ネッタイヨロイトカゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネッタイヨロイトカゲ
ネッタイヨロイトカゲ
ネッタイヨロイトカゲ Cordylus tropidosternum
保全状況評価
ワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : スキンク下目 Scincomorpha
: ヨロイトカゲ科 Cordylidae
: ヨロイトカゲ属 Cordylus
: ネッタイヨロイトカゲ
C. tropidosternum
学名
Cordylus tropidosternum
(Cope, 1869)
和名
ネッタイヨロイトカゲ
英名
Tropical girdled lizard
Tropical spiny-tailed lizard

ネッタイヨロイトカゲ (Cordylus tropidosternum) は、爬虫綱有鱗目ヨロイトカゲ科ヨロイトカゲ属に分類されるトカゲ。別名はヒナタヨロイトカゲトロピクスヨロイトカゲ

分布[編集]

特徴[編集]

全長15cm。体形は扁平。体色は褐色や黄褐色で、個体により変異がある。胴体の鱗には筋状の盛り上がり(キール)が見られるほか、尾には棘状の鱗が環状に並ぶ。

  • C. t. jonesii ジョーンズヨロイトカゲ
    • 基亜種に比べると小型で、反面体形は太い。

亜種[編集]

亜種ジョーンズヨロイトカゲを独立種とする説もある。

  • Cordylus tropidosternum jonesii (Boulenger, 1891)  ジョーンズヨロイトカゲ
  • Cordylus tropidosternum tropidosternum (Cope, 1869)

生態[編集]

サバナや低木林などに生息し、岩の隙間や木の根元、倒木などを巣穴にする。

食性は動物食で、昆虫類節足動物などを食べる。

繁殖形態は卵胎生で、1回に2-4匹の幼体を出産する。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。主に基亜種が比較的安価で流通し、亜種ジョーンズヨロイトカゲの流通はまれである。岩や流木などを隠れ家として配置したテラリウムで飼育される。飼育下での繁殖法は未だ確立していないものの、飼育下での繁殖例もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]