ヌール・トロンデラーグ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヌール・トロンデラーグ県
Nord-Trøndelag fylke
ヌール・トロンデラーグ県の県章
県の紋章
ヌール・トロンデラーグ県の位置
ノルウェーの国旗 ノルウェー王国
地方区分トロンデラーグ
県庁所在地スタインシャー
面積
 - 総計
 - 国土に占める割合
6位
22,412 km²
6.83 %
人口
 - 総計 (2007)
 - 全人口に占める割合
 - 人口変化 (10年)
 - 人口密度
16位
129,856 人
2.80 %
0.2 %
6 人/km²
県内総生産
 - 総計(2001)
 - 全GDPに占める割合
17位
194,803 万NOK
1.63 %
県番号(ISO 3166-2:NONO-17
公式サイトwww.ntfk.no

ヌール・トロンデラーグ県(Nord-Trøndelag [ˈnuːɽ ˈtrœndəˈlɑːɡ] ( 音声ファイル))は、かつてノルウェー中部トロンデラーグ地方にあったである。2016年に行われた住民投票により、2018年に南隣のソール・トロンデラーグ県と合併した。

沿革[編集]

1662年 旧・トロニイェム県(トロニイェムはトロンハイムの旧名称)が設置。

1804年 旧・トロニイェム県が南北に分割、その北半分にヌール(北)・トロニイェム県、南半分にソール(南)・トロニイェム県が設置される。

1919年 南北トロニイェム県が、それぞれ南北トロンデラーグ県に改称。

2016年 南北トロンデラーグ県の合併についての投票が行われ、両県とも賛成多数であった[1]

2018年 南北トロンデラーグ県が合併し、トロンデラーグ県が設置。

地理要素[編集]

北にはヌールラン県があり、東側はスウェーデンイェムトランド県、西側は北海に接している。県都はスタインシャーで、2005年の調査では2万527人が住んでいた。

最大の湖のSnåsavatnet湖は最深482mで、ヨーロッパで2番目に深い。

最大の川はナムセン川英語版である。この川はヨーロッパでも一番鮭が取れる川としても有名である。他にも、サケの川としてVerdalselva川とStjordalselva川がよく知られている。

スチェールダルは県内で最も人口が増加している自治体である。 人口の多くがトロンハイムフィヨルドの近郊に住んでおり、この県の南部の主要都市となっている。 フィヨルド東部地帯(スチェールダル、フロスタ(Frosta)、レバンゲル、インデロイ(Inderoy)、ヴァルダール(Verdal)、スタインシャーがかなり肥沃であるため、穀物と野菜の農用地となっている。これはナムダレン(Namdalen)低地の穀物畑と共に、ノルウェーにおける最も北の耕作領域となっている。

内陸部にはトウヒの森が広がっており、スウェーデン国境付近は山がちになっている。また北部海岸にも山がある。海岸沿いにもトウヒの森がありそのうちいくつかはヨーロッパでも珍しい針葉樹の温帯降雨林であり、この地域には国立公園がいくつも点在している。

交通[編集]

スチェールからスタインシャーを経由して欧州自動車道路E6号線が南北に縦貫するほか、トロンハイムからStjørdalまでこれと重複したのち分岐してスウェーデンスンツヴァルに至る欧州自動車道路E14号線が東西に走る。その他主な道路として、スタインシャー・ヌールラン間の沿岸部を走る県道Fv17号線などがある。

鉄道はトロンハイムとヌールラン県ボードーを結ぶヌールラン線が南北を縦貫しているほか、トロンハイムからスウェーデンのエステルスンドに至る路線もある。いずれも電化されていない。

スチェールダルにはノルウェーで4番目に大きい空港、トロンハイム空港英語版がある。オスロ空港行きの便が毎日25便就航しているほか、ロンドン行きなどの国際便も整っている。また、国内の小空港へのハブとしても使われている。

下位行政体[編集]

県内の地図。数字は表の番号に符合する

ヌール・トロンデラーグ県には下記の24市(基礎自治体)が設置されている。

脚注[編集]

  1. ^ Hofstad, Sigrun (2016年4月27日). “Fylkespolitikerne sier ja til Trøndelag fylke” (ノルウェー語 (ブークモール)). NRK. 2020年12月31日閲覧。