ノアン=ヴィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nohant-Vic
Vic église St-Martin 1.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏Flag of Centre-Val de Loire.svg
(département) アンドル県Blason département fr Indre.svg
(arrondissement) ル・ブラン郡
小郡 (canton) ラ・シャトル小郡
INSEEコード 36143
郵便番号 36400
市長任期 パトリック・ノナン[1]
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de La Châtre - Sainte-Sévère
人口動態
人口 483人
2011年
人口密度 23人/km2
住民の呼称 Nohantais[2]
地理
座標 北緯46度38分22秒 東経1度57分38秒 / 北緯46.6394444444度 東経1.96055555556度 / 46.6394444444; 1.96055555556座標: 北緯46度38分22秒 東経1度57分38秒 / 北緯46.6394444444度 東経1.96055555556度 / 46.6394444444; 1.96055555556
標高 最低:175 m
最高:261 m
面積 21.25km2
Nohant-Vicの位置(フランス内)
Nohant-Vic
Nohant-Vic
公式サイト nohantvic.fr
テンプレートを表示

ノアン=ヴィックNohant-Vic)は、フランスサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏アンドル県コミューン

地理[編集]

ノアン=ヴィックの位置

県南東部に位置し、自然区分上のボワショー・シュド地方に属している。 近接するコミューンは以下のようになる。サン=シャルティエ(2km)、ルルール=サン=ローラン(3km)、モンジヴレ(3km)、ラ・シャトル(5km)、モンティプレ(6km)、サルゼ(6km)、シャトールー(29km)、イスーダン(36km)、ル・ブラン(70km)である。

ラ・プランシュ、ボーパン、ル・ブルイユの集落がある。コミューン内をアンドル川とイニュレ川が流れる。

由来[編集]

定住地の名前は1270年にParrochia de Vico subtus Sanctum Quarteriumと記されたことが証明されている。1461年10月24日には Pierrot Champion, laboureur à Vicq[3]、1493年にはVic[4]、1788年11月8日にはVic sur Saint Chartier'[5]、18世紀にもVic sur Saint Chartier[6]と記された。フランス革命中にはVicq la Montagneとなり[Note 1]、1817年11月22日にはVic sur Saint Chartierに戻された[Note 2]

法律の面では、ウィクス(fr)と呼ばれる定住地は初期は大規模な集落か、または周囲を壁で覆われない村を意味した。そこでは自由身分の人々が集団で暮らし、初歩的な自治の組織を持っていた。しかしウィクスは所有者の財産であっただけでなく、ガロ=ローマ時代やメロヴィング朝時代のヴィラの不可欠な部分でもあった。ウィクスの反対語はムニキピウム(municipium、ローマ市民の村)、そしてコロニア(colonia、入植者の村)であった。ローマのウィクスには地位がなかった。

1822年11月6日の王令によって、コミューンの名はノアン=ヴィックとなった。ヴィック=シュル=シャルティエとノアンの2つのコミューンが合併したのである[7]

歴史[編集]

ガロ=ローマ時代に起源を持つヴィックは、サン・マルセル、シャトーメイヤン、アルダントとつながる主要な輸送ルートに近かった。

ヴィックの村は古い。領主はサン・シャルティエにある自分の城の近くに建設したのである。新しい村がつくられると、後者のほうがより重要となった[8]。コミューンは1822年にノアンと合併している。1823年1月、新たな自治体に新たな首長が赴任した。首長の名はデュシャルティエといった[9]。つづりが変化し、新たなコミューンの名は末尾にQがついたNohant-Vicqとなった。1875年、当時の首長モーリス・サンド(ジョルジュ・サンドの長男)は内務省にコピーを要請した県知事に、間違いを指摘した。こうしてVicqの名からQが外されたのである。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2005年 2011年
661 608 514 480 481 500 481 483

参照元:1999年までEHESS[10]、2004年以降INSEE[11][12]

経済[編集]

コミューンはヴァランセ・チーズの製造、熟成の地理的エリアに属している[13]

史跡[編集]

脚注[編集]

  1. ^ {{{1}}} (PDF) Site de la préfecture de l'Indre : Résultats des élections municipales de 2014, consulté le 28 avril 2014.
  2. ^ "Nom des habitants des communes françaises, Nohant-Vic". le site habitants.fr de la SARL Patagos. 2012年3月15日閲覧.
  3. ^ Archives Nationales-JJ 198, n° 11, fol. 11 v°.
  4. ^ Archives Nationales-JJ 226B, n° 392, fol. 76.
  5. ^ Archives Départementales du Cher-C 1109, Élection de La Châtre.
  6. ^ Carte de Cassini.
  7. ^ Archives Nationales-F2 II Indre 2.
  8. ^ Archives départementales de l’Indre, Berry médiéval : à la découverte de l’Indre au Moyen Âge, catalogue d’exposition, Châteauroux, Archives départementales de l’Indre, 2009, p. 53.
  9. ^ Site de Ça se passe à Nohant Vic : La liste des maires, consulté le 28 novembre 2009.
  10. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=25117
  11. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  12. ^ http://www.insee.fr
  13. ^ Site de l'Institut national de l'origine et de la qualité : Valençay, consulté le 15 août 2014.

参照[編集]

  1. ^ Délibération du Conseil Général de la Commune, application du décret du 16 octobre 1793 = 25 vendémiaire an 2.
  2. ^ Plan annexé à l’Ordonnance Royale du 6 novembre 1822, A.N.-F 2 II Indre 2.