ノバイ (ミシガン州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼ノバイ・コミュニティ学区本社 - 25345 Taft Road Novi MI 48374; ノバイ高校(Novi High School)のビルディング - 24062 Taft Road Novi, MI 48375; プロビデンス・パーク病院 - 47601 Grand River Ave - Novi, MI 48374; ステイブリッジ・スイーツ・デトロイト - ノバイ (Staybridge Suites Detroit - Novi), 27000 Providence Parkway Novi, Michigan 48374 United States; 駿台ミシガン国際学院 (Sundai Michigan International Academy), 24277 Novi Road, Novi, MI 48375の画像提供をお願いします。2013年10月
ミシガン州ノバイ
Novi, Michigan
ノバイ・シビック・センター Novi Civic Center, W. 10 Mile Road
ノバイ・シビック・センター
Novi Civic Center, W. 10 Mile Road
愛称: 
Little Sweden[1]
ミシガン州内における位置
ミシガン州内における位置
北緯42度28分49秒 西経83度28分39秒 / 北緯42.48028度 西経83.47750度 / 42.48028; -83.47750
アメリカ合衆国
ミシガン州
オークランド郡
行政
 • 市長 David Landry
面積
 • 合計 31.3mi2 (81.1km2)
 • 陸地 30.5mi2 (78.9km2)
 • 水面 0.8mi2 (2.2km2)
標高
909ft (277m)
人口
(2010)
 • 合計 55,224人
 • 密度 1,555/mi2 (600.5/km2)
等時帯 UTC-5 (東部標準時 (EST))
 • 夏時間 UTC-4 (東部夏時間(EDT))
ZIPコード
48167,48374-48377
市外局番 248
FIPS コード 26-59440[2]
GNIS feature ID 0633773[3]
ウェブサイト http://www.cityofnovi.org/

ノバイノーバイ(Novi)は、アメリカ合衆国ミシガン州オークランド郡の都市。2010年の国勢調査では、人口55,224人で、2000年の47,386人から増加している。ノバイは、デトロイトの中心部からおよそ25マイル (40 km)北西、アナーバーの中心部からおよそ29マイル (47 km)北東に位置している。ノバイ市は、ノバイ郡区Novi Township)の測量タウンシップsurvey township)の中に含まれており、このタウンシップ内に含まれるノバイ市以外の地域は僅かなものでしかない。

歴史[編集]

ノバイは1969年に、当時のノバイ村の有権者の投票によって市憲章を制定し、市に昇格した。憲章は、前年1968年5月20日の投票で、賛成694票、反対283票で承認されていた。この市への昇格と憲章の制定は、それまでに数回提案され、住民投票で拒まれ続けてきたものであった[4]。市が成立したときの境界は、それまでの村の境界をそのまま踏襲した。

もともとノバイ村は1958年に成立していたが、その際に村の一部とならなかったノバイ郡区内のあちこちの地域を、ノバイ市は1970年代に次々と併合した。ノバイ市とノバイ郡区は、合併をめぐって長く法的な紛争を続けたが、ミシガン州最高裁判所はノバイ市に有利な判断を示した。合併をめぐる法廷闘争は、1984年まで完全には解決しなかった[要出典]

地名の起源[編集]

ノバイという地名の起源については、いくつかの説が広まっているが、いずれも歴史的には不正確なものである。ノバイの名は、1832年にファーミントン郡区(Farmington Township)から分離して成立したノバイ郡区からとられている。この郡区の名は、当時の住民であった J・C・エメリー博士(Dr. J. C. Emery)が、妻の発案を受けて、提案したものであった。当時、住民たちは、ファーミントンよりも短い郡区名を求めていたと記録されている[5]

一説には、グランド・リバー通り(Grand River Avenue)の有料道路にあった第6料金所(No. VI)にちなんだ名であるとも言われるが、郡区が名付けられたのは1832年であり、有料道路が建設されたのは1850年代のことであった。同様の主張として、鉄道の6番目の停車場があった、といった主張もなされているが[6]ホリー・ウェイン・アンド・モンロー鉄道Holly, Wayne and Monroe Railway)(現在のCSXトランスポーテーション)が郡区内に達したのは1870 - 71年であり、郡区の命名の40年ほど後のことであった。さらに、ありがちな誤解として、ノバイがデトロイト発の駅馬車の6番目の停車地だった、というものもある[7]

史跡[編集]

  • 旧郡区庁舎:旧郡区庁舎はもともとグランド・リバー通りの南側、ノバイ・ロード(Novi Road)に面して建っていた。その後、1980年代に、ノバイ図書館の敷地内に移設された。その後、図書館の新築にともなって、さらに移設が必要となり、2009年から2010年にかけて、隣接するジェイコブ・アンド・レベッカ・フュースト農場(the Jacob and Rebecca Fuerst Farmstead)跡地の公園に再移設された[8]
  • トールゲート農場(Tollgate Farm)[9]ミシガン州立大学が運営する、160エーカー(65ヘクタール)の農場兼教育施設。
  • カーネル・サミュエル・ホワイト農場(Colonel Samuel White Homestead)[10][11]:敷地内にはミシガン州史跡標識(Michigan Historical Marker)が置かれている。
  • ノバイ停車場[6]1871年に建設されたホリー・ウェイン・アンド・モンロー鉄道(現在のCSX)の停車場の一部が現存している。

失われた史跡[編集]

  • ジェイコブ・アンド・レベッカ・フュースト農場(the Jacob and Rebecca Fuerst Farmstead)[12]アメリカ合衆国国家歴史登録財であったが、市当局の判断で破壊された[13]。北側の納屋は2008年7月16日に、母屋は8月に破壊され、南側と東側の納屋は解体され、敷地内から撤去された。敷地内には、農場にあった建物はひとつも残されていない。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局によれば、ノバイ市は面積31.3平方マイル(81.1平方キロメートル)で、そのうち30.5平方マイル(78.9平方キロメートル)が陸地、0.9平方マイル(2.2平方キロメートル)、すなわち全体の2.74パーセントが水面となっている。市内最大の湖は、大部分が市域に含まれるウォールド湖(Walled Lake)である。この湖は、ルージュ川River Rouge)のミドル支流(the Middle Branch)の源となっている。ウォールド湖の南西にはシャウッド湖(Shawood Lake)がある。市内にいくつもある、より小さい湖は、かつての砂利採掘場の跡か、防災調整池である。市域の大部分は、ルージュ川の流域にある。市域の北部と西部の一部は、ヒューロン川Huron River)の流域にある。

ノバイ市から直接アクセスできる主要道路には、州間高速道路 I-96I-696I-275、州道M-5 などがある。

人口構成[編集]

2010年の国勢調査によるノバイ市の人口は、55,224人であった。

2000年の国勢調査[2]の時点で、ノバイ市には、人口 47,386 人、世帯数 18,726 世帯、 12,321 家族が居住していた。人口密度は、1平方マイルあたり 1,555.2人(1平方キロメートルあたり 600.5人)であった。家屋は19,649戸あり、1平方マイルあたり 644.9戸(1平方キロメートルあたり 249.0戸)であった。民族構成は、白人が87.26パーセント、アフリカ系が1.92パーセント、大陸先住民族系0.19パーセント、アジア系8.67パーセント、太平洋先住民族系0.02パーセント、その他 0.47パーセント、複数の血統を引く者1.48パーセントであった。いずれの民族であるかを問わず、ヒスパニック、ないし、ラティーノに該当する者は、全体の1.80パーセントであった。また、ドイツ系は16.3パーセント、アイルランド系は10.5パーセント、ポーランド系は10.3パーセント、イングランド系は9.2パーセント、イタリア系は8.1パーセントとなっていた。

18,726世帯のうち、36.3パーセントには18歳未満の子どもが同居しており、56.2パーセントには婚姻関係にある夫婦が同居し、7.1パーセントには夫のいない女性の世帯主がいて、34.2パーセントは非家族世帯であった。28.1パーセントは単身世帯で、5.9パーセントは65歳以上の独居世帯であった。世帯員数は平均2.52人、家族員数は平均3.17人であった。

2000年時点のノバイ市の人口は、27.6パーセントが18際未満で、6.7パーセントが18歳から24歳、35.7パーセントが25歳から44歳、21.9パーセントが45歳から64歳、8.1パーセントが65歳以上であった。平均年齢は35歳。性比は、女性100人に対し男性96.9人、18歳以上に限ると女性100人に対し男性93.4人であった。

2000年時点のノバイ市の世帯収入の中央値は、71,918ドルで、家族世帯の収入の中央値は、91,369 ドルであった(これらの数値は、2007年の推計では、それぞれ78,151ドル、101,286ドルに増加している[14])。男性の所得中央値は65,590ドルであったのに対し、女性は38,432ドルであった。ノバイ市の1人あたり所得は35,992ドルであった。家族世帯のおよそ1.6パーセント、人口の2.2パーセントは、貧困線以下の水準にあり、年代別では18歳未満の2.4パーセント、65歳以上の2.7パーセントが該当する。

日本人の人口[編集]

ワンワールドマーケット (One World Market), ノバイの日本食品店

2011年現在、住民の 15.9% はアジア人である。ノバイの日本人住民は 2,438 人。ミシガン州の都市では日本人住民は最大である。2011年には、2003年に比較して53%の増加をみた。当時は日本人は1417人であった。ノバイ市の経済指導者の Ara Topouzian は、在デトロイト日本国総領事館や、ほかの日本人の官僚からノバイは「ジャパニーズタウンとか、リトルトウキョウ」といわれる。これは我々が温かく歓迎しているからである。 "[15] ノバイにいる日本人の多くは、3年有効か5年有効の短期ビザを持ってきている[15]セントジョン・プロビデンス・ヘルスシステムのDr. Andrew Vosburghによると、多くのノバイの日本人は発展的仕事、技術的仕事、研究的仕事に従事している。彼らの仕事場はノバイアナーバースプリングフィールドを含む周辺の多くの都市である。[16]。2013年4月現在、ノバイに住む日本国民は 2,666 人である[17]

ノバイ公立図書館には成人部、小児部に日本語の図書がある。ノバイ公立学校区には日本語での入学情報やその他の情報がある。ノバイ市、公立図書館、プロビデンスパーク病院などには日本語で歓迎のメッセージがある。ノバイのクローガーというホテルには ステイブリッジ スイーツ(Staybridge Suites)があり、日本人のお客に特別な料理を出す。このホテルは日本人客が30%になったと発表した。ノバイ市では日本文化活動などを日本語で提供し、乗馬のレッスンや日本語の映画を提供している[15]。病院では職員を訓練し、書類などを日本語にしている[16]ヨガも日本語のクラスがある[15]


1990年代に幾つかの日本の自動車会社はM-14というハイウエー沿いに、日産 自動車がファーミントン・ヒルズにオフィスを開いた。その後トヨタがアナーバーに技術センターを作った。これらのことにより、日本人がノバイに住みつくようになり、日本レストランもでき、デトロイト日本語学校もバーミングハムよりノバイに移ってきた[15]

行政[編集]

ノバイ市は、選挙で選出される市議会と、公選ではなく市議会に任命されるシティー・マネージャー によって運営される、市議会=マネージャー制(Council–manager government)の形態をとっている。シティー・マネージャーは、日常的な行政業務を監督し、職員人事、予算原案作成、市議会への政策提言などを担う。市議会は、2年の任期で選出される市長(mayor)、通常は6人いる4年任期の議員によって構成される。市長は市役所の長であるが、儀式的な責務を別にすると、他の議員と同等の投票権をもって市議会に参加する。シティー・マネージャーの雇用責任は、市議会が負っている。市の予算を決定し、政策や条例を定めるのは、市議会の役割である。現在の市議会は、市長 David Landry, 市長代理 Bob Gatt、議員 Justin Fischer、Terry Margolis、Andrew Mutch、David Staudt、Wayne Wrobelで構成されている[18]

現在のシティー・マネージャーは Clay J. Pearson である[19]。ノバイ市の正規職員(図書館職員を含む)は249人、財政規模は6310万ドルで、市役所本庁舎にあたるノバイ・シビック・センターは、ノバイ・ロードとタフト・ロードの間にあるウェスト・テン・マイル・ロード45175番地(45175 West Ten Mile Road)にある。

住民投票によって、最初に市憲章が成立したのは1969年、最後に大きな修正が加えられたのは1977年であった[20]

ノバイ公共図書館は、2010年6月に55,000平方フィート (5,100 m²)の新しい図書館を開館した。それまでの図書館は、新図書館の駐車場に空間を確保するため、撤去された。

姉妹都市[編集]

教育[編集]

初中等教育[編集]

ノバイ高校のエントランスサイン

公教育[編集]

ノバイ市の領域は、4つの公教育学区、ノバイコミュニティー学校区Novi Community Schools)、ノースビル(Northville Public Schools)、サウス・リン(South Lyon Community Schools)、ウォルドレイク学校区Walled Lake Consolidated School District)のいずれかに含まれる。市域の大部分はノバイ学区に入っているが、北西部の一部はサウス・リン学区、南部と西部の一部はノースビル学区、北部の一部はウォールド・レイク学区に入る。ウォールド・レイク学区は、ノバイ市内ではヒッコリー・ウッズ(Hickory Woods)とメドウブルック(Meadowbrook)の2校の小学校を運営しており、ノースビル学区は、ノバイ市内ではソーントン・クリーク(Thornton Creek)の小学校を運営している。

高校:

私教育[編集]

ウィクソム・ロード(Wixom Road)にあるデトロイト・カトリック・セントラル高等学校Detroit Catholic Central High School)は、カトリック系私立男子校の進学校である。

サーティーン・マイル・ロード(Thirteen Mile Road)にあるフランクリン・ロード・クリスチャン学校(Franklin Road Christian School[23])は、K-12幼稚園から高等学校までの一貫校)共学の進学校で、特定教派によらないキリスト教哲学に基づいて運営されている。

高等教育[編集]

ウォルシュ・カレッジWalsh College[24])の3か所あるキャンパスのひとつは、I-96の南側のメドウブルック・ロード(Meadowbrook Road)にある。ウォルシュ・カレッジは、会計、経営、財務教育に重点を置いている。

ミシガン美術学校(The Art Institute of Michigan)は、ハガティ・コリドー企業団地(the Haggerty Corridor Corporate Park)内のカボット・ドライブ(Cabot Drive)にある。

サウス大学South University)は、12マイル・ロードとメドウブルック・ロードの角にあるオフィス・ビル内に入居している。

公共図書館[編集]

Charles and Myrtle Walkerという名前のノバイの公共図書館がある。最初は1960年に以前銀行だった場所に作られた。1964年に2倍に拡大され、1975年に素晴らしい開館式を行い23,190-square-foot (2,154 m2) という巨大な図書館が作られ、1976年に使用可能となった。1988年に"Dorothy Flattery Wing", というのは東翼ができ、1998年に完成。2008年現在はもっと拡大され、2010年に開館された[25]

その他の教育[編集]

デトロイトりんご会補習授業校は土曜日に日本語のクラスがある。それはミシガン州バーミングハムよりノバイに2011年に移動してきた[15]。加えるに、

駿台ミシガン国際学院 (Sundai Michigan International Academy)、旧コービィ国際学院(Koby International Academy)[26]はノバイのピーチツリーショッピングセンターにある。2008年現在、それはミシガン州の年中やっている唯一の日本語学校である。創立者は Yoshihisa Kobayashi であり2008年現在その学校の校長である。2008年現在年間の授業料は $10,000 であり、申し込んで待っている生徒が 60 名もいる。この学校は公的ファンドはとっていないので、入学に際し、ミシガン教育アセスメントプログラムを受ける必要はない[27]

公園、自然地域[編集]

20世紀半ばの時点で存在していた農地や空地は、大部分が既に開発されて姿を消した。その例外のひとつは、トウェルブ・マイル・ロード(Twelve Mile Road)とメドウブルック・ロード(Meadowbrook Road)の交差点の北西の角にあるトールゲート農場であり、現在はアメロカーナ財団(the Americana Foundation)が所有し、ミシガン州立大学が農場実習施設として借り受け、運営している。レイクショア公園(Lakeshore Park)も、重要な自然地域である。この公園はウォールド湖とトウェルブ・マイル・ロードに挟まれた、ノバイ・ロード(Novi Road)より西側の範囲に広がっている。この公園の一部は、訴訟を経て開発業者の手に渡ったが、それでもこの公園は、ミシガン州南東部において最大級の自治体管理下の公園である。ノバイ・シビック・センターの裏手にあるエラ・メイ・パワー公園は、ソフトボール野球の試合、トーナメントの会場となっている。ウォールド湖畔にある、かつてウォールド・レイク・カジノと遊園地(the Walled Lake Casino and Amusement Park)があった跡地は、市有地となっており、公園として開発する計画がある。

2004年、ノバイ市は市街地の西側で、数カ所の小規模な公園用地が市に寄附されるよう、交渉にあたっていた。これらの用地は、それに連続する253エーカー (1.02 km2)の市有地とともに、ヒューロン川流域の環境条件が脆弱な地域に含まれていた。2005年、ノバイ市はミシガン自然資源信託財団(Michigan Natural Resources Trust)から資金(Michigan Natural Resources Trust Fund, MNRTF)の提供を受け、ノバイ南西部のルージュ川流域で、51エーカー (21 ha)に及ぶ環境条件が脆弱な2カ所の土地の取得に乗り出した。これらの物件は、2009年に取得に漕ぎ着けられた。2007年、南西部のヒューロン川水源域で16エーカー (65,000 m²)の自然地域を確保するために、ノバイ市はMNRTF資金から2度目の援助を得ることになった。この物件は2010年に取得された。2010年には、3度目のMNRTF資金が、市有地であるウォールド湖の南側の湖畔を公園として開発する目的で提供された。

経済[編集]

ノバイは、ミシガン州内で近年の成長が最も著しい都市のひとつである。1970年代にトウェルブ・オーク・モールTwelve Oaks Mall)が建設されたことで、ノバイ市はデトロイト大都市圏の中でも有数の買い物の行き先となり、40年以上も続く成長のきっかけとなったとしばしば論じられている(実際には、1950年代以来、成長は継続している)。この成長は、市内における商業施設や工業施設の開発とともに、相当の規模の人口流入をもたらした。

ノバイでは、国際的な規模の企業がノバイに置く局地的、地方的拠点から、地元に奉仕する自営業まで、あらゆる規模の事業者が 地元の経済に組み込まれている。ノバイは、ノバイ・ロードとI-96のインターチェンジに小売業の大きな集積があることで知られているが、その他にも市内には大きな小売業の集積が数カ所あり、個人商店なども多い。ハガティ・ロード(Haggerty Road)やグランド・リバー・アベニュー(Grand River Avenue)沿いには、自動車販売店が多数並んでいる。市内の工業団地、企業団地には、ハイテク関係の研究開発の会社や、保健、運輸、流通、製造業、米国内外の自動車関連事業者などが集まっている。エネルギー関係企業は成長が最も著しい分野である。電力送電事業のITCトランスミッションITC Transmission[28]やノバイ・エネルギー(Novi Energy)[29]の本社や、パトリック・エネルギー・サービス(Patrick Energy Services)の事務所[30]も市内にある。

ノバイに所在する事業所によって、ノバイ商工会議所が結成されている[31]

大手スーパーマーケットクローガーは、ミシガンの地方拠点をノバイ市内のグランド・リバー・アベニュー40399番地(40399 Grand River Avenue)に置いている[32]

ノバイ市の経済発展への取り組みのひとつは、新規立地の誘致と、既存事業の支援を目的としたウェブサイト(InvestNovi.org)の構築である[33]。このサイトは、潜在的な事業投資者に情報を提供し、既存事業の成功を紹介している。

ノバイは、オークランド郡の中で、研究、技術、サービス関係の企業の集積で最上位に位置している。成長を維持し、アクセスのよい立地で商業活動を誘引し続けるために、ノバイの関係機関は、地方、州、連邦政府の諸官庁にインフラ整備の拡充を働きかけている。ノバイには近隣・事業所間関係グループ(Neighborhoods and Business Relations Group)という組織があり、新たな事業や開発行為、再開発などに関わる諸手続きを簡略化して円滑に進められるようにしている。手続きにかかる時間を短縮することで、事業所の移転や拡張の計画が容易に進行できるようになっている。ノバイはまた、比較的小規模な革新性をもった国際的事業所を誘致し、そこから関連事業を拡大していくことにも成功してきた。例えば、日本の自動車部品製造業者である豊和繊維工業の米国法人 Howa USA Holdings は2008年に、車両の内装に特化した研究開発部門の拠点をノバイに開設している[34]

ライダー・システムRyder Systems Inc.)は、2千2百万ドルを投じて新しい地方拠点を当地に建設した。独立系で米国最大の送電会社であるITCトランスミッションは、本社(ITC Holdings)をノバイに置いている。

2008年、デトロイト大都市圏の各地に展開しているセント・ジョン・プロビデンス・ヘルス・システムSt. John Providence Health System)は、200エーカー (0.81 km2)の敷地をもつ200床のベッドを備えたセント・ジョン・プロビデンス・パーク病院[35]を開設した。この敷地内には、総合病院に加え、美しい木立の中に遊歩道やサイクリング道路が整備されており、18エーカー (73,000 m²)の健康、保健関係の小売店の集積が備えられている。

近年、ノバイは、テレマティクスとカーコネクティビティ(car connectivity、自動車と高機能携帯電話等の機能の接続技術)関連産業に経済開発の焦点を当てている。テレマティクス関連産業には、オークランド郡全体で5,000以上の事業所が関わっており、およそ7万人が雇用されているが、その大部分がノバイで就業している。ノバイに事業所がある代表的な企業としては、フリースケール・セミコンダクタエレクトロビットElektrobit)、ハーマン/ベッカー自動車(Harman/Becker Automotive)などがある。

保健[編集]

ノバイには、この地方で最大級の医療施設が複数立地している。セント・ジョン・ヘルス・システムセント・ジョン・プロビデンス・パーク病院は、2008年9月に開設された。この病院は、200エーカー (0.81 km2)の敷地をもっている。

コロンバス企業団地(the Columbus Corporate Office Centre)の中には、ヘンリー・フォード・ヘルス・システムHenry Ford Health System)の医療施設としてはオークランド郡で最大のものが立地している。ここで提供されているサービスには、未成年および成人対象の外来精神科作業療法理学療法スポーツ医学消化器科小児科などが含まれている。

ボッツフォード(Botsford)は、ノバイに2か所の専用施設を設けている。全米第4位の規模をもつカトリック系医療組織であるトリニティ・ヘルス(Trinity Health)は、本部をノバイに置いている。

著名な住民[編集]

ノバイは、一時期NHLデトロイト・レッドウィングススウェーデン人選手6名が住んでいたことから、「リトル・スウェーデン (Little Sweden)」と称されることがある[1]

評価[編集]

  • 2009年、『Money』誌の「全米で最も住み良い場所ベスト100」において、ノバイは第48位にランクされた。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b City Data for Novi, Michigan”. LandsofAmerica.com. 2011年4月28日閲覧。
  2. ^ a b American FactFinder, United States Census Bureau, http://factfinder.census.gov 2008年1月31日閲覧。 
  3. ^ U.S. Geological Survey Geographic Names Information System: ノバイ (ミシガン州)
  4. ^ History”. City of Novi. 2009年5月2日閲覧。
  5. ^ Thaddeus D. Seeley, ed (1912). “XXXVII”. History of Oakland County Michigan a narrative account of its historic progress, its people, its principal interests, volume I. Chicago and New York: The Lewis Publishing Company. pp. 482. http://www.hti.umich.edu/cgi/t/text/pageviewer-idx?c=micounty;cc=micounty;sid=eee1b119eae8784addfac0cfaf2bb1c8;q1=Novi;cite1=Oakland%20County;cite1restrict=title;op2=and;op3=and;rgn=full%20text;idno=bad1028.0001.001;view=image;seq=00000534 2011年4月21日閲覧。. 
  6. ^ a b RRHX Station: Novi, Michigan”. MichiganRailroads.com. 2011年4月21日閲覧。
  7. ^ Lou Martin. “A Brief History of Novi's Name”. The Novi Information Network. 2011年4月21日閲覧。
  8. ^ Press Release: Preliminary schematic designs for new Novi Public Library to be presented March 5 at joint meeting of the Novi Building Authority and Library Board 7:00pm at the Novi Civic Center”. City of Novi. 2011年4月21日閲覧。
  9. ^ About the MSU Tollgate Education Center, Michigan State University Extension”. Michigan State University. 2011年4月21日閲覧。
  10. ^ Colonel Samuel White Homestead”. James Brennan. 2011年4月21日閲覧。
  11. ^ James Brennan. “War of 1812 Michigan Historical Markers (PDF)”. State of Michigan. 2011年4月21日閲覧。
  12. ^ Jacob and Rebecca Fuerst Farmstead”. James Brennan. 2011年4月21日閲覧。
  13. ^ Save the Fuerst Farm!”. Fuerst Farmstead Novi. 2011年4月28日閲覧。
  14. ^ 2005-2007 American Community Survey 3-Year Estimates, United States Census Bureau
  15. ^ a b c d e f Burden, Melissa (2011年12月19日). “'Little Tokyo' thrives in Novi as Japanese population expands”. The Detroit News: p. Nation p. A1. オリジナルの2013年10月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131020100940/http://www.noreq.com/inner.asp?bid=10&area_2=pages%2Fnews%2Fneg_news.dat&ml_index=6&norelay_place=here&objectid=C6AB6170&articletitle=Little+Tokyo+thrives+in+Novi+as+Japanese+population+expands&norelay_ai=F6D8184B5D6248DBBAC0FAD57E13A85C&norelay_reset=false&NC=1X 2012年11月7日閲覧。  (Archive) - In Detroit News archive and NewsBank as "'Little Tokyo' thrives in Oakland"
  16. ^ a b Shine, Kim North. "Michigan's Little Tokyo." (Archive) Metro D Media. Thursday December 6, 2012. Retrieved on December 22, 2012.
  17. ^ Stone, Cal. "State's Japanese employees increasing." (Archive) Observer & Eccentric. Gannett Company. April 11, 2013. Retrieved on May 5, 2013.
  18. ^ Novi's City Council Overview”. City of Novi. 2009年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月23日閲覧。
  19. ^ City Manager Biography”. City of Novi. 2011年4月23日閲覧。
  20. ^ Code of Ordinances and City Charter”. City of Novi. 2009年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月23日閲覧。
  21. ^ About Novi”. Novi Public Library. 2011年4月23日閲覧。
  22. ^ 大鰐町・・・ノーバイ市(アメリカ合衆国、ミシガン州) (PDF)”. 青森県. 2011年4月23日閲覧。
  23. ^ Franklin Road Christian School - Novi, MI”. Franklin Road Christian School. 2011年4月24日閲覧。
  24. ^ Walsh College”. Walsh College. 2011年4月24日閲覧。
  25. ^ "Library History." Novi Public Library. Retrieved on November 9, 2012.
  26. ^ Home page (Archive). 駿台ミシガン国際学院. May 13, 2010. Retrieved on March 4, 2014. "駿台ミシガン国際学院 (旧コービィ国際学院)" (Sundai Michigan International Academy, formerly Koby International Academy)
  27. ^ Lewis, Shawn D. "Preserving culture." The Detroit News. Thursday July 17, 2008. Metro Section p. 1B. Available from NewsBank, record number det23050960.
  28. ^ Contact Us”. ITC Holdings Corp.. 2011年4月28日閲覧。
  29. ^ Welcome to Novi Energy”. Novi Energy. 2011年4月28日閲覧。
  30. ^ Jon Zemke (2009年4月16日). “Patrick Energy Services to hire 20-30 people in Novi”. Metrodome. http://www.metromodemedia.com/innovationnews/patrickenergyservicesnovi0112.aspx 2011年4月28日閲覧。 
  31. ^ The Novi Chamber of Commerce”. Novi Chamber of Commerce. 2011年4月28日閲覧。
  32. ^ Contact Us”. Kroger. 2009年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月30日閲覧。
  33. ^ NOVI, MICHIGAN USA”. City of Novi/Michigan Economic Development. 2011年4月28日閲覧。
  34. ^ 沿革”. 豊和繊維工業株式会社. 2011年4月28日閲覧。
  35. ^ Providence Park Hospital”. St. John Providence Health System. 2011年4月28日閲覧。
  36. ^ “DeRoche to be new GOP House speaker”. The Michigan Daily. (2004年11月11日). https://www.michigandaily.com/content/deroche-be-new-gop-house-speaker 2011年4月28日閲覧。 
  37. ^ a b c d e “Red Wings Drawing Attention of Swedish Fans”. The Canadian Press. (2008年5月21日). http://www.tsn.ca/nhl/story/?id=238461 2011年4月28日閲覧。 
  38. ^ Debra Bell (2009年1月9日). “10 Things You Didn't Know About Sanjay Gupta”. U.S. News & World Report. http://www.usnews.com/articles/news/obama/2009/01/09/10-things-you-didnt-know-about-sanjay-gupta.html 2011年4月28日閲覧。 
  39. ^ Elizabeth Merrill (2009年12月29日). “For Harwell, there is still much to do”. ESPN.com. http://sports.espn.go.com/mlb/news/story?id=4777720 2011年4月28日閲覧。 
  40. ^ Proclamation of Appreciation - Nicklas Lidstrom - November 3, 2007”. City of Novi. 2011年4月28日閲覧。
  41. ^ “Lidstrom Honored by Street Sign”. WXYZ-TV. (2011年3月28日). オリジナルの2013年1月5日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130105191511/http://in.news.yahoo.com/video/detroitwxyz-20910802/lidstrom-honored-by-street-sign-named-after-him-24648208.html 2011年3月28日閲覧。 
  42. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月4日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯42度28分50秒 西経83度28分32秒 / 北緯42.48056度 西経83.47556度 / 42.48056; -83.47556