ネルリ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネルリ川
ネルリ河畔の生神女庇護聖堂
水系 ヴォルガ川
延長 284 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 6,780 km²
水源の標高 -- m
河口・合流先 クリャージマ川
流域 ロシア
テンプレートを表示

ネルリ川(ネルリがわ、ロシア語: Нерль, Nerl)はロシアを流れる河川でクリャージマ川の左支流。モスクワの北のヤロスラヴリ州を源流とし、ウラジーミル州ウラジーミル市付近でクリャージマ川に合流する。長さは284km、流域面積は6,780km2。船による航行は不可能で、11月から12月にかけて凍結し、4月までは氷が残る。

上流では針葉樹林に覆われた高い丘の間を流れる。中流では森もまばらになり、合流点付近では開けた草地の中を流れる。クリャージマ川との合流点付近には12世紀アンドレイ・ボゴリュブスキーが本拠地としたボゴリュボヴォの村があり、中世ロシア建築の代表的な存在であるネルリの生神女庇護聖堂が12世紀の創建当時の姿をとどめている。