヤ島の近くまで行き、警察官の制服に着替えて警察官になりすまし、午後5時頃より銃を乱射した[24]

ブレイビクは確実に殺せるよう各人に2発ずつ撃ち込んで殺していった[25]。島にいた青年たちの中には乱射から逃れるために島から泳いで脱出する者もいた[26]。またウトヤ島で亡くなった69人の死因のうち、2人は銃撃を受けておらず、溺死によるものであった[27]

翌23日には同党党首であり、かつて同青年部の代表を務めたこともあるストルテンベルグ首相が現地入りすることが予定されていた[16]。また殺害対象としていたグロ・ハーレム・ブルントラント前首相は乱射開始時には既にウトヤ島を去っていた[28]

銃乱射事件の直後にブレイビクが逮捕された。ブレイビクは、オスロ市内中心部を爆撃した後に誰にも止められることなく、69人を殺害した島に到着できたことに驚いており、その間に射殺されると思っていたと弁護士に語った[29]

事件直後の誤った憶測[編集]

事件直後は、ノルウェーの政治中枢がテロの標的となった要因について、当初、犯人のブレイビクと同様の右翼的な考え、つまり文化圏の異なる人々を悪者と決めつけ妄想をたくましくする下記のような言説が流布した。

なお事件直後にイスラム過激派のウェブサイト上にて事件への関与をほのめかすメッセージが公開されたが、直後に関与を否定している[30]

極右ネットワーク[編集]

ノルウェーの調査隊にとって最も重要な疑問は、ブレイビクに共犯者がいたかどうかであった。 現在テロ事件の運用計画または実行に関してブレイビクが支援を受けていたという証拠は見つかっていない上に、調査員はマニフェストに記載されているテンプル騎士団という組織がブレイビクの妄想ではないという根拠がないと述べているが、事件に至るまでの数年間、ブレイビクは彼の反イスラム主義の考えを共有する人々やグループとのコミュニケーションや同様の過激な政治的見解を持つ有罪判決を受けたテロリストと関係を持っていた[6]

警察はブレイビクの部屋から2つのパスポートを回収し、トルコ(1998年)、リトアニア(2002年4月)、コートジボワール(2002年4月)、マルタ(2004年4月)、エストニア(2004年4月)、クロアチア(2004年8月)、中国(2005年7月)、リトアニア(旅行日は不明)に渡航していたことが分かった[31]。ノルウェーの警察は、ブレイビクと海外の不審人物との大規模な金銭取引があったことも確認している[32]

ブレイビクはマニフェストで、2002年にリベリアの「セルビアの戦争の英雄」のもとを訪れた後、その年の後半にロンドンで行われたとされるテンプル騎士団の会合に出席したと主張している。 ノルウェーの警察は、ブレイビクが2002年4月にリベリアで約1週間過ごしたことを確認した[33]。ブレイビクが誰に会ったかは不明であるが、ミロラド・ウレメク英語版ではないかと憶測されている[34][35]

2009年にブレイビクが爆弾材料の肥料を手に入れるために購入した農場に2人のスウェーデン人がFacebookに会社を雇用主として登録していた。2人が実在の人物なのかは明らかになっていないが[36]Facebookにセルビアの準軍事組織のリーダーであるジェリコ・ラジュナトヴィッチに加えて、第二次世界大戦の戦犯やファシストへのリンクを持っていた[37]

2009年、ブレイビクはFacebookでイングランド防衛同盟(EDL)のメンバーとも連携を取っていた。ブレイビクは2010年にニューカッスルとウェストロンドンで行われたEDLの活動に参加したと言われている[38]

ブレイビクが、Vjateslav Datsik英語版を含むロシアのネオナチグループスラブ連合英語版の代表と会ったという噂もあるが[39]、この噂は、スラブ連合の元指導者であるDmitrij Demusjkinにしか確認されていない[40]

ブレイビクはまた、イスラムテロの脅威と戦うために特別作戦部隊で構成されたorder777と呼ばれる組織と関係があるとされている。この組織の重要人物には元ネオナチで有罪判決を受けたドイツ出身のテロリストのNick Greger、元ロイヤリストの準軍組織の戦闘員であり、北アイルランド出身の有罪判決を受けたテロリストのJohnny Adair 英語版イングランド防衛同盟の最初の創設者の1人として知られるイギリスのPaul Rayがいる[41]。テンプル騎士団の図像と反ジハードのレトリックの使用に関して、order777とブレイビクの間には著しい類似点があった。さらに、セルビアの司令官ミロラド・ウレメク英語版は、オーダー777がYouTubeに投稿したいくつかの動画に登場している[42]

一方で、Paul Rayはブレイビクから明確に距離を置いている。彼は当初、マニフェストに記されたブレイビクの「mentor」であり、テンプル騎士団の創設メンバーであるとメディアから非難されていた[43]。Paul Rayは、ブレイビクが単に自分の考えをコピーしただけだと主張している[44]

ブレイビクは、webサイトで活動している反イスラム作家と関係があるとされ[45]、重要人物として、フィヨルドマン英語版が挙げられている。ブレイビクは、フィヨルドマンのエッセイをフィヨルドマンのマニファストにコピーし、ブレイビクを知的インスピレーションの主な源として言及している。フィヨルドマンは警察によって徹底的に調査されたが、フィヨルドマンがブレイビクのテロ計画について知っていたという証拠はなかった。フィヨルドマンは、ノルウェーのフォーラムDocument.no英語版でブレイビクに会い、後でいくつかの電子メールを交換していた[46]

このように、ブレイビクは多くヨーロッパ諸国の極右運動を範としていたが、その反応は直接的関与があったにも関わらずそれを積極的に否定するなど一様にブレイビクに「冷淡」であった[47]

容疑者の起訴と裁判[編集]

ノルウェーの検察当局は、7月23日、反テロ法違反および計画殺人の罪でブレイビクを起訴した[48]。7月25日、勾留延長について尋問するためオスロ地方裁判所に出廷[49]。ノルウェーでは国民の知る権利のため原則裁判の審理は全て公開されるが、ブレイビクにより法廷で思想宣伝されるのではないかと市民から懸念が大きいこともあり審理は非公開になった[49]。また、慣例である審理冒頭に行われるメディアによるブレイビク本人へのインタビューも行われなかった[49]。ブレイビクは公開審理を要求していた[50]

ブレイビクは「イスラムによる乗っ取りから西欧を守るため」を動機として「反多文化主義革命」に火をつけることをあげ、「非道ではあるが必要なことだった」と主張して[51]無罪を主張した。また自分の組織にはあと2つの細胞があると共犯者の存在を示唆した[52]。審理は約40分続き、警察が求めていた8週間の勾留延長の許可を認めた[53]。8月13日にはウトヤ島にて現場検証が行われ、ブレイビクが犯行を再現している[1]

11月14日の審理でブレイビクは犯行を認めたものの、有罪にはならないと主張[54]。11月29日にはブレイビクが統合失調症である鑑定結果が裁判所に提出され、裁判は行われない可能性が高まった。鑑定は2人の精神科医が、のべ36時間にわたり容疑者と面会を行い、容疑者は犯行時も現在も妄想の世界で生きていると判断され、責任能力がないと結論づけられた。この鑑定によってブレイビクが収監されず、精神病院で治療されるにとどまる可能性が大きくなったこと[55]を受け被害者の遺族が反発し、2012年1月に裁判所は再鑑定を命じた。鑑定が続く中、ブレイビクは3月7日にテロ及び殺人容疑で起訴され、4月16日に公判が開始されることとなった[56][57]。公判ではブレイビクの精神状態が最大の争点となり、検察側はブレイビクを精神病療養施設へ強制収容するよう主張したが、ブレイビクは精神病ではないと主張し続けた。2012年8月23日、オスロ司法裁判所は禁錮最低10年、最長21年の判決を言い渡した[58]。なお、禁錮刑が終わった後も被告の社会復帰が危険とみなされれば、刑期を無期限に延長することが可能である[59]

2022年、刑期が10年過ぎたことからノルウェーの法律に基づき仮釈放の申請が可能となった。同年1月18日からブレイビクを法廷に招いて審理が行われた[60]。ノルウェーの裁判所は2月1日に受刑者の仮釈放申請を却下した[61]

警察への批判[編集]

ノルウェーの地元警察はウトヤ島での事件の通報後、現地到着に約1時間を要したことについて批判を浴びた[50]。警察はこのことについて準備する間がなかったとしている[62]。そしてオスロ警察のSWATの出動要請をし、それを待っていた事や当時島の状況を把握できなかったと述べた[62]。一方、オスロ警察は近郊の他町からもってきたボートで島に上陸しブレイビクを逮捕した[62]。移送に合うボートがなかなか見つからなかったり上陸に使用したボートは小さくて装備も人も多かったため定員超過していたがそのまま使用、状態もよくなかった[62]。このほか、特殊部隊移送には警察ヘリが適しているがそのヘリには飛行時間の制限がありその1機しか所有していなかった[62]NRKテレビは警察到着までに自社ヘリが島上空におり、逮捕前のブレイビクを撮影している[62]。警察の初動が迅速であれば結果が変わったのではないかとする報道についてノルウェーの警察幹部は、「公平ではない」とした。初動に問題が無かったか調査するとしたものの、初動は満足しているとした[62]

裁判と並行して独立検証委員会による事件調査が行われ、2012年8月には事件の防止は可能であったと報告した。警察の対応を批判し、これを受け警察トップが辞任する事態に発展した[12]

人々の反応[編集]

2011年7月26日夕方、オスロにて事件の追悼集会が開かれた。参加者は少なくとも10万人。ノルウェーのイェンス・ストルテンベルグ首相やホーコン王太子も参加した[63]

テロ事件発生により、ノルウェー・クローネUSドルに対して下落した[64]。また、リスク分散のため金先物市場で金が買われた[65]

国際社会の声明[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “ノルウェー連続テロで現場検証 容疑者が犯行再現”. CNN. (2011年8月15日). http://www.cnn.co.jp/world/30003685.html 2011年8月20日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ a b “ノルウェー虐殺の島で遺族ら追悼 連続テロ後初めて訪問”. 47NEWS. 共同通信. (2011年8月19日). オリジナルの2013年6月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130622115514/http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011081901001032.html 2011年8月20日閲覧。 
  3. ^ “死者は77人に”. MSN産経ニュース. 共同通信. (2011年7月30日). オリジナルの2012年3月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120308085938/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110730/erp11073008280001-n1.htm 2012年1月29日閲覧。 
  4. ^ Netflix to make film about Norwegian terrorist Breivik”. DW.com. 2022年7月16日閲覧。
  5. ^ 木村正人 (2011年7月23日). “「平和の国」で起きた大量殺戮”. MSN産経ニュース: p. 1. オリジナルの2011年9月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110903055513/https://sankei.jp.msn.com/world/news/110723/erp11072323500024-n1.htm 2012年1月29日閲覧。 
  6. ^ a b Jacob Aasland Ravndal (3 2012). “A Pre-Trial Profile of Anders Behring Breivik” (英語). CTC Sentinel (Combating Terrorism Center) 5 (3): 6-10. https://ctc.usma.edu/a-pre-trial-profile-of-anders-behring-breivik/ 2022年6月12日閲覧。. 
  7. ^ U.S. Department of state, Country Reports on Terrorism 2011, July 2012[要文献特定詳細情報]
  8. ^ Ward, Victoria (2011年7月25日). “Norway shooting: stepbrother of Crown Princess among those killed by Anders Breivik” (英語). デイリー・テレグラフ. https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/norway/8660863/Norway-shooting-stepbrother-of-Crown-Princess-among-those-killed-by-Anders-Breivik.html 2022年6月12日閲覧。 
  9. ^ “ノルウェー連続テロ 容疑者、ネットで爆弾製造告白”. 日本経済新聞. 共同通信. (2011年7月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM24016_U1A720C1FF8000/ 2022年6月12日閲覧。 
  10. ^ Jacob Aasland Ravndal (10 2012). “A Post-Trial Profile of Anders Behring Breivik” (英語). CTC Sentinel (Combating Terrorism Center) 5 (10): 16-20. https://ctc.usma.edu/a-post-trial-profile-of-anders-behring-breivik/ 2022年6月11日閲覧。. 
  11. ^ 木村正人 (2011年7月25日). “「爆弾作りに80日間」1500ページの犯行計画書 2009年から計画か”. MSN産経ニュース. オリジナルの2012年1月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120119201547/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110725/erp11072500210001-n1.htm 2022年6月12日閲覧。 
  12. ^ a b “ノルウェー連続テロ”. 時事通信. (2012年8月24日). http://www.jiji.com/jc/c?g=tha_30&k=2012082400807 2012年8月24日閲覧。 [リンク切れ]
  13. ^ a b 大内佐紀 (2011年7月23日). “ノルウェー首相府に爆弾テロ、17人死傷”. 読売新聞. オリジナルの2011年7月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110725051417/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110722-OYT1T01126.htm 2011年7月23日閲覧。 
  14. ^ “オスロで爆弾テロ、銃乱射も 死傷者多数”. 日テレNEWS24. (2011年7月23日). https://news.ntv.co.jp/category/international/187127 2022年6月12日閲覧。 
  15. ^ a b 木村正人 (2011年7月23日). “オスロで爆弾テロ 2人死亡 首相官邸など政府関連施設に被害”. MSN産経ニュース. AP通信. オリジナルの2011年12月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111201170220/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110722/erp11072223120007-n1.htm 2011年7月23日閲覧。 
  16. ^ a b Stigset, Marianne; Kremer, Josiane; Treloar, Stephen (2011年7月23日). “ノルウェー:オスロで爆弾が爆発、7人死亡-発砲事件も発生”. Bloomberg News. https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2011-07-22/LOQNJ16KLVRB01 2022年6月12日閲覧。 
  17. ^ a b c d “ノルウェー:オスロで爆弾テロ 首相府近く 2人死亡、十数人負傷”. 毎日新聞. (2011年7月23日). http://mainichi.jp/select/world/news/20110723ddm001030007000c.html 2011年7月23日閲覧。 [リンク切れ]
  18. ^ “ノルウェー連続テロ:乱射死者は87人 容疑者を逮捕”. 毎日新聞. (2011年7月23日). http://mainichi.jp/select/today/news/20110723k0000e030038000c.html 2011年7月23日閲覧。 [リンク切れ]
  19. ^ a b c “首都で爆弾テロ=少なくとも死者2人、負傷者8人―首相府にも被害”. 朝日新聞. (2011年7月23日). http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201107220158.html 2011年7月23日閲覧。 [リンク切れ]
  20. ^ “オスロ爆弾テロ:市民らに避難指示 警察当局、中心部から”. 毎日新聞. (2011年7月23日). http://mainichi.jp/select/world/news/20110723k0000m030162000c.html 2011年7月23日閲覧。 [リンク切れ]
  21. ^ “ノルウェー中枢に爆弾テロ 2人死亡、15人負傷”. 47NEWS. 共同通信. (2011年7月23日). オリジナルの2013年6月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130622131459/http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011072201000952.html 2011年7月23日閲覧。 
  22. ^ 伊東和貴 (2011年8月18日). “ノルウェー連続テロ 容疑者、より大型爆弾も用意と報道”. 朝日新聞. ノルウェー放送協会. オリジナルの2011年8月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110821220711/http://www.asahi.com/international/update/0818/TKY201108180370.html 2012年1月29日閲覧。 
  23. ^ “ノルウェー乱射80人死亡、極右と関係?男逮捕”. 読売新聞. (2011年7月23日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110723-OYT1T00268.htm 2011年7月23日閲覧。 [リンク切れ]
  24. ^ “警官姿の男、整列させ乱射…700人悲鳴”. 読売新聞. (2011年7月23日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110723-OYT1T00390.htm 2011年7月23日閲覧。 [リンク切れ]
  25. ^ “確実に殺せるよう2発 「警官だ。助かったと思ったのに…」”. MSN産経ニュース. 共同通信. (2011年7月23日). オリジナルの2012年4月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120418194048/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110723/erp11072317020016-n1.htm 2012年1月29日閲覧。 
  26. ^ “ノルウェー、与党集会でも銃乱射 80人以上死亡”. 朝日新聞. (2011年7月23日). オリジナルの2012年6月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120619062132/http://www.asahi.com/international/update/0723/TKY201107230161.html 2011年7月23日閲覧。 
  27. ^ Gibbs, Walter (2012年3月7日). “Norway mass killer charged with terrorism” (英語). ロイター通信. https://jp.reuters.com/article/cnews-us-norway-attacks-idCATRE8260MZ20120307 2022年6月11日閲覧。 
  28. ^ “銃乱射事件容疑者、元首相の殺害を計画 ノルウェー”. 日本経済新聞. 共同通信. (2011年7月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2503Z_V20C11A7FF1000/ 2022年6月11日閲覧。 
  29. ^ Townsend, Mark; Pidd, Helen (2011年7月27日). “Anders Behring Breivik: 'I'm surprised I wasn't stopped'” (英語). ガーディアン. https://www.theguardian.com/world/2011/jul/26/norway-killer-breivik-surprised-stopped 2022年6月11日閲覧。 
  30. ^ “ノルウェーテロ:イスラム系サイトに一時犯行声明文書”. 毎日新聞. (2011年7月23日). http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20110723k0000e030015000c.html 2011年7月23日閲覧。 [リンク切れ]
  31. ^ Sindre Granly Meldalen; Line Brustad; Torgeir P. Krokfjord; Espen Sandli; Arnhild Aass Kristiansen (2012年2月3日). Passet avslørte Breiviks verdensturne (ノルウェー語). Dagbladet. https://www.dagbladet.no/nyheter/passet-avslorte-breiviks-verdensturne/63364096 2022年6月12日閲覧。 
  32. ^ Sindre Granly Meldalen; Torgeir P. Krokfjord; Hans-Martin Thømt Ruud; Espen Sandli (2012年3月2日). “Grillet Breivik om mystiske dollar” (ノルウェー語). Dagbladet. https://www.dagbladet.no/nyheter/grillet-breivik-om-mystiske-dollar/63389435 2022年6月12日閲覧。 
  33. ^ Politiet har fått bekreftet Breiviks Liberia-tur (ノルウェー語). Fædrelandsvennen. Norsk Telegrambyrå. (2011年12月24日). https://www.fvn.no/norgeogverden/i/8z5Or/politiet-har-faatt-bekreftet-breiviks-liberia-tur 2022年6月12日閲覧。 
  34. ^ Etterforsker Breivik-spor til serbisk kommandør (ノルウェー語). NRK Nyheter. (2012年2月5日). https://www.nrk.no/norge/kan-ha-mott-serbisk-kommandor-1.7982974 2022年6月12日閲覧。 
  35. ^ Jovanovic, Igor (2011年9月26日). “More Red Beret arrests in Serbia” (英語). Southeast European Times. オリジナルの2013年6月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130602025037/http://setimes.com/cocoon/setimes/xhtml/en_GB/features/setimes/features/2011/09/26/feature-01 2022年6月12日閲覧。 
  36. ^ Sande, Egil (2011年7月30日). “Svensk politi jakter mystiske «Breivik-ansatte»” (ノルウェー語). Nettavisen. https://www.nettavisen.no/artikkel/svensk-politi-jakter-mystiske-breivik-ansatte/s/12-95-3199990 2022年6月13日閲覧。 
  37. ^ Skjærstad, Bent (2011年7月29日). “Mystiske svensker kobles til Breivik” (ノルウェー語). TV2.no. https://www.tv2.no/a/13118373/ 2022年6月13日閲覧。 
  38. ^ Parry, Ryan (2011年7月25日). “Norway massacre: Anders Behring Breivik plotted killing spree for nine years” (英語). デイリー・ミラー. https://www.mirror.co.uk/news/uk-news/norway-massacre-anders-behring-breivik-143826 2022年6月13日閲覧。 
  39. ^ Brandeggen, Torbjørn (2011年8月3日). Breivik skal ha møtt Datsik (ノルウェー語). TV2.no. https://www.tv2.no/a/13121668/ 2022年6月13日閲覧。 
  40. ^ Pimonov, Vladimir (2011年8月3日). “Breivik i kontakt med russiske nazister” (デンマーク語). Ekstra Bladet. https://ekstrabladet.dk/krimi/article4086578.ece 2022年6月13日閲覧。 
  41. ^ About Us” (英語). The Order 777. 2013年6月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年6月11日閲覧。
  42. ^ Order 777. Order 777: A Introduction [sic]. https://www.youtube.com/watch?v=GY9Dzoqk-ww [リンク切れ]
  43. ^ Armstrong, Jamie (2011年7月26日). “I'm Not Anders Breivik's British Mentor” (英語). VICE. https://www.vice.com/en/article/bna4bv/the-ancient-order-of-the-templar-knights-anders-breivik-paul-ray-edl-british-mentor-lionheart 2022年6月13日閲覧。 
  44. ^ Gardham, Duncan; Orr, James (2011年7月29日). “Oslo attacks: EDL member Paul Ray admits he may have been Anders Breivik's inspiration” (英語). デイリー・テレグラフ. https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/norway/8669670/Oslo-attacks-EDL-member-Paul-Ray-admits-he-may-have-been-Anders-Breiviks-inspiration.html 2022年6月13日閲覧。 
  45. ^ http://www.gatesofvienna.blogspot.com and http://www.brusselsjournal.com.[要文献特定詳細情報]
  46. ^ Hans Henrik Torgersen; Marianne Vikås; Jarle Grivi Brenna; Fridtjof Nygaard; Morten S. Hopperstad (2011年12月30日). “Slik var kontakten mellom «Fjordman» og Breivik” (ノルウェー語). VG Nett. https://www.vg.no/nyheter/innenriks/i/xK47j/slik-var-kontakten-mellom-fjordman-og-breivik 2022年6月13日閲覧。 
  47. ^ 渡邊啓貴 (2011年9月27日). “「移民後進国」で起きたノルウェー連続テロ事件”. フォーサイト. https://www.fsight.jp/10822 2022年6月12日閲覧。 
  48. ^ “ノルウェー爆破・乱射事件、ブレイビク容疑者を起訴”. ロイター通信. (2012年3月8日). https://www.reuters.com/article/tk0751584-norway-breivik-idJPTYE82701C20120308 2022年6月11日閲覧。 
  49. ^ a b c “ノルウェーテロ:尋問は非公開に”. 毎日新聞. (2011年7月26日). http://mainichi.jp/select/world/news/20110726k0000m030107000c.html [リンク切れ]
  50. ^ a b “ノルウェー連続テロ、容疑者が審理公開を要求”. 読売新聞. (2011年7月25日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110725-OYT1T00384.htm 2011年7月27日閲覧。 [リンク切れ]
  51. ^ Mohammed Abbas (2011年7月25日). “焦点:ノルウェーの悲劇、欧州が抱える移民問題の難しさ露呈”. ロイター通信. https://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22351920110725 2022年6月11日閲覧。 
  52. ^ “「イスラムから守るため」ノルウェーテロ容疑者無罪主張”. 朝日新聞. (2011年7月26日). オリジナルの2011年7月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110731161643/https://www.asahi.com/international/update/0726/TKY201107250888.html 2022年6月11日閲覧。 
  53. ^ 佐藤貴生 (2011年7月26日). “共犯者の存在示唆、犠牲者数を下方修正 初審理40分”. MSN産経ニュース. オリジナルの2012年1月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120101074119/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110726/erp11072608280002-n1.htm 2011年7月27日閲覧。 
  54. ^ 林路郎 (2011年11月16日). “ノルウェー連続テロ容疑者、12週間の拘置延長”. 読売新聞. オリジナルの2011年11月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111120101048/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111115-OYT1T00888.htm 2011年11月29日閲覧。 
  55. ^ 大内佐紀 (2011年11月29日). “ノルウェー77人殺害男、精神障害の鑑定結果”. 読売新聞. オリジナルの2011年12月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111201181140/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111129-OYT1T01119.htm 2011年11月29日閲覧。 
  56. ^ “連続テロ容疑者起訴=ノルウェー”. 時事通信. (2012年3月7日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012030701047 2012年3月7日閲覧。 [リンク切れ]
  57. ^ 林路郎 (2012年3月7日). “ノルウェーの77人死亡テロ、容疑者を起訴”. 読売新聞. ロイター通信. オリジナルの2012年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120309231944/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120307-OYT1T01101.htm 2012年3月7日閲覧。 
  58. ^ 佐藤昌宏 (2012年8月24日). “ノルウェー77人死亡テロ判決、禁錮最高21年”. 読売新聞. オリジナルの2012年8月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120827015429/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120824-OYT1T01197.htm 2012年8月24日閲覧。 
  59. ^ “ブレイビク受刑者、仮釈放の申請却下 ノルウェー大量殺人犯”. AFP通信. (2022年2月2日). https://www.afpbb.com/articles/-/3388085 2022年6月11日閲覧。 
  60. ^ Pierre-Henry Deshayes (2022年1月19日). “ノルウェー大量殺人犯、仮釈放審理で過激思想発信”. AFP通信. https://www.afpbb.com/articles/-/3385831 2022年6月13日閲覧。 
  61. ^ “ブレイビク受刑者、仮釈放の申請却下 ノルウェー大量殺人犯”. AFP通信. (2022年2月2日). https://www.afpbb.com/articles/-/3388085 2022年6月11日閲覧。 
  62. ^ a b c d e f g “ノルウェー乱射で警察の装備不足露呈、被害者「なぜもっと早く」”. ロイター通信. (2011年7月26日). https://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22362320110726 2022年6月13日閲覧。 
  63. ^ “ノルウェー爆破・乱射事件、10万人が首都で犠牲者追悼”. ロイター通信. (2011年7月26日). https://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22366320110726 2022年6月13日閲覧。 
  64. ^ “7月22日の海外株式・債券・為替・商品市場”. Bloomberg News. (2011年7月23日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2011-07-22/LOR9ZZ1A74E901 2022年6月13日閲覧。 [リンク切れ]
  65. ^ “NYダウ反落、企業決算で失望売りが広がる”. 読売新聞. (2011年7月23日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110723-OYT1T00134.htm 2011年7月23日閲覧。 [リンク切れ]
  66. ^ “国連総長、同時テロを非難”. 時事通信. (2011年7月23日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011072300048 2011年7月23日閲覧。 [リンク切れ]
  67. ^ “EU大統領「卑劣」と非難”. MSN産経ニュース. 共同通信. (2011年7月23日). オリジナルの2011年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110804164259/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110723/erp11072309550009-n1.htm 2011年7月23日閲覧。 [リンク切れ]
  68. ^ 菅内閣総理大臣発ストルテンベルグ・ノルウェー首相宛てメッセージ(お悔やみ)の発出”. 外務省 (2011年7月23日). 2022年6月13日閲覧。
  69. ^ “強い憤り、断固非難=ノルウェーのテロで外相”. 時事通信. (2011年7月23日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011072300152 2011年7月23日閲覧。 [リンク切れ]
  70. ^ “中国、ノルウェーの爆弾テロを非難”. 中国通信社. (2011年7月23日). https://china-news.co.jp/article-history.html?id=1148963297022210050 2022年6月13日閲覧。 
  71. ^ 犬塚陽介 (2011年7月23日). “米大統領が支援表明”. MSN産経ニュース. オリジナルの2011年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110804164251/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110723/amr11072310330003-n1.htm 2011年7月23日閲覧。 
  72. ^ “仏大統領も非難”. MSN産経ニュース. 共同通信. (2011年7月23日). オリジナルの2011年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110804164326/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110723/erp11072308390007-n1.htm 2011年7月23日閲覧。 
  73. ^ “独首相「厳しく非難すべき」”. MSN産経ニュース. 共同通信. (2011年7月23日). オリジナルの2012年2月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120208152029/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110723/erp11072308530008-n1.htm 2011年7月23日閲覧。 

関連項目[編集]