ノダール・ガブニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ノダール・ガブニア (ნოდარ გაბუნია、Nodar Gabunia1933年7月9日2000年8月31日)は旧ソ連から1991年に独立したグルジア作曲家ピアニスト

略歴[編集]

トビリシに生まれる。トビリシ音楽院を卒業後、1954年からモスクワ音楽院ゴリデンヴェイゼルにピアノを、ハチャトゥリアンに作曲を学んだ。その後1962年グルジアへ帰国し、1966年からトビリシ音楽院の教員、1976年に教授となり、1984年以降は音楽院長となる。また王立ハーグ音楽院の客員教授をつとめ、コンサート・ピアニストとして活躍した。アムステルダムで没す。娘にヴァイオリニストナタリア・ガブニアがいる。

作曲[編集]

作曲家としても交響曲ピアノ協奏曲ヴァイオリン協奏曲等、多くの作品を残している。作風は基本的に新ロマン主義音楽によっており、さらにグルジアの民族音楽やバルトーク・ベーラの語法の影響がみられる。