ノエミ・ルヴォヴスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノエミ・ルヴォヴスキ
Noémie Lvovsky
Noémie Lvovsky
生年月日 (1964-12-14) 1964年12月14日(55歳)
出生地 フランスの旗 フランス パリ
職業 映画監督脚本家女優
ジャンル 映画テレビドラマ
テンプレートを表示

ノエミ・ルヴォヴスキ(Noémie Lvovsky、1964年12月14日 - )は、フランス映画監督脚本家女優である。

経歴[編集]

1964年12月14日、パリに生まれる[1]。1994年、『私を忘れて』で長編映画監督デビュー[2]。1999年には『人生なんて怖くない』を監督する[3]。2007年、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ監督の『女優』に出演する[4]。2012年の『カミーユ、恋はふたたび』では監督、脚本、出演を務めた[5]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Noémie Lvovsky”. AlloCiné. 2015年6月14日閲覧。
  2. ^ Young, Deborah (1994年10月17日). “Review: ‘Forget Me’”. Variety. 2015年6月14日閲覧。
  3. ^ Nesselson, Lisa (1999年8月23日). “Review: ‘I’m Not Afraid Of Life’”. Variety. 2015年6月14日閲覧。
  4. ^ Weissberg, Jay (2007年5月20日). “Review: ‘Actresses’”. Variety. 2015年6月14日閲覧。
  5. ^ Dalton, Stephen (2012年5月27日). “Camille Rewinds (Camille Redouble): Cannes Review”. The Hollywood Reporter. 2015年6月14日閲覧。

外部リンク[編集]