ロイッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯60度29分12秒 東経024度39分00秒 / 北緯60.48667度 東経24.65000度 / 60.48667; 24.65000

ロイッカ

Röykkä
ロイッカの精神病院を放棄
ロイッカの精神病院を放棄
ロイッカの位置
北緯60度29分18秒 東経24度39分00秒 / 北緯60.48833度 東経24.65000度 / 60.48833; 24.65000
 フィンランド
ウーシマー県
クンタ ヌルミヤルヴィ
人口
(2018年)
 • 合計 1,591[1]

ロイッカフィンランド語: Röykkä)は、フィンランド南部のヌルミヤルヴィ自治体の村[2]。ロイッカはフィンランドの首都ヘルシンキの北 43 km (27 mi) にあるヴィフティの国境近くに位置し、人口は約1,500人[1]

村は、ロッピクラウカラの間を走るフィンランドの地方道路 132 (Mt 132) に交差している[3][4]。村の北部には、ハンコマントサラの間を走る国道25号線 (Vt 25) がある[5][6]カリスヒュヴィンカー間の鉄道も村の隣にある[7]

ヌメラのサナトリウム[編集]

ロイッカの北部には、1903年に建築家マグナス・シャルフベック[8]ヘレン・シャルフベックの兄弟[9])によって設計された、ヌメラのサナトリウム: Nummela Sanatorium)として知られるアールヌーボー様式の結核サナトリウムがある[10][11]。サナトリウムは1932年に閉鎖され、精神病院に置き換えられた[12]。1989年に、病院も閉鎖され、それ以来、完全に無効になっている[13]。地元の噂によると、放棄された病院で超常現象が観察されている[14]。彼らによると、建物の窓は神秘的な光を放ち、屋根の端には飛び降りて自殺する女性がいる。別のうわさによると、病院は若い年齢で亡くなった少女の魂に悩まされている[15]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]