ノアインドアステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ノアインドアステージ株式会社
Noah Indoor Stage CO. LTD.
Noah Indoor Stage Co., Ltd.(ノアインドアステージ本部 日東社).JPG
種類 株式会社
略称 テニススクール・ノア
本社所在地 日本
〒672-8014
兵庫県姫路市東山524
設立 1980年5月
業種 サービス業
法人番号 3140001060613
事業内容 テニスクラブ及びテニススクールの企画・運営、テニスインストラクターの養成・派遣、テニスイベント企画運営、テニス用品販売、学習塾の経営[1]
代表者 大西雅之(代表取締役社長
資本金 5,000万円(2017年3月31日時点)[1]
売上高 47億(2017年3月期)[1]
従業員数 875名(正社員236名、契約社員44名、アルバイト595名)[1]
決算期 3月末日
主要子会社 アルドールテニスステージ株式会社[1]
外部リンク ノアインドアステージ公式サイト
テンプレートを表示

ノアインドアステージ株式会社(英称:Noah Indoor Stage Co., Ltd.)は、兵庫県姫路市東山524に本拠を置く日本テニススクールを中心としたスポーツクラブを運営する企業である。テニスインストラクターの養成、派遣、テニスイベントの企画、運営、テニス用品販売、学習塾の経営なども行っている[2]

概要[編集]

1900年明治33年)創業の姫路市のマッチ製造業の老舗であり、広告用ティッシュペーパーや紙おしぼりの生産でも知られる日東社が、遊休地利用の一環として1980年姫路テニスクラブとして設立。当初は関西を中心にテニススクールを各地に設けて急成長し[3][4]、現在では日本最大手のテニススクール[5]として、関西関東中国地方を中心に全国9都府県とタイに26校を有し、現在生徒総数は約30,000人を擁する[6]。現在ではすべてのスクールで全天候型の冷暖房完備インドアテニスコートを採用している[7]

それまでのテニススクールはアウトドアが主流であった。現社長である大西雅之は当初、日東社のマッチ、ライターなどの営業・販促などを行っていたが、半年後にテニス事業部の責任者が退職し急遽抜擢される。テニス事業運営については何もわからない状態であったが、テニスができた大西は休日である月曜日には、毎週のように大阪岡山などの有名テニスクラブなどを利用、見学し通うこと2年、他社のよい点を取り入れるなど研究を重ねる。その後、自らコーチを務める自社での経験の中から、コートをインドアにする必要性を痛感し実行したところ、サービス性の高さと相まって好評を呼び、成長の原動力となる。しかし、すべてが順調だったわけではなく、5-6店舗に増え正社員が60名ほどになったころに、6-7名の社員が一斉にやめ別会社を設立する事態に遭遇する。この時、大西はそれまでの成果主義一辺倒を改め、従業員との対話を重視し現場の声をくみ上げる路線に転換。従業員アンケートを実施、人事評価制度を見直す中でノアイズムといわれる求心力を得、社風改革に取り組み、会社を変革させていった[8]

テニススクール・ノア HAT神戸校

こうした努力が実り、「就職すべき、働きがいのある成長企業」に贈られる賞であるインフォランスが運営する就活アワード(2014年)にて「働きがいのある企業」、「成長性の高い起業」の2部門にて受賞を果たした[9]。さらにベストモチベーションカンパニーアワード2012第3位入賞。経済産業省が主催した「おもてなし企業選50社」に選出されている[6]

2013年9月、サンリオとの間で人気キャラクターである「ハローキティ」の宣伝や販促への使用のライセンス契約を締結した(2016年8月終了)。これはテニススクール業界では初である[6]

沿革 [7][編集]

インドア、カーペットコートを採用したことが急成長の原動力となった。
  • 1980年昭和55年)- 8月、日東社により日東興業株式会社として設立。 姫路テニスクラブとして開業。当時は屋外コート10面の規模であった。
  • 1990年平成2年)- 3月、10面あった屋外コートのうち3面を室内コートとして改装する。
  • 1994年(平成6年)- 2月、3面あった室内コートを1面増設し4面に。さらに室内コートをハードコートからカーペットコートに全面改装、快適化を図る。
  • 1998年(平成10年)- 5月、西宮校開校(室内コート4面)。
  • 1998年(平成10年)- 11月、加古川校開校(室内コート4面、屋外コート4面)。
  • 1999年(平成11年)- 5月、日東興業株式会社からノアインドアステージ株式会社に社名変更。
  • 2000年(平成12年)- 8月、宝塚校開校(室内コート4面)および姫路ブルーマウント校開校(室内コート3面)。
  • 2001年(平成13年)- 9月、東大阪校開校(室内コート3.5面、2007年6月閉鎖)。
  • 2003年(平成15年)- 10月、武蔵浦和校開校(3面、さいたま市南区)。
  • 2003年(平成15年)- 12月、名谷校開校(3.5面)。
  • 2004年(平成16年)- 12月、京都西校開校(3.5面)。
  • 2005年(平成17年)- 12月、和光成増校(3.5面)および南千里校開校(2.5面)。
  • 2007年(平成19年)- 7月、鶴見校開校(2面、2017年6月閉鎖)、10月、天下茶屋校開校(3.5面)。
  • 2008年(平成20年)- 4月、南草津校開校(2面)、10月、北松戸校開校(3.5面、但し2010年4月よりアルドールテニスステージへ移譲)
  • 2009年(平成21年)- 4月、つかしん校開校(3面)。
  • 2010年(平成22年)- 2月 HAT神戸校開校(3面)、4月、国分寺校開校(3面)、5月、北千里校開校(3面)。
  • 2011年(平成23年)- 10月、綱島校開校(3.5面)。
  • 2012年(平成24年)- 4月、久宝寺校開校(2.5面)、9月 、倉敷校開校(2面)。
  • 2013年(平成25年)- 2月27日、就活AWARD 2014において「働きがいのある企業」、「成長性の高い起業」の2部門にて受賞[9]
  • 2013年(平成25年)- 3月、広島西校開校(室内4面・屋外3面)。
  • 2013年(平成25年)- 9月。サンリオとの間で人気キャラクターである「ハローキティ」の宣伝や販促への使用のライセンス契約を締結。2016年8月まで続いた[6]
  • 2015年(平成27年)- 2月、センター南校開校(室内3.5面)。
  • 2016年(平成28年)- 4月、岡山校開校(室内3.5面)。
  • 2016年(平成28年)- 10月、神戸御影校開校(室内3.3面)。
  • 2016年(平成28年)- 11月、タイ・バンコク校開校(室内2面・屋外4面)。
  • 2017年(平成29年)- 4月、フットサル事業部を株式会社ブラーボデザインとして分社化。
  • 2017年(平成29年)- 7月、深江橋校開校(室内3.5面)。
  • 2017年(平成29年)- 11月、都島校開校(室内3.5面)。

事業所(スクール) [7][編集]

ノアインドアステージ姫路
ノアインドアステージHAT神戸校

提携校 [7][編集]

  • ウイング札幌ウエスト校
  • ソル テニスカレッジ

関連事業 [7][編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ノアインドアステージ公式サイト - 会社概要
  2. ^ ノアインドアステージHP 会社概要
  3. ^ 日東社 会社情報
  4. ^ “事業多角化へテニス学校 姫路のマッチ会社、神戸に8校目”. 朝日新聞・朝刊・兵庫: p. 29. (2003年12月16日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ “屋内テニス場をJRが今秋開業 武蔵浦和駅近く”. 朝日新聞・朝刊・埼玉: p. 34. (2003年4月18日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ a b c d ValuePress 2013年9月27日 14時「テニススクール業界初!ハローキティを広告宣伝・販促に起用」
  7. ^ a b c d e ノアインドアステージHP 会社沿革
  8. ^ ノア・インドアステージ株式会社 大西雅之 KENJA GLOBAL
  9. ^ a b 就活AWARD 2014(ノアインドアステージ株式会社)

関連企業[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]