チェンナイ・シティFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チェンナイ・シティFC
原語表記 Chennai City Football Club
創設 1946年 (Nethaji Sports Club)
所属リーグ Iリーグ
所属ディビジョン Iリーグ 優勝(2018–19
ホームタウン コーヤンブットゥール
ホームスタジアム ジャワハルラール・ネルー・スタジアム
収容人数 30,000
運営法人 Rohit Ramesh and Family 69%
R Krishnakumar (5%)
FCバーゼル (26%)
監督 シンガポールの旗 Akbar Nawas
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

チェンナイ・シティFC (英語: Chennai City Football Club) はインドタミル・ナードゥ州コーヤンブットゥールを本拠地とするサッカークラブ。全インドサッカー連盟 (AIFF) からライセンスを受けてIリーグの一員としてリーグ戦に参加している。このクラブは、1946年に、5人のメンバーによって設立されたネタジ・スポーツ・クラブ (Netaji Sports Club) が起源である。このクラブは、その歴史の大部分の間、地元の州内や市内の様々なトーナメントに参加してきたが、全国規模のリーグに参入したのは2016年になってからであった。2016年12月11日、チームはいきなりIリーグ2016–17シーズンからの参入が認められ、2018–19シーズンには、Iリーグの制覇を果たした。

かつての本拠地がチェンナイにあったため、その名が冠されているが、現在の本拠地はコーヤンブットゥールである。

歴史[編集]

このクラブは、1946年に、ネタジ・スポーツ・クラブとして、友人であった5人のメンバー (SV Kanagasabai, E Vadivelu, TR Govindarajan, PV Chellappa and K Ekambaram) によって設立された[1]2016年12月11日、チームはいきなりIリーグ2016–17シーズンからの参入が認められ、前身のナショナル・フットボール・リーグ (NFL)に参加していたインド銀行のチーム以来となる2例目の、トップ・リーグに参戦するタミル・ナードゥ州のチームとなった[2]2019年2月6日、チェンナイ・シティFCは、FCバーゼルとパートナーシップ協定を結び、FCバーゼルはチェンナイ・シティFCの株式の26%を取得するとともに、若い才能の開発のためにサッカー学校を開設などを目指す運びとなった。

FCバーゼルは、トップ・チームも含め、選手の交換プログラムもおこなって、チェンナイ・シティFCの技術的向上を支援することになった[3][4]

2019年3月9日、チェンナイ・シティFCは、前シーズンの優勝チームであるミネルヴァ・パンジャブFCを3対1で下し、2018–19シーズンのIリーグを制覇した。これは、事前の予想を覆し、大きな成功を収めたシーズンの結末であった。ウルグアイ出身のスペイン人であるフォワードペドロ・マンシ英語版は、この試合で2得点を上げ、シーズン通算21得点として、リーグの得点王を分け合った。この優勝は、チェンナイ・シティFCにとって初めてのIリーグのタイトルであり、これによってAFCチャンピオンズリーグへの道が開かれた。

2019年3月から4月にかけて開催されたヒーロー・スーパー・カップ英語版では、優勝したFCゴアインディアン・スーパーリーグ所属)に準決勝で敗れた。しかし、準々決勝で当たったインディアン・スーパーリーグの優勝チームベンガルールFCには、2対1で勝利を収めた。

スタジアム[編集]

コーヤンブットゥールのジャワハルラール・ネルー・スタジアム、2018年2月18日撮影。

チェンナイ・シティFCは、ホームゲームをコーヤンブットゥールジャワハルラール・ネルー・スタジアム英語版で戦っている。1971年に建設されたこのスタジアムは、現在ではもっぱらサッカーの試合のために使用されており、収容人員は30,000人である。2017–18シーズンまでは、ホームゲームはチェンナイにある同名のスタジアム、ジャワハルラール・ネルー・スタジアム英語版でおこなわれていた。

脚注[編集]

  1. ^ From Senior Division to I-League: The Chennai City FC story” (2016年12月11日). 2019年12月1日閲覧。
  2. ^ I-League Update: Chennai City FC and Minerva Punjab FC to play in the coming season” (2016−12−11). 2019年12月2日閲覧。
  3. ^ Federer's home club Basel to invest 20m euros in CCFC – Times of India”. The Times of India. 2019年2月6日閲覧。
  4. ^ Der FCB und sein Bollywood-Farmteam – Basel steigt bei Chennai City ein” (ドイツ語). watson.ch. 2019年2月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]