ノラニンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノラニンジン
Daucus carota May 2008-1 edit.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: ニンジン属 Daucus
: ノラニンジン D. carota
学名
Daucus carota
和名
ノラニンジン(野良人参)

ノラニンジン(野良人参、英名:Queen Anne's lace、学名:Daucus carota)は、セリ科ニンジン属英語版一年草二年草の場合もあり)であり、ヨーロッパ原産の帰化植物である[1][2][3]ワイルドキャロット(Wild Carrot)とも。

概要[編集]

田畑草原空地道端などに生育(自生)する[4]繁殖力が強いため、日本全土に分布する。花言葉は「幼い夢」[5]。草丈は30~100cmほどで、7月~9月に開花する。

名前の由来[編集]

野生化した「ニンジン」であることから[2]

形態[編集]

  • - 紡錘形の直根
  • - 直立し上部で分枝。白っぽい剛毛が生える。7〜9月頃に茎頂に複散形花序を形成する。
  • - 2〜3回奇数羽状複葉。葉柄は長く、互生する。小葉は深く細く裂けていて、鋸歯を持つ。緑色。
  • - 白い5弁花。花弁は舟形に丸まり、花序の外側の花弁がやや大きい。花序の基部にあるは糸状に細裂している。花が終わって果実ができると、花序は全体的に内側に丸くすぼまる。
  • 果実 - 長球形の2分果。に沿って長いがある。

大きさ[編集]

  • 高さ:50~150cm
  • 葉身長:10~16cm
  • 葉柄長:6~12cm
  • 花序径:15〜20cm
  • 花径:4〜5mm
  • 果長:0.5cm

原産地[編集]

西アジア地中海沿岸、ヨーロッパ

脚注[編集]

  1. ^ ノラニンジン(野良人参)【かぎけんWEB】”. かぎけん花図鑑(株式会社 科学技術研究所). 2020年10月10日閲覧。[信頼性要検証]
  2. ^ a b ノラニンジン | 植物写真鑑”. 植物写真鑑. 2020年10月10日閲覧。[出典無効]
  3. ^ ノラニンジン|素人植物図鑑”. Tam's 素人植物図鑑. 2020年10月10日閲覧。[出典無効]
  4. ^ ノラニンジン(野良人参)”. 自然科学雑記帳. 2020年10月10日閲覧。[出典無効]
  5. ^ ノラニンジン(野良人参) / お花の写真集”. お花の写真集. 2020年10月10日閲覧。[出典無効]