ネクスト ファンタジア大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ネクスト ファンタジア大賞(ネクストファンタジアたいしょう)は、日本の出版社富士見書房が刊行する富士見ファンタジア文庫の創刊20周年を記念して2008年に創設された公募新人文学賞。

概要[編集]

従来のファンタジア大賞(旧・ファンタジア長編小説大賞)の応募がファンタジー的世界設定を有する作品に集まりやすいのに対し、本賞では「現代」をキーワードとしている点が特徴。現代社会を舞台とする作品であることを募集要件としている。そのため、2006年度の第8回を以て終了した富士見ヤングミステリー大賞の実質的な後継賞とも言える。

審査は富士見ファンタジア文庫及び『ドラゴンマガジン』の編集部が行う。また、大半の新人賞では希望者のみに送付している評価シートを全応募者に漏れなく送付する点を特徴としている。大賞・優秀賞の副賞はそれぞれ100万円・30万円。

入賞作品一覧[編集]

年は開催年。未刊行作品は斜体表記。()内は改題・改名前の表記をしている。

回数 タイトル
(受賞時表題)
著者
(受賞時筆名
応募総数
第1回
2008年
金賞 ヘヴンズ・ダイアリー 直江ヒロト[1] 427
銀賞 新説百物語 夢葉極紅
スノウピー 山田有
(山田たまや)
第2回
2009年
金賞 おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!
(スイーツガールはご機嫌ななめ。)
村上凛
(塚本純之)
336
銀賞 俺の彼女は飼主(マリア)様、妹はご主人様
(恋心・ハイウェイ)
マナベスグル
最終選考作 正しいアクのすくい方
(ただしい灰汁のすくい方)
柊晴空

脚注[編集]

  1. ^ 第21回ファンタジア大賞読者賞『夏海紗音と不思議な航海』と同時受賞。

外部リンク[編集]