ネルソン・パヤノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネルソン・パヤノ
Nelson Payano
レオネス・デル・エスコヒード
CD-Nelson-Payano.jpg
中日ドラゴンズ時代
(2009年7月16日(手前、奥はマキシモ・ネルソン))
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 (1982-11-13) 1982年11月13日(36歳)
身長
体重
186 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2000年
初出場 NPB / 2009年4月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ネルソン・ラファエル・パヤノNelson Rafael Payano, 1982年11月13日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手投手)。現在はドミニカのウィンターリーグリーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・デ・ラ・レプブリカ・ドミニカーナレオネス・デル・エスコヒードに所属。

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代[編集]

2000年に、アトランタ・ブレーブスと契約を結んだ。

2003年は、傘下ルーキーリーグのガルフ・コースト・リーグ・ブレーブスで13試合に登板した。

2004年は、傘下ルーキーリーグのガルフ・コースト・リーグ・ブレーブスと傘下アドバンスルーキーリーグのダンビル・ブレーブスで計14試合に登板した。

2005年は、傘下Aのローム・ブレーブスで1試合に登板するに留まった。

2006年は、傘下ルーキーリーグのガルフ・コーストリーグ・ブレーブスと、傘下Aのローム・ブレーブスと、傘下アドバンスAのマートルビーチ・ペリカンズで計23試合に登板した。

2007年は、傘下アドバンスAのマートルビーチ・ペリカンズと傘下AAのミシシッピ・ブレーブスで計43試合に登板した。

2008年は、傘下AAのミシシッピ・ブレーブスで27試合に登板した。シーズン途中に、グレッグ・ノートンとのトレードシアトル・マリナーズへ移籍した。ここでは、傘下AAのウェストテン・ダイヤモンドジャックスで14試合に登板した。成績は中継ぎで41試合登板、4勝3敗、防御率4.16。67イニングで65奪三振、42四球だった。

中日時代[編集]

2009年、中日ドラゴンズへ入団。前年オフに参加したドミニカ・ウィンターリーグでの好投が、同リーグを視察中だった当時の中日一軍バッテリーチーフコーチの森繁和の目に留まったことから獲得が決まった。オープン戦で結果を残したことから、同じドミニカ出身で前年に入団したマキシモ・ネルソンと共に、公式戦の開幕を一軍で迎えた。4月5日の対横浜戦で来日初登板。無死一・二塁のピンチを無失点に抑えると、以降は貴重な左のセットアッパーとして働いた。シーズン通算では、一軍公式戦に34試合登板。防御率が2.08と安定していた。しかし実際には、奪三振こそ多いものの、制球難から四球で自滅するシーンも目立った。8月7日の対横浜戦では、8回裏無死ランナーなしからリリーフに立ったが、11球続けてストライクを取れずに3者連続四球を記録。1アウトすら取れないまま降板を命じられたばかりか、翌日に出場選手登録を抹消された。

シーズン終了の直後には、中日でプレーを続けることを希望したため、球団側も再契約の方向で調整していた。しかし、パヤノ側が球団の提示した年俸(推定20万ドル)を上回る金額(最低25万ドル)を要求したことから残留交渉が決裂。パヤノも日本流の長時間練習に馴染めなかったことなどから、メジャーリーグへの再挑戦を決意した[1]。結局、中日は12月10日にパヤノの退団を正式に発表。パヤノは12月14日付で、セントラル・リーグから自由契約選手として公示された。

アストロズ傘下時代[編集]

2010年に、カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだ。スプリングトレーニング中に、解雇された。その後4月19日に、ヒューストン・アストロズと契約を結んだ[2]。傘下AAのコーパスクリスティ・フックスで26試合に登板したが、成績不振で、7月11日に、解雇された[3]

メキシカンリーグ時代[編集]

2012年は、メキシカンリーグタバスコ・キャトルメンでプレーした。

2013年は、同リーグのモンテレイ・サルタンズでプレーした。

中日復帰[編集]

2013年12月12日、中日への5年ぶりの復帰が発表された[4]

2014年は、オープン戦では制球を乱して自滅することが多く、開幕を二軍で迎えることとなった。23試合に登板したが、11月28日に自由契約公示された[5]

中日退団後[編集]

2015年、10月から母国ドミニカのウィンターリーグリーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・デ・ラ・レプブリカ・ドミニカーナレオネス・デル・エスコヒードでプレー。

プレースタイル[編集]

最速150km/h超のストレートとキレの良いスライダーでねじ伏せるタイプ。他に、チェンジアップも投げる。

奪三振は多いが、コントロールが悪く与四死球も多い。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 中日 34 0 0 0 0 2 1 0 6 .667 126 30.1 17 3 17 0 1 39 0 1 9 7 2.08 1.12
2014 23 0 0 0 0 0 2 0 3 .000 104 24.1 14 2 16 0 4 26 1 2 8 7 2.59 1.23
通算:2年 57 0 0 0 0 2 3 0 9 .400 230 54.2 31 5 33 0 5 65 1 3 17 14 2.30 1.17
  • 2014年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 45 (2009年)
  • 47 (2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 中日がネルソン・パヤノ出戻り調査(『日刊スポーツ2013年11月24日付記事)
  2. ^ Don't sleep on sleeper pick
  3. ^ 2010 TRANSACTIONS
  4. ^ 【中日】ゴメス、パヤノらの獲得を発表(『日刊スポーツ2013年12月12日付記事)
  5. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年11月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]