ネリネ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネリネ属 Nerine
ネリネの花
ネリネの花
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
階級なし : 単子葉類 Monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
: ネリネ属 Nerine
学名
Nerine
Herb.

本文参照

ネリネ属 (Nerine) は、南アフリカ原産のヒガンバナ科(生物分類表に採用のクロンキスト体系ではユリ科)ののひとつ。ネリネ属にはおよそ30があり、栽培や交配などがなされており、現在では広く分布している。

球根は直径3-5cm。冬の終わりから春にかけて紐の形をした長さ約20cm、太さ約1cmの鋭い葉が2枚現れる。葉は晩春に枯れ、球根も晩夏に休眠状態に入る。

秋には長さ約30cmの茎から2-12輪の直径約4cmの漏斗状の花が咲く。

全体的にアマリリスと比べ小さいが、特徴が良く似ている。似たような特徴を持つ植物としてリコリスが挙げられる。