ネジキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネジキ(別名カシオシミクロンキスト体系
Lyonia ovalifolia1.jpg
ネジキ(大阪府・2006年6月)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: ネジキ属 Lyonia
: L. ovalifolia
亜種 : ネジキ ssp. neziki
学名
Lyonia ovalifolia ssp. neziki
和名
ネジキ(捩木)

ネジキ(捩木、別名:カシオシミ 学名:Lyonia ovalifolia ssp. neziki)とは、ツツジ科の落葉小高木。シノニムLyonia ovalifolia var. elliptica

特徴[編集]

高さは5~9m。直立する幹は薄い灰色の樹皮に覆われ、樹皮は縦に細長く薄くはがれる。新しい枝は赤みを帯びる。葉のつく枝は往々にして水平に伸び、互生の葉は左右に広がる傾向がある。葉は黄緑色で薄いがやや堅く、卵形か長卵形、先端が少し突きだし(鋭尖頭)、縁はなめらか(全縁)。花期は5~6月で、前年の枝から横枝として総状花序を出す。花序の軸はほぼ水平に伸び、等間隔で下向きに白いつぼ形の花を咲かせる。

和名の由来は、幹がねじれることから。太い木では樹皮が白っぽい褐色で、縦に細長く剥がれるので、それを見ればねじれているのがわかる。材そのものもねじれているため、かつて燃料を薪に頼った頃には、斧の刃がまっすぐに入らず、割りにくい木として有名であったらしい。

分布など[編集]

本州、四国、九州の低山から山地にまで自生する。比較的日向に生じ、森林にギャップができたところなどに多い。西日本の酸性の強い地域では数多く見られる場合がある。

利害[編集]

庭園樹として栽培されることがある。

近縁種であるアセビなどと同様有毒植物であり、テルペノイドグラヤノトキシン(grayanotoxin)I~IIIなどを含む。かつて、中国地方では「霧酔病」といわれる牛や馬の原因不明の疾病が流行ったが、應用獸醫學雑誌(1939年)[1]から山井(1939)によってネジキを食べたことによる中毒であると発表された。しかしこの発表は実情と合っていないなど、ネジキによる中毒と霧酔病の関連に否定的な意見が日本獣医師会雑誌(1953年)[2]から蒲地(1953)によって指摘された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 山井(1939) 山井映三「霧醉病に就て」『應用獸醫學雑誌』第12巻第5号、日本獣医学会、1939年、 316-322頁、 doi:10.1292/jvms1928.12.316NAID 130003964952
  2. ^ 蒲地(1953) 蒲地五四郎「霧酔病」『日本獣医師会雑誌』第6巻第12号、日本獣医師会、1953年、 452-455頁、 doi:10.12935/jvma1951.6.452ISSN 0446-6454NAID 130004052574