ネパール会議派民主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネパール会議派民主(ネパールかいぎはみんしゅ)は、かつてネパールにあった政党。別名コングレス民主党2006年の民主化運動(ロクタントラ・アンドラン)で7党連合の一員として一定の役割を果たした。

2002年ネパール会議派シェール・バハドゥル・デウバ首相(当時)らがギリジャ・プラサド・コイララ総裁の独裁的な党運営に反発して離党、結成した。2007年9月21日、ネパール会議派の名前で両党は再び統合した。

関連項目[編集]