ノルウェージャン・スピリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノルウェージャン・スピリット
Norwegian Spirit.jpg
基本情報
船種 クルーズ客船
船籍 パナマの旗 パナマ(1998–2004)
バハマの旗 バハマ(2004-)
所有者 スタークルーズ(1998–2004)
ノルウェージャン・クルーズライン(2004-)
運用者 スタークルーズ(1998–2004)
ノルウェージャン・クルーズライン(2004-)
建造所 マイヤー・ヴェルフト
姉妹船 スーパースター・ヴァーゴ
信号符字 C6TQ6
IMO番号 9141065
MMSI番号 311746000
改名 スーパースター・レオ(1998–2004)
ノルウェージャン・スピリット(2004-)
経歴
起工 1996年10月5日
進水 1998年9月24日
竣工 1998年
就航 1998年
現況 就航中
要目
総トン数 75,388トン
長さ 267.92 m
32.31 m
高さ 49.68 m
喫水 7.92 m
デッキ数 14層
主機関 V48/60 MAN B&W (14700 kW) 4基
推進器 ABB HSSOL 38/1256 (20 MW) 2基
最大速力 21ノット
航海速力 24ノット
旅客定員 1,996名
乗組員 965名
テンプレートを表示
ノルウェージャン・スピリット

ノルウェージャン・スピリット(NORWEGIAN SPIRIT)は、アメリカフロリダ州マイアミに本社を置くノルウェージャン・クルーズラインが運行するクルーズ客船

船歴[編集]

スタークルーズの発注により、ドイツマイヤー・ヴェルフトで建造され、スーパースター・レオとして1998年に就航した。アジア初の巨大クルーズ客船で、シンガポールを拠点に、マレーシアタイへ3日間から6日間のクルーズで運航された。 1999年9月10日、二番船として建造されたスーパースター・ヴァーゴがシンガポールに配船されたため、本船は香港に拠点を移して、中国海南島ベトナム沿岸の南シナ海などを目的地とした2日間から5日間のクルーズで運航された。

2003年重症急性呼吸器症候群(SARS)の影響により一時的に拠点をオーストラリアに移して運航されたが、そして、流行の収束後は香港に戻った。 2004年ノルウェージャン・クルーズラインは、ロイド・ヴェルフトで艤装中だったプライド・オブ・アメリカが完成直前に暴風により浸水事故を起こしたため、本船を代船として購入した。約2週間で改修工事が行われた後、ノルウェージャン・スピリットとして就航した。その後、プライド・オブ・アメリカは、約1年遅れの2005年6月に就航している。

その後、ヨーロッパを拠点に、冬と春はカナリア諸島への10日間のクルーズ、夏と秋は地中海を巡る13日間のクルーズで運航されている。

事故・インシデント[編集]

2005年ジュノーで、2007年ニューヨークでそれぞれ埠頭に衝突し、軽微な損傷が生じたが修理されている。2008年5月25日、東部カリブ海で8日間のクルーズを終えニューヨークへ帰港した際に、90番埠頭に接触、駐車場の支柱と船首が損傷した。

2006年1月、トルトラ島沖で巨大波に遭遇した。

2011年3月、メキシコでの埠頭への衝突と、船上で死亡者が発生したトラブルにより、クルーズが約12時間遅れで運航された。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]