ノエビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ノエビア化粧品から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ノエビア
NOEVIR Co.,Ltd.
NOEVIR headquarters.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報
東証2部 4916
2007年10月25日 - 2011年3月18日
本社所在地 日本の旗 日本
650-8521
兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目13番地の1
(ノエビア神戸ビル)
北緯34度39分56.7秒 東経135度12分41.9秒 / 北緯34.665750度 東経135.211639度 / 34.665750; 135.211639座標: 北緯34度39分56.7秒 東経135度12分41.9秒 / 北緯34.665750度 東経135.211639度 / 34.665750; 135.211639
設立 1971年6月22日
業種 化学
法人番号 7140001010382
事業内容 化粧品、医薬品、食品、他
代表者 海田安夫(代表取締役社長
資本金 73億19百万円
(2018年9月30日現在)[1]
売上高 305億44百万円(2018年9月期)[1]
営業利益 43億83百万円(2018年9月期)[1]
経常利益 54億69百万円(2018年9月期)[1]
純利益 37億25百万円(2018年9月期)[1]
純資産 293億98百万円
(2018年9月30日現在)[1]
総資産 509億17百万円
(2018年9月30日現在)[1]
従業員数 573名(2018年9月30日現在)
決算期 9月30日
主要株主 株式会社ノエビアホールディングス 100%
外部リンク 株式会社ノエビア
特記事項:東京本社は東京都中央区銀座7-6-15(ノエビア銀座ビル)に所在する。
テンプレートを表示

株式会社ノエビア: NOEVIR Co.,Ltd.)は、兵庫県神戸市中央区港島中町に本社を置く日本化粧品メーカーである。

概要[編集]

創業者で現会長の大倉昊が、1964年(昭和39年)に大阪アメリカからの航空機部品ならびに、航空機用品の輸入貿易を行う会社を設立。1971年(昭和46年)には、西ドイツバーデンバーデン市より薬草化粧品の輸入販売を開始した。のちに株式会社へと改組し、1978年(昭和53年)にノエビアに社名変更、同ブランド化粧品の製造販売を開始した。

訪問販売通信販売を主たる販売経路としており、デパート等への出店はしていない。一般向けトップブランドにあたる 『ノエビア505』は、化粧水・乳液・クリームの三点で6万円である。なお、グループ会社の常盤薬品工業が所有する「SANA(サナ)」が低価格商品群を担っているため、10代など若い女性向け低価格商品群は存在していない。

滋賀県東近江市北海道増毛町などに植物研究拠点を置く。増毛のパイロットファームは東京ドーム150個分の敷地面積を持つ。2002年(平成14年)には、栄養補助食品メーカーの常盤薬品工業を傘下におさめた。

2011年(平成23年)3月に上場廃止をし、株式移転によりノエビアホールディングスの完全子会社となり、ブランドロゴも変更した。

沿革[編集]

ノエビアグループ[編集]

国内[編集]

海外[編集]

  • NOEVIR Holding Of America,Inc.(アメリカ合衆国
  • NOEVIR U.S.A.,INC.(アメリカ合衆国)
  • NOEVIR Aviation,Inc.(アメリカ合衆国)
  • NOEVIR CANADA,Inc.(カナダ
  • 上海諾依薇雅商貿有限公司 (中国)
  • 台湾蘭碧兒股份有限公司(台湾

CM[編集]

1988年から10年間続いたコスメティック・ルネッサンスシリーズでは、鶴田一郎の美人画イラストに、かつてのヒット曲をハードロック調にアレンジしたものをCMソングとして使用していた。

以下のリストで★印が付いている曲は、『コスメティック ルネッサンス〜ノエビアCM HITS!〜』として2003年2月にドリーミュージックから発売された。なお、収録曲はいずれも後期のものであり、初期の音源はCM部分の前後のみが収録されただけで、フルコーラスの音源は存在していない。これは、CD発売を意識してフルコーラスで収録され出したのが1992年以降であるため。ただし、松崎しげるの「グッド・バイ・マイ・ラブ」はフル・コーラスで製作されシングルCDも発売されたが、コンピレーションCDへの収録は見送られている[2]

その他、コスメティック・ルネッサンスシリーズ以外の同社のCMには航空機が幾度も登場しているが、これは前述の様に、創業当時同社がアメリカからの航空機器用品を取り扱っていたことに端を発するものである。同社が高級化粧品を中心に取り扱っていることからビジネスジェットの女性機長の仕事ぶりを映したCMが多く、特に女性機長に焦点を当てたCMは「働く女性は美しい」とのナレーションが最後に添えられていた(シリーズ名も「働く女性は美しい」)。これらのCMで使われた楽曲の一部は「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー〜ノエビアCM HITS!〜インターナショナル」として2003年EMIミュージック・ジャパンから発売されている(☆印)。

など。

また過去には、銀座にある東京本社のショーウィンドウに、航空機のエンジンが飾られていた時期や、CMにブルーインパルスが出演していた時期がある。なおCM中に登場する飛行機のうち、ガルフストリームG550についてはGrand Warehouse社所有のガルフストリーム V(機体番号:N559GV、A Thousand MilesのCMで使用)などを使用している)。

スポンサー番組[編集]

木曜劇場』(フジテレビ)のスポンサーを2007年9月末で降板し、それ以降2017年4月現在までテレビにおける提供番組はない。

現在[編集]

ラジオ

過去[編集]

テレビ
ラジオ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 第48期決算公告、2018年(平成30年)11月28日付「官報」(号外第260号)61頁。
  2. ^ ノエビアCM HITS!〜コスメティック・ルネッサンスが出来るまで

関連項目[編集]

外部リンク[編集]