ネコぱら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネコぱら
対応機種 Windows Vista/7/8/8.1
開発元 NEKO WORKs
発売元 NEKO WORKs(パッケージ版)
Sekai Project(DEMO版)
未来数位(中国語版)
ジャンル 恋愛アドベンチャーゲーム
発売日 2014年12月29日(Vol.1)
2015年8月16日(Vol.0)
2016年2月19日(Vol.2)
2017年5月26日(Vol.3)
レイティング 18禁(通常版)
全年齢(Steam)

ネコぱら』(NEKOPARA)は、さよりが代表を務めるNEKO WORKs制作の美少女アドベンチャーゲームである。

概要[編集]

人型猫がヒロインのアドベンチャーゲームであり、擬人化された猫のハートフルコメディが楽しめる。E-moteシステムを採用しており、キャラクターがアニメーションのように動くのが特徴。日本語、英語、中国語の3ヶ国語に対応している。2014年12月30日からSteamで配信されている[1][2]。2016年12月29日にアニメ化プロジェクトが開始され、クラウドファンディングで資金を募った所42分で目標額10万ドルに到達した[3]

Steamの運営元であるValve Corporationは性表現を含むゲームの販売を禁じているが、外部で性表現を含むパッチを配布することを禁止してはいない[4]。このため、Steamで配信されている『ネコぱら』シリーズには性表現は含まれておらず、Steam版『ネコぱら』をアダルトゲームとしてプレイする場合は、NEKO WORKsの公式通販サイトから有料でパッチを購入する必要がある[4]。 また、登場人物たちの日常をつづったVol.0は全年齢向けとなっており、性表現を追加するためのパッチは存在しない。

あらすじ[編集]

vol.1 ソレイユ開店しました![編集]

主人公・水無月嘉祥は、実家を離れ、ケーキ屋『ラ・ソレイユ』の準備をしていた。実家から送られてきた荷物を確認したところ、実家で飼育していた人型ネコのショコラとバニラが入っていた。二匹を追い返そうとしたが、彼女たちからの嘆願を受け、嘉祥は二匹を手元に置くことにした。

vol.2 姉妹ネコのシュクレ[編集]

水無月家のアズキとココナツはかつては仲が良かったが、今は喧嘩ばかりだった。そして、ある日、二匹の間に事件が起きた。

vol.3 ネコたちのアロマティゼ[編集]

メイプルは夢に向かって進み始めるが、壁にあたって思い悩む。 それを見たシナモンは、メイプルに協力を申し出たいと考えるが、どのようにすればよいのかわからず困ってしまう。

キャラクター[編集]

水無月 嘉祥(みなづき かしょう)
本作の主人公である青年。実家は和菓子屋だが、vol.1で実家を離れ、ケーキ屋『ラ・ソレイユ』を開店した。
水無月 時雨(みなづき しぐれ)
声:佐倉江美
嘉祥の妹で、ネコたちの飼い主。若いながらも自身の会社を経営している。

水無月家の人型ネコたち[編集]

ショコラ
声:ヒマリ
嘉祥宛の荷物の中にバニラと一緒に紛れこんでいたネコで、水無月家の末妹にあたる。
思考は単純でそそっかしいが、明るく元気な努力家。
バニラ
声:中村あむ
ショコラの双子の姉妹で、水無月家の末妹にあたる。ショコラとは対照的に無口で利口な性格をしている一方、情の深さを見せることもある。
メイプル
声:小倉結衣
水無月家の次女。高飛車ながらもかなりの怖がりで、暗いところを特に怖がる。ネコとして評価されることを嫌がっている。
シナモン
声:有坂羽由
水無月家の三女。穏やかで笑みが絶えないが、性的なことには敏感でよく発情する。マゾヒストだが、暴力を振るわれることを好むわけではない。
メイプルとは特に親しい関係にある。
アズキ
声:成瀬未亜
水無月家のネコ六姉妹の長女。口が悪い上にわがままでめんどくさがり屋だが、肉体労働以外のことであれば何でもできる。マンチカンであるため足が短く、そのことを指摘されると不機嫌になる。
かつてはココナツと仲が良かったが、いつの間にか言い争うようになり、Vol.2ではある事件に発展する。
ココナツ
声:手塚りょうこ
水無月家のネコ六姉妹の四女で、黄色と青のオッドアイが特徴である。大人びた容姿をしているが、実はショコラとバニラより少し年上である。
身体能力が高く、他者の手伝いには積極的だが、手先が不器用という欠点によってトラブルが発生することが多い。
Vol.2の前半までは一人称を「私」、嘉祥を「嘉祥様」と呼んでいた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]