ネッツエスアイ東洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネッツエスアイ東洋株式会社
Toyo Networks & System Integration Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 TNSi
本社所在地 日本の旗 日本
213-8545
神奈川県川崎市高津区坂戸神奈川サイエンスパークR&Dビジネスパークビル
設立 2005年5月2日
事業内容 各種装置、システムの開発販売
代表者 代表取締役執行役員社長 山内俊史
資本金 400百万円(2011年6月1日現在)
従業員数 238人(2014年3月31日現在)
主要株主 NECネッツエスアイ 100%
テンプレートを表示

ネッツエスアイ東洋株式会社Toyo Networks & System Integration Co.,Ltd.)は、かつて存在したNECグループの企業。神奈川県川崎市に本社を置いていた。旧商号は、東洋ネットワークシステムズ株式会社

自動券売機・貨幣処理ユニット・各種ソリューションシステムの開発、販売を行うマネーハンドリング事業と、ネットワーク技術・光通信技術・センサ技術・ソフトウェア技術・LSI設計技術を融合した通信インフラ装置の開発、販売を行うネットワークシステム事業の、2つの事業を柱としていた。

主な事業分野[編集]

マネーハンドリング事業

  • 貨幣関連機器
  • 自動券売機
  • 窓口発券機
  • カード自動販売機
  • 自動入金機
  • 証明書自動交付機
  • 施設予約端末
  • 情報端末
  • 各種マネー対応機
  • 入退場管理システム
  • 食堂管理システム
  • 自動車教習所システム
  • ソリューションビジネス

ネットワークシステム事業

  • PLC
  • CWDM装置
  • TDM装置
  • クロック分配装置
  • FTTHノード
  • 絶縁監視システム
  • 標準時刻信号発生装置

沿革[編集]

東洋通信機時代[編集]

現法人時代[編集]

営業拠点[編集]

札幌営業事務所
札幌市中央区北13条西17丁目1-45
仙台支店
仙台市青葉区一番町二丁目7-12
名古屋支店
名古屋市東区東桜一丁目10-9
大阪支社
大阪市中央区城見一丁目4-70
広島営業事務所
広島市南区上東雲町25-8
福岡支店
福岡市博多区博多駅中央街8-36

不祥事[編集]

2014年1月、元経理部社員が約15億円を着服したと親会社であるNECネッツエスアイが発表した[1]。発表によると、2005年から小切手の二重振り出し・不正裏書き等により着服した上、銀行残高証明書を偽造するなどの行為により発覚を防いでいたが、売掛金についての調査から明るみに出たという[1]。ネッツエスアイ東洋は2014年2月に過去に遡って決算を修正し(被害総額は最終的に15億6千万円と算定された)、この社員を懲戒解雇した上で神奈川県警察に刑事告訴をおこない、元社員は業務上横領の容疑で、2014年10月に逮捕された[2]。逮捕容疑となった横領額は2億7千万円だが、横領額自体は約18億円にのぼるとみられており、NECネッツエスアイは事件の報告書の中で内部統制の不備を指摘した[2]

関連会社[編集]

脚注[編集]