ネイチャー コミュニケーションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nature Communications 
略称 (ISO) Nat. Commun.
学術分野 自然科学
言語 英語
編集者 Elisa De Ranieri
詳細
出版社 Nature Research
出版歴 2010年 – 現在
出版間隔 continuous, upon acceptance
オープンアクセス Yes
ライセンス クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
インパクトファクター 12.353(2017年)
分類
CODEN NCAOBW
OCLC 614340895
外部リンク
プロジェクト:出版Portal:書物
テンプレートを表示

ネイチャー コミュニケーションズ(英語:Nature Communications)は2010年よりNature Researchによって発行されているオープンアクセス学術雑誌である。自然科学の全分野を扱い、出版においては物理科学環境学生命科学医学の各分野にカテゴライズされる。掲載には非常に高いレベルの学術的価値が求められ、編集者によるレビューと各分野の専門家によるピアレビューを経て認められる。

創設時の編集長はレスリー・アンソン(Lesley Anson)が務め[1]、その後はヨーグ・ヒーバー(Joerg Heber)、マグダレーナ・スキッパー(Magdalena Skipper)、エリサ・デ・ラニエリ(Elisa De Ranieri)が務めている[2]ロンドンニューヨーク上海に編集拠点を構えている。

2014年10月から、論文掲載料(現在は5200米ドル)を徴収している。受理された論文から順次ウェブサイトに掲載され、通常、毎週100本以上の論文が掲載される。

2015年末までは、全ての内容を閲覧するには登録料が必要であったが、2016年1月からは全て無料で提供されるようになった[3]

索引サービス[編集]

ネイチャー コミュニケーションズは以下の索引サービスに登録されている。

Journal Citation Reportsの発表によると、ネイチャー コミュニケーションズの2017年のインパクトファクターは12.353であった[9]

下位カテゴリの学術雑誌[編集]

2018年より、自然科学の全分野を扱うネイチャー コミュニケーションズの下位カテゴリのオープンアクセス学術雑誌として、より専門的な分野を扱うコミュニケーションズ バイオロジー[10]コミュニケーションズ ケミストリー[11]コミュニケーションズ フィジックス[12]が創刊された。これらの学術雑誌は、ネイチャー コミュニケーションズよりも低価格な論文掲載料で受け付けている(現在は3170米ドルなど)。これらの学術雑誌のへの掲載には、各分野を発展させる先進的な内容が必要とされる。Nature Publishing Groupにより出版される他の学術雑誌と同様に、草稿の自動転送サービスを受けることができる[13]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Announcing Nature Communications - a multidisciplinary, online-only journal with an open-access option, Press release from Nature Publishing Group.
  2. ^ About the editors”. Nature Communications. Nature Publishing Group. 2019年4月28日閲覧。
  3. ^ Open Access”. Nature Communications. Nature Publishing Group. 2015年11月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Master Journal List”. Intellectual Property & Science. Thomson Reuters. 2014年9月27日閲覧。
  5. ^ CAS Source Index”. Chemical Abstracts Service. アメリカ化学会. 2010年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月26日閲覧。
  6. ^ Nature Communications”. NLM Catalog. National Center for Biotechnology Information. 2015年3月26日閲覧。
  7. ^ Content overview”. Scopus. エルゼビア. 2015年3月26日閲覧。
  8. ^ Nature Communications”. オープンアクセス学術誌要覧. 2016年6月11日閲覧。
  9. ^ “Nature Communications”. 2016 Journal Citation Reports. Web of Science (Science ed.). トムソン・ロイター. (2017) 
  10. ^ Communications Biology”. Macmillan Publishers – Springer Nature. 2019年5月26日閲覧。
  11. ^ Communications Chemistry”. Macmillan Publishers – Springer Nature. 2019年5月26日閲覧。
  12. ^ Communications Physics”. Macmillan Publishers – Springer Nature. 2019年5月26日閲覧。
  13. ^ How to transfer manuscripts : authors & referees @ npg” (英語). www.nature.com. 2018年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]