ネストヴェズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンクト・ペールス教会
紋章

ネストヴェズNæstved)は、デンマークの都市。人口は41,510人(2007年1月現在)。シェラン島シェラン地域)の都市。県は2007年に近隣の市町村と合併し、人口80,000人以上を抱える都市圏となった。巨大ショッピングモールのある、重要な商業の中心地である。首都コペンハーゲンから1時間ほどの距離にあり、コペンハーゲンのベッドタウンとなっている。

ヴァルデマー4世が、ネストヴェズのサンクト・ペールス教会でフレスコを見せる図

ネストヴェズの町は近衛兵Gardehusarerの一部隊が設置されていることで知られており、60年以上の歴史があった。彼らは市内の通りで毎週訓練していた。2003年、近衛兵は近隣のスラエルセの基地へ異動となった。

歴史[編集]

1135年ベネディクト会の聖職者たちがサンクト・ペールス教会を建て、サンクト・ペールス修道院を設立するために土地を確保した。これがネストヴェズの町の起源となった。

友好都市[編集]

外部リンク[編集]